« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年4月

フラワーアレンジメント第47回(最終回)

3/20(木)が北京でのフラワーアレンジメントの最終回となりました。
ひとつづつ、北京でやっていたことが終わりになっていきます。

P32000081
これは、先生の作品。
春になってパステルカラーの作品が続いていたので、
気分を変えたかったそうです。
バラの色、とっても素敵!大人っぽいです。
ラナンキュラスもシブい!!

Imgp2504 Imgp2507
写真ではそうは見えないのですが、
普段よりは適度に空間を持たせて生けることができました。
ま、たまたまなんですけどね。
いや!先生の教えの賜物です!!

アレンジメントを始めるまで、全くお花に興味がありませんでした。
公園に咲いている花や花屋さんで売っている花に
「うわあ、きれいだなあ!何だろう?」と思えるようになり、
急に世界が広がったような気がします。
ご一緒していただいた皆さんは明るい方ばかりで、
笑いの絶えない教室でした。

それもこれも、先生のご指導と教室の雰囲気作りのおかげです。
どんなに疲れた日でも、体調の優れない日でも、
教室に行くとあっという間に元気を取り戻しました。
技術を習得できたかは???ですが、
先生が毎回口を酸っぱくして教えてくださった「格言」は
今後も活かしていけそうです。

先生とご一緒してくださった皆様に
“THANK YOU!!”

ウルムチ駐北京事務所(食べてますその3)

私が参加する「各省駐北京事務所巡り」は今回が最後になりました。
予想外の料理が出てきたり、多少?な味にもくじけず、
冒険を楽しむメンバーに囲まれて、毎回楽しくて仕方がありませんでした。

P40200171
ウルムチ市の駐北京事務所は「省」ではないのですが、
中国語の口コミサイトではとても人気があります。

場所は・・・大変わかりにくい場所です、四川省事務所といい勝負。
大通りから離れた、ごちゃっとした胡同のなかにあります。
リンクしている中国語サイトの地図が正確ですので、
その地図を信じて行ってください。

P40200151 P40200011
店内は豪華、とはちょっと違いますが、きれいです。
上の写真は帰りに写したので人が少ないですが、
私達が到着した12時15分ごろには広い店内満席で、
待っている人が何組もいました。
予約と席取りをしてくださったミントさん、ありがとう!!
(ミントさんの記事はこちらです)

P40200091 
私達の席のすぐ傍では、コックさんが各種餅(パン等)を大量生産中。
(ガラス越しなので見にくくてすみません)
そんなに焼いてどうするの、というぐらい周りに山積みです。

P40200031  P40200041 P40200101
どの料理も評判どおり美味しい!!
羊は全然臭くなく、普段は1本しか食べない羊肉串も2本食べられそうでした。
(ミントさん、Kさん、恨めしかったんじゃないから安心してね)

4人では食べきれないぐらい注文したのですが、
名物料理の「手抓飯(人参のチャーハン)」は売り切れ!
12時半には注文してたのに・・・
どうしても食べたい方は、いの一番に注文してください。

P40200021
香辛料でぴりぴりする口を整えてくれるヨーグルト、
とても優しい味で、買って帰りたかった!!!
(残念ながら、持ち帰り用には売っていませんでした)
また写真には撮っていないのですが、
あまり期待せずに取った「抜糸香梨」。(新疆特産の香梨の飴かけ)
今まで食べた飴かけの中では、抜群においしい!!

P40200111 P40200121
これはレストランの入口のショーケース。
見たこともない、様々な小麦粉料理が並んでいます。
いろいろ試してみたいけど、ちょっと勇気がありませんでした。


ウルムチ市と新疆自治区事務所
北京にいながら旅行をしているような、別世界でした。
食べ物・服務員さん・見るものみるもの珍しくて・・・
回教徒について何も知りませんでしたが(今も知りませんが)、
とても親しみを覚えました。

北京でも飽食の日々(その2)

美味しい話ばかりですみません。
まだ続きます。

ブリッジのお友達のMさんが、またまた素敵なレストランに連れて行ってくださりました。
中関村近く蘇州街にある「白家大院」です。

P3310001  P33100021
わあーー、普段行くきれいなレストランの数倍の規模、
豪華さ・優雅さ!!
玄関前の皆さんが「你好」ではなく、「您吉祥」と声をかけてくれます。

P33100121 P33100051
広大な庭園内に幾つもの建物があります。
個室から満開の辛夷や桃が楽しめて、優雅ーーー
テーブルセッティングも雰囲気とぴったりで、優雅な気分倍増!!

P33100071 P3310008
人形がついた料理は見てのとおり、お菓子。
(左はゴマが効いていて、右は豆の羊羹)
ですが、前菜として出てきました。
華やかな花のサラダは「妃子笑」。
ドレッシング(?)がおいしくて、花だと意識せずむしゃむしゃ食べました。

P33100101 P33100111
どの料理も味付けが上品で、味の素の味がしない!!
油濃かったり、塩辛かったりしないので、肉類でもどんどん入ります。
貴族は毎日こんなごちそうを食べていたのでしょうか?
「余は満足じゃーーー」などとのたまっていたのか?!?

P33100141 P3310015
「余は満腹じゃ」な状態でお庭を散歩。
服務員が案内してくれます。
この春初めて花をゆっくり見て楽しめました。
私とTさんは気分の良さにはしゃぎすぎて、
MさんとKさんに笑われてしまいました。
だって、外の喧騒が嘘のような、和やかな空間だったんです。

全てを計画してくださったMさん、
おつき合いくださったKさん、Tさんに深く感謝いたします。

北京でも飽食の日々(その1)

1ヵ月半すっかりお留守になってしまいました・・・
その間も食べて・食べて・・・
ただの食いしん坊、ではなくて帰国が決まったからです。
でも、3年間の北京生活のフィナーレを飾ろうと、
ここぞとばかりに食べなくてもいいか・・・

まずは、2月編。
久しぶりにお会いしたmkobayashiさんとご一緒に、
ミントさんにお勧めの上海料理に連れて行っていただきました。
濾江香満楼は東四十条から西に向かうとじきに見えてきます。
とても目だつ洋館です。

P22000031
一階の「小吃(軽食)部」に入ったのですが、大盛況。
10分ほど待ちました。

P22000041
メニュー以外においしそうな料理を実際に見て選ぶことができます。

P22000021  P22000051
美味しい上(ミントさんのお墨付き)、値段も安くて、そりゃ流行るよね!!


3月編、まずはお約束の四川料理。
今回の北京生活で四川料理を食べることが多く(レストラン数が多い)、
評判の店は確かに外れがありませんでした。

四川会館は東三環路沿いの店が有名ですが、
今回は東直門南西角の新しい店に行ってみました。
P31300011
二環路からも目だつ、吹き抜けと花火のようなシャンデリア(?)。
私の写真ではちょっとわかりにくいですが、極めてゴージャスです。
常にカジュアルな服装の私もちょっと考えるぐらいです。
俏江南の一般的な支店だと、全然勝ち目ありません。
そして、サービスがとても丁寧です。

P31300021 P31300031  P31300051 P3130004
他に「麻婆豆腐」や「回鍋肉」などの定番も食べましたが、
どれもおいしいーーーー
「タンタン麺」は見た目ほど辛くなく、パクパク食べられます。
しかも、豪華さ・サービスの良さのわりには高くありません。


次は貴州料理。
貴州料理と言えば、貴州省駐在事務所で食べた「折耳根」が忘れられません。
知らないから食べられた、貴重な体験でした。
今回はあまり無理をしても仕方ないので、頼んでいません。

P32000031
「三ヶ貴州人」は何店も支店がある人気のレストラン。
私達が訪れたのは工人体育場店、内装などはふつーーです。

P32000011 P32000051
この2品は、口コミサイトでも推薦されている名物料理。
上は「米豆腐」。ただ、豆腐というよりは寒天の歯ごたえです。
かなり辛い味付け。
下は「火焔牛肉」。一見辛そうですが、他の料理が辛いため、
箸休めになるぐらいでした。

P32000041_2 P32000061_2
これらは名前をわすれてしまったのですが、見てのとおりめっちゃおいしい!!
春雨の料理はかなり辛いですが、やめられない・とまらない!!
下のコロッケ風は、カボチャコロッケのようなものです。
ここの店は「小吃(スナック)」が豊富で、食べたいものがたくさんありました。
ずっと気になっていたレストランだったので、
行くことができてとっても満足です。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年7月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ