« 桜が散らないうちに・・・ | トップページ | 天気のいい日曜日には »

SEARCHING FOR SUGARMAN~シュガーマン 奇跡に愛された男

2月初めから「角川シネマ有楽町」で「大人の音楽映画祭」が開催されています。
20年ぶりぐらい(?!)に洋楽ブーム真っ最中の私にとっては、
懐かしいやら、興味があるやらで見に行きたい作品ばかりsign03

厳選してみたのが、ローリング・ストーンズの「ワン・プラス・ワン」と
クイーンの「ハンガリアン・ラプソディ」。
「ワン・プラス・ワン」はさすが、ヌーヴェル・バーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダール監督だけあって、
ストーンズと無関係な朗読や映像でブチブチ流れが途切れ、かなり忍耐力が試されました。
が、ストーンズの「Sympathy for the Devil」の制作過程だけは時系列に流れて、
完成までに演奏に大きな変化があり、大変興味深く見ました。
hon-nekoは「いつまでたってもレコーディングが終わらない」というのですが、
私は同じ個所を何度も何度も演奏し、試行錯誤を重ねるのを見て、
「(あたりまえだが)レコーディングは極めてまじめに取り組むんだな」と思いました。
「ハンガリアン・ラプソディ」はコンサートに加えて、
ツアーの舞台裏や普段のメンバーの様子なども見られました。
ただ、ほんもののコンサート並みの大音声の中、途中で意識が遠のいたのはなぜsign02

そして「大人の音楽映画祭」開催中に、本年度アカデミー賞・長編ドキュメンタリー部門受賞が決まった、
「シュガーマン 奇跡に愛された男」は、予告編を見て内容と主人公のロドリゲスの声がやけに印象に残り、必ず見ようと思っていました。

音楽・内容ともに素晴らしい!!!ドキュメンタリーでした。
驚きと発見の連続、そして見終わった後、不思議な幸せな気分でいっぱいになりました。
いかにも、わかりやすい、「幸せ」や「暖かさ」ではなく、
大変厳しい現実を生きている人からしか出てこない、「希望」や「気品」、「優しさ」がこの映画にはありました。
そして、ロドリゲスの周囲の人たちが、本当に素敵な、魅力的な人ばかりなのです。

どんなにいい作品にも好き嫌いはあるので、むやみやたらとお勧めはしませんが、
予告編を見て興味をもたれた方には、機会があればぜひ!!!見てもらいたい!!!

« 桜が散らないうちに・・・ | トップページ | 天気のいい日曜日には »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ