« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

西荻窪満喫(その2というより追記)

siryさんでのお花のレッスンの後、
お決まりのおやつターイム!へ。
先生から近くに「乙女通り」があると伺い、行ってみることに。

「甘いっ子」の周辺をうろうろするも見つからず、
駅方面へ戻る途中で、路地にお店がいくつかあった!
先生は「カナム」で質実剛健なクッキーを買われたそうです。
yuukiさんが路地の奥にカフェを発見。
店の前に植木や金魚の入った焼き物がきれいに置かれています。
店内も「静謐」という言葉が似合いそうな、落ち着いた雰囲気。
常淡茶舎」という台湾茶のカフェです。

お店全体にオーナーの美意識が貫かれています。
yuukiさんがインテリアや茶器、小物一つ一つの趣味の良さに感心していました。
(カウンターもお客さんがくつろげるように、一般的なものより幅が広めだとか)
私はそういうことに鈍感ですが、店全体の統一感がとても心地いいです。

私は「緑豆豆花湯」を食べたうえ、yuukiさんのカスタード蒸パンまで頂いてしまいました。
両方、とーってもおいしいーーー
お茶は「温馨杯」というシンプルで飲みやすい器で頂きました。
茶葉を入れた器に直接お湯を入れるのですが、
茶葉をふーふーしながら飲む必要がありません。
久しぶりに香りのいい台湾茶を飲んでうっとり。

私たちは3-4煎頂いたうえ、オーナーさんと話が盛り上がり、
2時間以上お邪魔してしまいました。
が、こちらにもあるとおり、誰でも大歓迎ではないみたいです。
(店内写真禁止ですので、今回は文章のみです)
yuukiさんが見つけてくださったのですが、
食べログによると合わない方は、合わない・・・みたいです。
私たちは二人とも大満足good
ぜひ、また伺って、他のお茶を頂いてみたいですhappy01

西荻窪満喫(その1)

昨日はyuukiさんが勤務を調整してくださり、
久しぶりにフラワーアレンジメントをご一緒することができましたhappy02

久しぶりのお花の前には、久しぶりの「ベスト of フレンチ@西荻」
(私の勝手な感想ですが・・・他にもおいしいレストランが多いので激戦でしたbleah
ビストロ・サン・ル・スー」へ。

Dscf05751 
(特別出演:yuukiさん)
Dscf05761

Dscf05771
メインは子羊肉とクスクス。
(yuukiさんの注文は三元豚の豚足・豚耳のパートブリック)
前菜からデザートまで全て、プロにしか出せない味です。
メインは結構な量なのですが、食べやすい味でフォークが進む・進む!!

おいしくて、満腹で、昼寝をしたら最高!ですが、
siryさんに行かなくてはsweat01

Dscf05811_2
先生が花材を大奮発sign01してくださって、
7・8種類の多肉植物が使われています。
多肉植物は下がすかすかになって、オアシスが見えやすいので、
できるだけ詰めて生けてくださいと言われて、
普段よりギューギューに生けたつもりなのですが、
yuukiさんのほうがきちっ!と生けてあります。
どうしても間を空けて生ける癖が抜けないので、
次回は(花材が適していれば)きちっと生けますrock

Dscf05831_2
これは余ったお花&先生の大サービスをただ、つっこんだだけ。
以前yuukiさんに連れて行って頂いた「スガハラ」で購入した花瓶が、
とーーっても気に入っているので載せました。
きっと気のせいですが、突っ込んだだけでも、
それなりに、形になっているような気がしますcoldsweats01

長くなったので、あともうちょっとは後日に。

クロアチア料理「Dobro(ドブロ)」

金曜日の夜、月一度の北京友達の集まり(名付けて「香蘭倶楽部」)で、
京橋の「Dobro」に行きました。

Dsc007661  Dsc007701

日本で唯一のクロアチア料理レストランだそうです。
スラブ民族の料理はロシア料理しか食べたことがないですねぇ。
金曜日の夜、ということで会社帰りらしい人たちで、満席でした。

名物料理が少しづつ楽しめる「ドブロブニクコース」を頂きました。

Dsc007711
(野菜がムラサキがかっていますが、店内の照明のせいです)

Dsc007721  Dsc007731
マス(上)もおいしかったし、
シュトゥルクリ(下)はパスタとあっさりしたクリームソースがおいしくて、
この4倍ぐらいの量が食べたかったdelicious

Dsc007741  Dsc007751
上のロールキャベツは今まで食べたことがない味で、
(ロールキャベツとは全く別物)
横のマッシュポテトと混ぜて食べると、これまた2倍は食べられそうgood

店員さんはクロアチアについて詳しくて、
料理についても、とても丁寧に説明してくれました。
イタリア料理、トルコ・ロシア料理などの影響もあって、
強烈な特徴はないけれど、また食べたいなあと思う味でした。

根津美術館

Dsc00746  Dsc007481

日曜日に根津美術館「古筆切」展を見に行きました。
所蔵品の質、量ともに素晴らしく、
(分野も幅広い!!)
2009年10月の新本館開館以来、これが3度目の訪問です。

「古筆切」は全く読めないので、解説文を読んでから見比べる、だけですが、
それでも、大和ことばのかたち・おとの美しさに改めて気付き、
ちょっと優美な気持ちになれます。

Dsc00750_2  Dsc00765_2

Dsc00754_2  

そして、庭園がこれまた素晴らしい!!
少し蒸し暑かったのですが、気持ちはかなり爽やかになりましたhappy01

「大鹿村騒動記」初日舞台あいさつ

Dsc00738
昨日、阪本順治監督の新作「大鹿村騒動記」が公開されました。
hon-nekoが大ファンの原田芳雄が主演、舞台挨拶予定だったのですが、
残念ながら欠席でした。

上映前に、阪本監督・大楠道代・岸部一徳・石橋蓮司・佐藤浩市・松たか子が登場。
私は岸部一徳さんの大ファンなので、ご本人が見られてうれしかったheart04
そして、どうしても直接見たかった「大楠道代」さん。
多分身長160センチ以下ぐらいの華奢な方ですが、かっこいいーー!!
リンク先の写真では法被を着ているのでわからないのですが、
ジップアップのストレートな黒のミニ寸ワンピース、
足元はグラディエーターサンダル!!
グラディエーターサンダルが似合っている人を、初めて見ましたhappy02
(あ、石橋蓮司がテレビなどで見るより、ずっーーとかっこよかったです)

映画の中でも、どうも大楠道代さんのほうに目が行ってしまう・・・
原色や深い色、濃い色が似合う人だなあと思います。
予告編でも見られる、村に戻ってくるときの恰好がひどい色の組み合わせなのですが、
(スカーフが明るいブルーでセーターがエンジに近い赤)
彼女が着ると、ただの安っぽい感じには見えない。
18年間駆落ちで苦労した、生活の重さが見えるような気がします。
映画のフィルムの、くせのある色合いが似合います。

映画自体は肩の凝らない、名優の演技の掛け合いが楽しめるコメディーです。
舞台挨拶で舞い上がってしまって、ぼーっとしているうちに話が進んでいたので、
もう一回きちんと見たいです。


おまけ:東京交通会館でこんなん買いました。

Dsc007401
兵庫県豊岡市がアンテナショップを出店していて、
シルクなすとシルクとうもろこしを買いました。
(上のにんにくは「むらからまちから館」で買ったんだけど、忘れちゃった…)
ナスは焼きナスとかんたん浅漬けにしました。
身がしっかりしています。
トウモロコシはとても高いので(500円!)、
普段はhon-nekoに全部あげるのですが、少しだけ食べました。
あまーーいです、白いけど中国の白いのとちがって、普通にプチプチしています。

猛暑下の生け花

水曜日のお花は、父の誕生日が近いので、プレゼント用の生け花を制作しました。

Dscf05461
いつも作っているような形に見えますが、
おもったより苦戦、オアシスは穴ぼこだらけになりましたsweat01
まず、茶色のひまわり(チョコフレーク)がとてもシックで素敵なのですが、
べたーーっと平面的で、生ける場所、高さ、方向が難しい・・・
難しいけど、中心になる花なので、モネのひまわり(レモン色)と組み合わせて、
高く生けました。
バラ(ピンクラナンキュラ)を短く切りすぎたので、
ひまわりとの間を埋めるのにまた一苦労sweat02
写真では見えないのですが、後ろに生けたマウントミントがとてもいい香りを放っています。
ブラックベリー(チョコフレークの右)や粟も入っています。
最後に利久草の枝をふわっとかぶせて、ようやく完成happy02

Dscf05451
私や他の方が必死で生けている間、いびきをかいていた方。

Dscf05541
あんまり暑くて、もうやってらんない!方。
このお二人にお会いすると、私は暑さなんて吹っ飛んじゃうんですけどね。

さすがに考えてしまう・・・

3月11日以後、
「過度な反応はしない、二極論に走らない、誰かを悪人にして全ての責任を押し付けない」
など心がけようと思っているものの、非常に難しい・・・
特に政府や電力会社だけを責めるのは、偏りがあってよくないと思うのだが・・・
まもなく四か月経つのに、
この一ヶ月で何かが(地震被害でも原発事故でも)好転したとは全く思えない。

なにはともあれ、いま疲れ果てて、無気力・無関心になってはならない。

討論番組や新聞に投稿するわけじゃないし、
ボランティアやデモ行進にも参加していないけど、
知り合いの方が紹介されていたサイトで、
「これは応援したい、皆さんに紹介して、もし興味を持つ方がいるならうれしい」
と思う団体を以下並べます。

RQ市民災害救援センター

マイミク(mixi内のお友達)さんから「東北の子供たちにゆかたを贈ろう」
という情報発信があり、知りました。
私はこどものゆかたを持っていないので、
他の皆さんにお知らせするという形で協力いたします。

ふくしま薪ネット

こちらもマイミクさんからのご紹介です。
残念ながら私は薪の購入はできないのですが、
キャンプや自治会の行事(?)などで使うのではないでしょうか?
「つながり・ぬくもりプロジェクト」は私にも協力できそうです。

こういった団体は他にもたくさんあって、
地方自治体がなかなか届かない部分を助けているんですね。
見た目は違うけど、今の状況は
「4か月間、山火事が燃え続けて一向に鎮火の気配がない」
のと同じと考えて、自分ができる後方支援をしようかなと思います。
ですが、各自治体と一緒に山火事の最前線に立つべき人達(組織)が、
そういう危機意識を全然持っていないように思えますdespair

志の輔らくごリバイバル

Dsc007341 Dsc007351

日曜日夜、立川志の輔の落語会に行きました。
ちょうど大河ドラマの時間に、挑戦的なタイトルpunch

Dsc007371
この演目を作るのに4年かかったそうで、構成がよく練られています。
途中で場面、時代が何度も転換しますが、
そのたびに驚きがあって、
ドラマを見ているように話に引き込まれていきます。
2時間休憩なしで話し続けますが、長さを感じさせません。
伊能忠敬のとてつもない偉大さ、偉業に感動し、
落語に仕立てようとした志の輔の4年に渡る苦闘が、見事に落語に活かされています。

もう10数回志の輔の独演会を聞きに行っていますが、
古典・新作両方とも、現在の落語家の中で頭一つ抜き出た存在だと思います。
(一体、何様やねんcoldsweats02
そして、大河ドラマの脚本がこれぐらいの完成度なら、見捨てないのにね。

Dsc007361

おまけ。暑さのせいか、お花は少なかったのですが、
真子ちゃんからのお花だったので、撮ってみましたbleah

夏の和風(?)フラワーアレンジメント

水曜日にお花のレッスンに行きました。

20110631 20110630

まずは腹ごしらえ。
(これが楽しみその一)
「米の子」は玄米と野菜料理の店。
大豆たんぱくの唐揚げなど、精進料理風でおいしかったのですが、
いかんせん料理が出てくるのが遅いcoldsweats02
私の前に6人待っていたとはいえ、30分かかりましたdespair
ゆっくりしたい時向けですね・・・


Dscf05211

今日のテーマは「夏の和」。
リョウブトクサ等私が扱ったことのない花材をどう生かすがが難しかったです。
トクサやキキョウを高く飛び出させて、低くまとまった部分とうまくつなげる
・・・はずが、先生にバランスを直して頂き、
さらに、トクサのアーチの配置をアドバイス頂いて、
ようやく見られるようになりました。
クレマチス(青紫・赤紫・白)が涼やかで、気に入っています。

Dscf05181
暑さのあまり、お花が終わった途端、甘味屋さん「甘いっ子」に直行dash
小豆がたっぷり、イチゴは本当のイチゴが使われていて甘すぎず、
あっという間に食べてしまいましたbleah
楽しくて、おなか大満足!!の一日でした。

追記(2011.7.14)
waiwaiさんからコメントを頂きました、ありがとうございますheart01
リョウブではなく、コバノズイナ(すみません、勝手にリンクしました)ではないかと、
教えて頂きました。
前のやや不明瞭な写真と、まだ生けてある枝の写真をアップしました。
(写真をクリックすると拡大します)
Dscf05212

Dscf05651

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ