« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年の終わりは・・・とある大学

今年もあと2日とちょっと。
私のつたないブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年も、忘れた頃に更新をする予定(?!)です、
思い出したら見てやってください。


西荻窪で気になっている場所があったので、
人が少なそうなこの時期を狙って行ってきました。

Imgp31681
アントニン・レーモンドの建築は写真でしか見たことがなかったかな。
フランク・ロイド・ライトのもとで学んだということで、雰囲気は似たものがありますね。

Imgp31661  Imgp31591
ゆっくり見て回りたかったのですが、
冬休み&工事中などの理由で中庭部分からの見学しかできませんでした。

Imgp31611 Imgp31721
いつか内部も見学してみたいなあ・・・と思いながら写真を撮っていたら、
「写真撮影禁止です」と言われてしまいました。
ちょっと残念です。

大好きで楽しい洋風建築撮影、来年もぼちぼち続けたいと思います。

自然教育園@白金台

東京都庭園美術館に隣接している「国立科学博物館付属自然教育園」
美術館に何度も行っているのに、こちらは一度も入ったことがありませんでした。
同じく国立科学博物館付属の「筑波実験植物園」が素晴らしかっただけに、
期待が高まります。

Imgp31131 Imgp31261
最初の写真は、「もみじがさ」というキク科の植物だそうです。
私としては珍しく、咲き終わった花が目に留まりました。
花がほとんど終わってしまった中、紅葉がまだ残っていました。

Imgp31341
これは、「物語りの松」。
江戸時代の松平讃岐守の下屋敷の面影を伝えるもの、だそうです。
背が高く、幹が非常に太くて力強く、見ているだけでこちらが元気になります。

Imgp31392  Imgp31491
うまく撮れていませんが、西日で水面や枝がきらきら光っていました。


天気は良かったものの、3時半を過ぎてだんだん寒くなってきたので、
全部見ずに次の目的地に向かってしまいました。
春にゆっくり歩き回りたいと思います。

最後に・・・写真には撮れないのですが、この森はカラスの集合住宅です。
夕方が近づき、多分何百羽(!)というカラスがご帰宅、のようです。
カラスの鳴き声が遠くに近くに聞こえ、何層ものハーモニーになっていて、
うるさい、というより、なかなか素敵な合唱曲(?)のように聞こえました。

フラワーアレンジメント siryさん第4回

一か月って、早いようで遅い・・・次のお花のレッスンまでの一か月は長い!!
待ちかねた頃にようやくやってきます。

今回は毎年12月の恒例行事、「クリスマスリース」xmas
siryさんでは初めてのリース、ドキドキして伺ったら、生徒は私一人でした・・・
マイペースでできるけど、他の方の作品が見られないのはちょっと残念。

Imgp31081  
Imgp31051 
ひたすら、ひたすら、ワイヤーでくくりつけました。
オーナメントがどれもナチュラルで、かわいらしいheart04

Imgp31101
八角とシナモンは北京でも使ったかな?
今回、T先生に教えて頂いたオーナメント配置のポイントは、
下部にボリュームを持たせること。
確かに、上が重たいと頭でっかちで変ですよね。
北京での3回の作成が生かせたかな?一応、バランスを常に気をつけながら、
ふだんより全体に気を配って作成しました。

Imgp31041
完全に自画自賛ですが、珍しくうまくいったかもーーー
リボンを下につけるのも、初めてでした。
嬉しくって、一年中飾っちゃうかもーーー

TOKYOの夜景&イルミネーション

先月友達と夕食を共にした際、六本木ヒルズに立ち寄りました。
ひさーーーしぶりに見た東京の夜景やイルミネーション、素敵ですね。
写真教室に通っていた際よく訪れた、夜の撮影ポイントに行ってみました。

Imgp30511 Imgp30561

こちらは、浜松町の世界貿易センタービルからの夜景。
以前撮った構図とまったく同じで、進歩がありません・・・
せめてもう少し早く出かけて、日没を狙えばよかった・・・
なお、うまく撮れなかったので載せていませんが、お台場方面の眺めもとてもきれいです。


そして、今回の撮影のきっかけとなった「六本木ヒルズ」へ移動。
Imgp30831 Imgp30941
六本木ヒルズは建物や背景の組み合わせが変化に富んでいて、
昼夜問わず撮影ポイントが多い場所です。
毛利庭園のライトアップがなかなかきれいでしたので、
何枚か撮ってみました。
Imgp30861  
Imgp31011


今回撮影していませんが、けやき坂のイルミネーションはいつ見ても素敵ですね。
持っていったレンズでは焦点距離が合わず、これはという写真が撮れませんでした。
せっかく撮影に行くのなら、ちゃんと準備をしましょうね(誰に言ってるんだ!?)

11月の旅行-仙台・平泉

東京の紅葉もどんどん散っていますが・・・11月最初の旅行です。
仙台市内・平泉・松島を旅行したのですが、
一番印象に残った平泉に絞ってアップします。

Pb020022
平泉駅では晴れて、歓迎の踊り(?)もあったのですが・・・

Pb020026
中尊寺に到着後まもなく、雨が降り始めましたrain
hon-nekoの「晴れ男」伝説、敗れ去りましたdespair
初めて、ビニール傘を買って差しました。

Pb0200422
金色堂は覆堂の中にあって、さらに、写真撮影禁止なんですね。
知りませんでした。
照明を強くあてれば、まばゆく光り輝くのでしょうが、
少し暗めの室内では、思ったよりシブい建物でした。


昼食を取って、中尊寺を去ろうとする頃ようやく雨が上がりました。
境内が広く、木々も多くて、撮影ポイントが多かったのに、
あまり写真が撮れず残念!と思っていたら・・・

Pb0200462
仏様(?)それとも藤原氏(?)からのプレゼント!!
とっても久しぶりに虹を見ました。
心まですっかり晴れました。


歩いて平泉駅の近くまで戻り、「毛越寺」(もうつうじ)に参詣しました。
Pb020061
快晴の空の下、きらきら光り輝くような紅葉です。

Pb020059  Pb020064
中尊寺とこの毛越寺は慈覚大師(円仁)の開山だそうです。
円仁については、2006年1月に阿南史代さんの講演を聞き、
その後、中国の雑誌に掲載された阿南さんの記事をとても興味深く読みました。
そして、平泉で円仁と思いがけない再会(単に、私が勉強不足なのですが)。
なにかご縁があるのかなあと思い、今、阿南さんの研究のきっかけになったという、
E・ライシャワーの「円仁 唐代中国への旅」をぼちぼち読んでおります。

最後に、この旅行で一番おいしかったもの!!
仙台駅すぐそばの「うまい鮨勘 仙台東口支店」
夕方6時ごろ行ったのですが、地元の人で賑わっていて20分ぐらい待ちました。
流行っているのが納得できるおいしさでした。
hon-nekoに言われて気づいたのですが、この店は大連に支店を出していました。
北京にもこの店出身の中国人のすし職人さんがいたような・・・
なかなか、中国とは縁が切れません。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ