« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

感謝・感謝の一日

おかげさまで、また1歳年をとりました。
健康で、おいしくご飯を食べられます。

hon-neko、両親、親族、お友達、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいですhappy01


デュークままさん東京国立博物館・平成館で開催中の「大神社展」へ誘ってくださりました。

いつものことながら、まずは腹ごしらえからbleah

Dscf0642001_2 Dscf0644001
「上野の杜 韻松亭」を予約して頂き、緑を眺めながらお食事です。
写真にもちらっと写っていますが、お客さんの列が途切れません。

Dscf0645001 Dscf0646001
花籠膳(月)です。写真以外に焼物が加わります。
全部味がきちんと整っていて、全部プロの手作りの味です。

Dscf0648001 Dscf0649001
東京国立博物館本館(左)と東洋館(右)、もう一枚の写真は表慶館(休館中)です。
全ての展示施設を見て回ると一日かかりそうです。
「国宝 大神社展」 は国宝や重要文化財が目白押し。
こんなに宝物が一か所に集まってしまって、全国の神社は「神無月」になってしまっていそうです。


Img_20130529_143322001
博物館のあとは、デュークままさんのご自宅に伺って、おいしいお三時を頂戴しましたdelicious
愛猫のまみちゃんにも久しぶりにお会いしましたheart04
だっこさせてもらってすごく幸せでしたhappy01

大相撲5月場所十四日目

今場所は14日目にチケットがとれてよかったぁーーーheart04

Dscf0610
まずは両国駅に展示されていた、歴代横綱たちの手形。
私が子供の時の思い出の横綱・輪島(右)と今も私のアイドルsign02北の富士です。
手形の下のプロフィールに北の富士の身長(185cm)・体重(135kg)が書かれていますが、
それって幕内最軽量の横綱・日馬富士とほぼ同じ・・・
北の富士さんて、映像で見る限り、とても大きく見えるんだけど・・・
輪島は129kgしかない!!!
輪島って、力士としてすごい理想的な体型だと思うのですが?!?

Dscf0615001 Dscf0616001
大好きな舛ノ山関の場所入り、ようやく見られましたheart01
他の入り待ちの人たちからの声援も大きかったですよ。

Dscf0626001 Dscf0629001 Dscf0634001
今日の大大大注目の一番の前に、やっぱり舛ノ山関・・・しつこくてすみません。
すごくがんばったのですが、前にばったり落ちてしまいましたcrying

Dscf0635001
稀勢の里関が入場してきただけで、場内割れるような拍手!

Dscf0636001
国技館内は声援と拍手とカメラのフラッシュが充満!!!



Dscf0638001
れれれ、れれsign02
Dscf0639001
茫然自失、そして覆水盆に返らず・・・
この一番、に絶対勝つ、というのは、ただの必死の稽古や並みの強靭な精神力、
では勝ちきれないんだろうなあ・・・
それは何なんだろうなあ・・・

香蘭倶楽部~赤坂あじる亭ブランシェ

毎月一回楽しく大笑いして食事をする会「香蘭倶楽部」ですが、
今月は執行役員(?!)のデュークままさんがお休みだったため、わたくしめがレポート致します。

Img_20130524_183748001
赤坂あじる亭ブランシェ は赤坂見附駅から5分もかからないところにあります。
Kさんがテラス席を予約してくれて、暑くも寒くもなくさわやか~
食事もおしゃべりも、弾むはずむsign03

Img_20130524_191542002
金曜日はお店のfacebookに書かれたキーワードを店員さんに伝えると、
自家製サングリアがもらえます。
甘ったるくない、大人の味だよ。

Img_20130524_190544001 Img_20130524_191922001

砂肝のコンフィとカリカリトリッパ(ドライトマト風味)です。
砂肝は柔らかくて、トリッパはカリカリ、サクサク!!
どちらも新鮮な食感です。

Img_20130524_192217001 Img_20130524_201647001 Img_20130524_202807001
(上から)季節野菜8種のストウブココット蒸し。
ニンニクと野菜の甘みがおいしいheart04
次は「リアルとんがりコーン」、下は「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」。
どれもおいしくて、食が進むし、ワインも進むwine

一品が600~800円代の料理がほとんど(ほほ肉でも980円)で、
他にも小皿料理やデザートまで食べたにも関わらず、3人で9000円ちょっとsign03
(ワインも一本空けました)
味もお値段も大満足でしたdeliciousshine

「おいでませ、山口へ!」 萩・秋吉台編

初めて山口県を旅行したので、他にもいろいろ行きたいところがあるのですが、
萩と秋吉台は外せないでしょう!

Dsc01377001
この写真ではわかりにくいのですが、萩の名物「夏ミカン」がちょうど収穫時期で、
街中あちらこちら(というより、そこらじゅうで)見られました。

Dsc01394001
萩城跡指月公園は広くて緑が多く、散策にはとても気持ちがいい場所でした。

Dsc01396001  Dsc01398001 Dsc01399001_2
普通は明治維新の立役者・長州藩幕臣の旧居などを訪ねるのでしょうが・・・
私が興味を持ったのは、「山口県立萩高等学校」
立派な白壁が広い敷地を取り囲んでいるので何だろうと思ったら、
高校だったのでびっくりしました。
明治三年創設、藩校明倫館の流れをくんだ歴史ある学校、とのことで、
3枚目の写真(萩学校教員室)のような、明治時代の建物も残っています。
中をしっかり見学したかったのですが、部外者なので入口から拝見するのみにとどめました。

Dsc01402001
昼食は萩博物館内のレストラン
仕入れたばかりの魚が三種類がのっている「萩三旬丼」。
とってもおいしいーーーdelicious
魚にぽんずをかけるのが、山口県流?みたいです。
(他の店でも出てきました)

昼食後宇部空港に戻る途中に、秋吉台に立ち寄りました。
Dsc01403001
(↑クリックして拡大してご覧ください)
Dsc01414001
私の写真ではスケールが伝わらないのですが、
時間があればゆっくり歩きたい素晴らしい風景が延々続きます。

海(港)と山を堪能した、楽しい3日間でした。

「おいでませ、山口へ!」 関門橋渡って・・・編

泳いでも渡れそう(sign02)なぐらい対岸の北九州市が近いので、早速渡ってみました。
トンネルの入り口に行くまでに混雑で時間がかかって、
トンネル内を通っている時間は5分程でした。

Dsc01341001
門司港周辺に歴史的建造物が集まっています。

Dsc01332 Dsc01348001
「国際記念友好図書館」(大連にある建物を複製したもの)と「旧門司三井倶楽部」です。

Dsc01339001
(拡大してご覧ください)
ブルーウィングもじをはさんで、新旧の門司を代表する建物が並んでいます。
門司港レトロ地区はその中に見どころが詰まっていて、
ちょっとしたテーマパークのようになっています。
下関のほうは残っている洋館の数が少なめです。
ですが、市全体に平家~文明開化~昭和・現代と続く港町の歴史がちりばめられています。

Dsc01349001  Dsc01352  Dsc01360
北九州市門司地区は九州の鉄道の玄関口でもあります。
九州鉄道博物館は、九州鉄道本社(現JR九州)の建物を利用していて、
歴代の汽車・列車や資料が目白押しです。
鉄道ファンではない私でも、古い客車に乗ったりして楽しめました。

Dsc01367001
最後は関門橋間近の写真(和布刈神社で撮影)です。
タグボートなどの作業船や、大小の外国籍船などがひっきりなしに通過して、
見ていて飽きません。
最近ますます大人になってきて(???)、嗜好がルーツに戻ることが多く、
(そのひとつとして)港にいると楽しくて、わくわくしてたまりませんhappy02
大満足の一日でした。

「おいでませ、山口へ!」 下関編

5月の連休に山口県(ちょこっと北九州も)へ行ってきました。

下関はhon-nekoの話からずっと行ってみたかった街です。

Dsc01315 Dsc01317
唐戸地区は港のそばで、歴史的な洋風建築が集まっています。
下関南部郵便局旧秋田商会ビルです。

Dsc01323 Img_0001
こちらは山口銀行旧本店です。
外観も内部も、銀行らしい重厚かつ壮麗な造りですね。
ちょっと遊んで、昔の写真風に加工してみました。


タイミング良く、帆船の日本丸が下関港に寄港していて、
船上が一般公開されていました。
Dsc01310 Dsc01294 
Dsc01299 
Dsc01305 Dsc01307
大変優雅で、フォトジェニックな被写体ですね。
Dsc01306
日本丸甲板上から見た、関門橋です。
下関と北九州がこんなに近いとは知りませんでした。


Dsc01311
(クリックして、拡大してご覧ください)
カモンワーフという海沿いの商業施設群で撮影しました。


追伸: カモンワーフで食べた昼食。
家の近所で新鮮な魚が買えないので、ごちそうでしたdelicious
Dsc01328

久しぶりのプリザーブドフラワー

今回のSIRYさんのレッスンは、1年ぶりぐらい?のプリザーブドフラワーでした。

Dscf0604001
久しぶりなので、難しいかなと思っていたのですが、
お花一つ一つにワイヤーをかけるのにちょっぴり手間がかかっただけで、
(クリスマスリースのほうがずっと大変だし)
まあまあ手早く、無難にできあがりました。

Img_20130424_114307  Img_20130424_120348
そうそう、恒例のお昼ごはんは「りげんどう」
古民家(というより昔よく見かけた一軒家)内に食堂、雑貨&洋服店があります。
石見銀山(島根県)に本店があり、そちらに関するものを販売されているようです。
Img_20130424_115427001 Img_20130424_120703001_2
(特別出演:Mさんの指)野菜寿司膳です。
ひとつひとつ手作りのお総菜は手間がかかっていて、
味が薄味で、野菜一つ一つがおいしいdelicious
30代以上の女性客で満席でしたが、大人気なのはよくわかります。
週替わりのメニューもあるので、ぜひ他のお料理も食べてみたいものlovely

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ