« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

シンガポール動物園&ナイトサファリ

シンガポールといえば、この2箇所でしょ!?!
少なくとも私の中では・・・

まずは、2日の夜にナイトサファリに行きました。
世界的に珍しいですよね、日没後開園する動物園。
ですが、一般の動物園にいる動物達もその多くは夜行性だといいます。
本来の活動の様子を見られる貴重な場所です。

みさこのさんに理想的な楽しみ方を聞いていたにもかかわらず、
少し出遅れてしまったせいで、日本語のトラム(要予約)に乗った後、
トレイルを歩いただけで帰ってきてしまいました。
円形シアターで行なわれる動物のショーも大変面白いらしいので、
トラム・ショー・トレイルからの見学を上手に組み合わせるべきです。
次回への教訓にしよっと!?

Imgp20711 Imgp20731
上が、スナドリネコ、下がシマハイエナです。
あわわ、写真が・・・撮影に大変厳しい環境です。
動物の展示場所に照明はあるのですが、50ルクスぐらいだそうです。
これらの写真は修正ソフトで相当明るくしました。
実際はこんなによく見えません。

Imgp20781
あれ、夜間は活発に活動しているはずなんですけど・・・
午前0時まで営業しているんですけど・・・


4日は朝から張り切って!「シンガポール動物園」!!
Imgp2113
Imgp2118
コツメカワウソさんも朝からはりきって餌をねだっています。
でも、いくらねだられても、持ってきたお菓子をあげてはいけません。

Imgp21521 Imgp21351 Imgp21891
上から、ピグミーカバ、ホワイトタイガー、マントヒヒです。
暑ささえ何とか乗り切れば、緑が豊かな園内を歩いて、
伸び伸びしている動物をゆっくり観察し、
慌しい日常を忘れて、一日中楽しく過ごすことができます。
私にとっては、「楽園」でございます。

そして、今回の旅行、最大のイベントが・・・

P1040055
オランウータン!!!

Imgp2212 Imgp2216
動物園のHPによると、25人が暮しているそうです。
本物の森には遠く及ばないものの、檻で暮している人たちに比べれば、
ずっと広い居住環境が確保されています。
面積が広いだけでなく、高い木々が生い茂っていて、
枝をつたって木から木へと渡り歩く様子が見られます。

Imgp22341
男には、こんな気分のときもあるのさ・・・


Imgp22771_2 Imgp22461

色々な年齢の人がいて、1時間いても見飽きません。
そうしているうちに、本日一番のお楽しみ(まだあったのか!?)の時間です。

Imgp23072 Imgp23261
Imgp23242 Imgp2313
11時半から5人のみなさんはお食事タイム。
その間にオランウータンについての説明があり、
続いて彼らと一緒に記念写真を撮ることができます。
至福のひと時でした・・・

Imgp2353 Imgp23592
いやあ、動物園は楽しいですね!!
すっかり、動物園で今回の旅行の満足度「100%」になっています。
でも、他の日も毎日楽しくて、羽を伸ばすことができました。

シンガポール・食事と・・・

今回の旅行の目的の一つは老朋友(古くからの友達)の
みさこのさんとの再会。
4・5年ぶり(?台北に行かれてから会ってないと思うんだけど)なのですが、
全然変わっていらっしゃらなかったです。

お昼は私の希望で「海南鶏飯」
北京で「鶏飯」を頼んでも「???」なことばかりなので、
本場の味を知りたかったのだ。
みさこのさんの評価では「鶏肉は普通(おいしい)だが、ライスが抜群!」の
「文東記」へ。

P1030040
River Valley Roadのこの店は観光客が多く、他の支店よりはきれい、とのこと。

P1030039_5
写真で見ると、実にシンプルな料理ですが、
「ほんと、うんめぇーーー!!」
まず、鶏肉が全然違いますよ、北京のとは。
ちゃんとジューシーで、味が濃い。
さらに、ライスが・・・おいしすぎる。
チキンスープで炊いてあり、ほんのり生姜が効いている。
みさこのさんがテイクアウトの際多めにライスを頼む、
とおっしゃっていましたが、5人分ぐらい北京に持ち帰りたかったよ!

P1030049_4
3時には、ニーアンシティ・高島屋のローヤルコペンハーゲンティールームで、
お茶を頂いたんざます!
食器、こんなにそろえてみたいですね・・・とても優雅な気分。
スコーン、美味しかったですよ。


ところで、今日最大の目的は・・・実はこちらだったんですよ。

P10300481
ほええぇーー、かわいいです、「梅吉様」!!
(アビシニアン・9歳でございます)
みさこのさんの愛猫でございます。
久しぶりにお会いできて、うれしかったよーーー
(梅ちゃんには単に迷惑な客だったでしょうが)
みさこのさんの愛情と餌で、ずっと元気にしているんだよ!!

最後になってしまいましたが、
一日おつき合い頂き、次々と希望の場所に連れて行ってくださり、
ご自宅にまでお邪魔させてくださったみさこのさん、「非常感謝!」


追記: たいした事じゃないけど・・・シンガポールの日本料理おいしかった!!
2軒しか行ってませんが、両方よかったです。
「厨(KURIYA)」はホテルがあるラッフルズシティの地下1Fにあります。
て・手打ち蕎麦が、感動の美味しさ!!
北京の手打ち蕎麦とは比べものになりません。

もう一軒は、「東京和食 さん」
チャイムスの中にあります。
釜飯など料理が美味しいのはもちろん、
とてもモダンな内装がチャイムスの古さとは対照的です。

ただ、シンガポールのレストランに関して言えるのは、
「高い」(北京と比べれば当然ですが)。
一品ごとが高いのに加えて、サービス料(大概10%?)と税金(7%)が
加わるのが痛い・・・
よく味わっていただくしかありませね。

新年@シンガポール(風景・スナップ編)

2日の午前中、つらい思い(もうやだ、船)をしてシンガポールに到着。
宿泊先は「スイソテル スタンフォード」
いくつか選択肢があったのですが、客室からの眺めが素晴らしい、
シティ・リンク(地下鉄)の駅と直結している、
敷地内にショッピングモールがあるなどの理由から選びました。

主題から外れますが、ホテルに向かう時など滞在中何度かタクシーに乗りました。
シンガポールではタクシーでもめたり、いやな思いをせずに済むのはうらやましい。
そして結構古い車輌でも、ドアの開け閉めのたびに埃の入る北京よりは、
ずっときれい・・・

Imgp20521 Imgp20531
39階、南向きの客室からの眺め。
歴史的建造物と、シェントンウェイの超高層ビル群、
ボート・キー(ウォーターフロントのバー街=三里屯)なども見えます。
下の写真はセント・アンドリュース教会

Imgp20631
望遠でぐぐっ!と寄れば、マーライオンも写せます。
(この写真では左側に小さくしか写ってませんが)

Imgp20592
最高裁判所とシティホール旧国会議事堂、ボート・キー


今回建築物はあんまりちゃんと撮影していないのだが、
(他にを入れるところがあったので!!)
とても気に入った建物があった、それが「チャイムス」
ホテルのある「ラッフルズシティ」の北隣。
Imgp20361  Imgp20481 Imgp20441
ははは、たまには写り込んでみました。
元は修道院なので、礼拝堂で結婚式ができます。
とても繊細かつ優美な建築です。


Imgp20381
中庭を囲む建物にはカフェやレストラン、ショップが入っていて、
暑くない時は、中庭を眺めながらの一休みが気持ちよさそう。


ところで、日中の風景もなかなか素敵ですが・・・

Imgp21041 Imgp21051
夜景を見るために、このホテルを予約したようなものですから。
三脚を使わないてきとーな撮影でもこれぐらいは写ります。

Imgp20942 Imgp20952
こちらは夜の「チャイムス」。
辛うじてクリスマスデコレーションも残っていて、
華やかでもあり、幻想的な雰囲気でもありました。

北京よりは小さな街かもしれませんが、
いろいろな文化と時代が混在していて、
ゆっくり見て歩けば、多くの発見ができそうです。
さらに、歴史的建造物のほとんどが近くから写真を撮れるのがよい!
(北京は見習うべきであります!!)

訂正:公開時、「クラーク・キー」と書いていた場所は、
「ボート・キー」の間違いでした。
みさこのさん、ありがとうございました。

年末年始@ビンタン島

すっかり明けてしまって、おめでとうございます。
新年からこんな調子ですが、よろしくお願い致します。

12/30-1/4の間、北京を脱出しました。
飛行機に乗って約6時間、シンガポールに到着、
すぐにフェリーターミナルに向かい、
船に揺られて1時間、目的地インドネシア領のビンタン島に到着。

複数の友人から「この時期はフェリーが揺れるので、船酔い止めを飲むべきだ」
との忠告を頂き、ちゃんと飲んだのですが・・・かなり揺れました。
ずーーーっと目をつぶっていたのですが、つらかった・・・
シンガポールに戻る際は更にひどく揺れました。
生唾と脂汗がどっと出ました。
辛うじて、体内逆流せずにすみました。
当分、船には乗りたくありません・・・


Pc310004
つらい思いをした甲斐がありました。
「夏だぞぉーーー!!」

Imgp20231 Imgp2027

宿泊したホテルは「アンサナ リゾート&スパ ビンタン」。
敷地内の植物はとてもきれいに手入れされている。
池には小魚やトンボもいた。

Pc310012
あ!オオトカゲ(正式名は知らない)も出没。
ただ、体の大きさのわりには案外臆病。
触ろうと思ったら、逃げられました。

Imgp2032
ちょっとこの写真ではわかりにくいが、波が高く遊泳禁止。
さらに風も非常に強く、海岸に水着で長時間いると風邪を引きそう。
私達もプールサイドでごろごろしただけ。
これらの写真を撮った12/31は日中辛うじて晴れていたのですが、
翌日元旦は曇りのち小雨となってしまいました。

ビンタン島に滞在した3泊は、ひたすらぐーたらすごしました。
北京で縮んでいた皮膚や髪の毛や気持ちも、だらーーと伸びました。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ