« 夏休み前のフラワーアレンジメント | トップページ | 帰省しました »

国立新美術館

暑さで必要最低限の活動しかできないのですが、
せっかくのお盆休みにじっとしているのはもったいないので、
乃木坂の「国立新美術館」 で開催されている「アンドレアス・グルスキー展」に出かけました。
国立新美術館は春に「カリフォルニア・デザイン 1930-1965 -モダン・リヴィングの起源-展」を見て、
9月には「アメリカン・ポップ・アート展」を見たいなと思っています。
ぜひ見たい企画展が目白押しで、展示スペースに余裕があって見やすく、
お手洗いや休憩スペースも多くて使いやすく、ミュージアムショップは珍しい商品が多くて、ついつい何か買ってしまいます。

行くと必ず楽しい、外れのない美術館です。

「アンドレアス・グルスキー展」は、私が信仰する(?!)ピーター・バラカンさんが彼のラジオ番組内で勧めていました。
古典的名作の写真展を見ることが
圧倒的に多い私には、大変珍しく、新鮮な体験でした。
私が好きな、ドキュメンタリー的な作品とファッションやアートに関する写真の、ちょうどその間に属するような作品、だなと思いました。
現実にある光景を、よりテーマを先鋭化させるべく、加工した作品群。
粒々した被写体が多くて、一粒一粒が同じように見えて、全部違って、
近付いて見ても、離れて全体像を見ても、「どうなっているんだ?」ととまどいつつ、引き込まれます。
ついつい、自分が既に知っている、間違いのない作品展ばかり見てしまうのですが、
他人のお勧めやちょっとひっかかる作品を見るのはとても刺激になって、大事ですね。

« 夏休み前のフラワーアレンジメント | トップページ | 帰省しました »

「文化・芸術」カテゴリの記事

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ