ファッション・アクセサリ

倉敷と言えば・・・その2

倉敷は「ジーンズの町」になる前、「学生服の町」でした。

Imgp0559_2
児島学生服資料館 はジーンズミュージアムから徒歩10分程の、
日本被服(株)内にあります。

Imgp0561001
そうでしたね!!!
学生服のコマーシャル、ってありましたね!!!
その時どきのアイドルがそろい踏みでしたね。

Imgp0560001
ひゃああああーーー
伊代ちゃんと、淳子ちゃんはわかるけど、左の人もアイドルでしたね・・・

Imgp0563
長ラン、短ラン、ボンタン、今着る学生っているのかしら???
現代に戻って、児島ジーンズストリートへGO!
Imgp0566001 Imgp0567001
私でも知っている、「桃太郎ジーンズ」
入場制限まではしていなかったものの、お客さんが絶え間なくやってきます。

Imgp0569
私がいいなと思った、「DANIA JAPAN」には、
HARLEY-DAVIDSON軍団が来店でしょうか?!
翌日は雨の天気予報が出ていたため、大急ぎで福山市に向かいました。
丸1日あれば、ジーンズをゆっくり見たり、美観地区にも行けたんだけど・・・
それでも、ずいぶんいろいろ内容盛りだくさんでした、「倉敷」。

倉敷と言えば・・・その1

ゴールデンウィークは、念願の岡山&広島に行ってまいりました。

倉敷には何年も前から行きたくて・・・
はりきりすぎて、朝5時半に起きてしまい、円通寺を散歩しました。
良寛さんに縁のお寺だそうです。
Dsc00533 Dsc00541

Dsc00542
円通寺公園では、ハナミズキが見事に満開。
街路樹などとは比べ物にならないぐらい、花をつけています。

倉敷と言えば・・・鷲羽山でしょう?!?
(100%「ワシュウヤマ」と読んでしまいますが、国立公園としての名前は「ワシュウザン」ですcoldsweats01

Dsc00545001 Dsc00550001
今回の旅行でも、ミノルタのオールドレンズが実力を発揮。
よろしれば、拡大してご覧くださいませ。



倉敷と言えば・・・ジーンズでしょう!!!

「ビッグジョン」のレディース部門として発足した(株)ベティスミスは、
とても見応えのあるジーンズ博物館を運営しています。
Imgp0545 Imgp0549 Imgp0548
ミュージアムその1(?)の1階は、ジーンズの歴史を展示しています。

Imgp0546
2階では、オーダージーンズを注文することができます。

Imgp0553
こちらは、数週間前にできたばかりの「国産ジーンズ館」。
まだ、HPにさえ載っていませんsweat01
Imgp0554 Imgp0555 Imgp0556 Imgp0557 Imgp0558
ジーンズの制作で実際に使われている機械や道具が見られますし、
日本のジーンズの歴史が、ジーンズ、宣材など豊富な資料を通して知ることができます。
非常に、素晴らしい展示ですよsign03good
早く、しっかり宣伝しましょうよ、ベティスミスさん!!

気分一新!リフレッシュ!!

またまた、2ヶ月近くほったらかしていました。
社宅の用事でおちつかなかったのもありますが・・・言い訳ですねgawk

気分一新、桜の話題でも書きたいのですが、今日は外出せず。
家にある、お気に入りの品を着替えて、うきうきしてみましたheart04

Dscf21300011
かちっとした、オーソドックスな印象の時計です。
秋冬の装いだと何にでも合うのですが、
春夏の、腕が見える装いには、ちょっと重たい感じがするかなと思い・・・

Dscf21380011
思いきって、華やかで深みのあるブルーのベルトに変えてみました!!
ネットでベルトを購入したので、合わなかったらどうしようと、どきどきでした。

Dscf21340011
うわあ、絶対腕&手モデルになれません・・・
それはさておき、時計のイメージがガラッと変わって、
私としては、大人っぽい時計になったかなと思っております。
ベルトの交換も5分程でできたので、
洋服に合わせて元のベルトに戻すのも簡単です。

そういえば、この時計のベルトにはどうしても納得できず・・・
305831_2
(画像はお店のHPから拝借したので、小さいです)
色が似合っているとは思えないし、
長く店に置いてあったのか、ベルトに傷みがあって、安っぽく見えた・・・

Dscf2146001
ユザワヤで濃紺の革ひもなどを購入して、作り替えてみました。
よく見ると紐の長さがびみょーに違ったりするのですが、
(全くの手前みそですが)この方がずっと合っていて、
いろいろな服装に合わせやすいと思うんです。

春らしく着替えた時計をつけて、ちょっと出かけてきますhappy01

三人の合作

生まれた時からずっと、母が私の服を作ってくれています。
先月遊びに来た際、わざわざ生地を持ってきてくれて、二人でデザインを決めました。
それが完成して、昨日届きました!

20110611

ジャーンsign03 これですlovely
母と一緒に、叔母と従姉も生地を選んで、縫ってくれたそうです。
いつも、いつも、ありがとう happy02

本格四川→天外天

ずっと気になっていたレストラン、「四川省政府駐京辦」内の「川辦餐庁」に
rikuさんをはじめとする総勢6名で行ってみた。
各省の北京駐在事務所内には必ずといっていいほど、その地方のレストランがある。
その事務所の人が食べるからであろう、本場の料理人が作り、
もちろんおいしいときいていたので、期待大!!

060621_sichuan_001 060621_sichuan_002
左は「鮮椒白肉」、ゆでた豚肉に唐辛子のみじん切りと山椒がたっぷりかかっている。
右は「粉蒸牛肉」、もち米と牛肉のミンチ(?)を混ぜて蒸してある、
ちょっとおこわのような料理。
「鮮椒白肉」はもちろん辛い。
が、見た目に相反して実は「粉蒸牛肉」の方が、ずっと辛かった。
とはいえ、おいしくてついつい箸を伸ばしてしまう。
060621_sichuan_005 060621_sichuan_006
左は「魚香枇杷翅」、鶏の手羽(多分)をチューリップ型に整形して揚げ、
甘辛酸っぱく味付けたもの。
見た目ほど辛くなく、とっても香ばしく揚がっている。
右は「杷杷菜」とメニューにはあるのだが、何の青菜なのかは不明。
濃い鶏のスープ(?)のようなもので煮てあり、
辛い料理の合間に食べるととてもホッとする。
060621_sichuan_007
そして、本場の「麻婆豆腐」。
今写真を見ても、条件反射的に生理現象が起きるが、
火を吹きそうなほど「から~~い」というほどではない。
私には程よい辛さである、もちろんご飯と一緒に食べたけど。

他にも2品頼んだが、どれもとてもバランスのいい味付け。
「辛い」料理が多いのは確かだが、
舌がしびれて他の材料の味がわからないほど辛い、ということはない。
凝ったり、洗練されていないが、逆に毎日食べられそうな味。

本場の「タンタン面」を食べたかったのだが、お腹がいっぱいで断念。
そして、一人30元弱・・・安い。
従って、何十テーブルもある広いレストランだが、
12時台は客でほぼ満席だった。

全員大満足で、「天外天」(アクセサリー類の市場)に移動。
これまた、楽しくて楽しくて、3時間ほど歩き回ったが、
それでも全部見てまわることができず。
全員が何らかの掘り出し物を購入して、これまた大満足。

今日行った2箇所は今後も何度でも行きたいです!!

秀水市場

先日「自由市場巡り」とタイトルをつけて文を書きましたが、
今や北京は自由市場・個人商店・ショッピングモールだらけで、
統制市場(?!)のほうが見つけられません。

以前北京に住んでいた人がみな言うことですが、
「秀水も紅橋も露天だったのに・・・」
汗だくになったり、震え上がりながら買い物したのは今では懐かしい思い出ですが、
やはり冷暖房の効いた建物のほうがいいです。

ブリッジのお友達が買い物にお付き合いくださるというので、
秀水地下1Fにてカバン類を物色。
その方はグッチの布のB5書類が入りそうなバッグを2つご購入。
私は先日から気になっていた・・・
050822_xiushui1
こちらを購入。
本物を見たことがないから、どこか間違っているのか分かりません。

出かける前、お友達のお宅でこうしたキーホルダーの値段を
本を見て調べていたのですが、
笑っちゃうというか、鼻血が出そうな値段 !!!
最初教えてもらったときは10元で買えるかと思ったけど、
それはさすがに無理だった・・・

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ