« 大相撲九月場所二日目 | トップページ | Peter Barakan's LIVE MAGIC Supporter's Night vol.1 »

映画×ポスター×映画

気になる映画と企画展が渋谷で固まってあったので、一日で見てまいりました。

Img_20140924_101759

まず11時からオーディトリウム渋谷「365日のシンプルライフ」

今年夏公開されて、好評でロングランになっているようですね。
失恋して心にぽっかり穴が開いてしまい、
人生をもう一回やり直そう(?)と物があふれる家の中を空っぽにして、
一日1個ずつ倉庫から必要なものを取り出してきます。
食べ物、ライフライン類以外は購入禁止です。
第一日目は真冬のストリーキングです(大汗)。

物がだんだん増えていくだけの話かと思いきや、考えるところ、見るところがたくさんあって、
期待以上に面白い作品でした。
「衣食足りて礼節を知る」と言いますが、食はとりあえず確保できているので、
そうなると「衣」は予想以上に大事ですね。
衣服をまとっているから、(社会的に)人間と認められているんですね。

結構早い段階で、洗濯機と冷蔵庫を出してきますが、
(私の感覚では)どちらも質実剛健な、2~30年前から変わっていないようなデザイン。
そして、壊れるとまずは自分で修理しようとします、耐久消費財なんですね・・・
あと、洗濯機を久しぶりに使うと、なぜか横のシンクがあふれかえり、
でたーーー、「漏水」!!!
なぜか(わかっているけど)、懐かしいなあ・・・漏水・・・

主人公(=監督)もなかなかいい味を出していますが、
彼の家族と友達がさらに味わい深い人ばかりです。
特に、おばあちゃんが「年取ったら、かくありたい」と思える人柄でした。
次の作品まで時間があるので、昼食後ポスターハリスギャラリーへ。

Img_20140924_133415 Img_20140924_133433
「宇野亜喜良60年代ポスター展」 は以前見た作品もありますが、
妖しげで素敵ですね。


Img_20140924_102832  Img_20140924_102552_2
14時からはユーロスペース「物語る私たち」
こちらは相当期待して行ったのですが、
酸素不足からか(?)途中で生あくびが出ました・・・
が、それでもかなり楽しめましたよ。
意外性がちょっと少なかったかな・・・
ある意味映画「羅生門」のような展開、というのは新聞の映画評論で読んで知っていたので。

若くして亡くなった母親(ある人にとっては妻、ある人にとっては愛人)に関する新事実を突きつけられて、
彼女を許すのか、愛し続けられるのか?
本来なら敵対するであろう相手のことを許せるのか、思いやれるのか?
誰にとっても一番直視しがたい部分をカメラの前にさらす監督の覚悟、
私にはできないなあ・・・

どちらの映画も、ドキュメンタリーとドラマが切れ目なく上手に構成してあり、
自分を材料にしながらも、客観的にユーモアを多分に交えて描いてあり、
若い監督(=主役)の力量に感心しました。

« 大相撲九月場所二日目 | トップページ | Peter Barakan's LIVE MAGIC Supporter's Night vol.1 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ