« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

蘇州園@神戸

長らくブログの更新が滞っておりました。
9月末から国慶節の期間中、一時帰国しておりました。

大阪と神戸を往復する日々でした。

9/28は神戸在住のみかんさんが、
「蘇州園」という素敵なレストランに連れて行ってくださいました。

070928_soshuen_001 070928_soshuen_0031 070928_soshuen_004
圧倒されて、言葉がございません・・・
かっこいい・おしゃれ、です。

070928_soshuen_0051 070928_soshuen_0061 070928_soshuen_0071
ランチが頂ける場所は、建て増ししたテラスルームですが、
これまたおしゃれーでして、マダームだらけでございました。
お食事はもちろん、前菜からデザートまでおいしかったです。
人気があって当然です!!
この雰囲気と味が、北京にあったらいいのにねぇ・・・

070928_soshuen_008
食後、立派な日本庭園をお散歩。
その中にチャペルがあって、ちょうど結婚式がとり行われていました。
レストランの2階では、二次会出席のお客さんが待っていました。

070928_soshuen_010
「蘇州園」から南東へ10分ほど歩いて、「香雪美術館」に到着。
  お茶の心得の全くない私ですが、「茶入・棗の名品」展を見学して、
久しぶりに「日本の美」を楽しみました。

みかんさんのおかげで、大変おいしく、気持ちのいい半日が過ごせました。
少し暑さが残っていましたが、木陰は涼しくて、
久しぶりの坂の上り下りも苦にはなりませんでした。
みかんさんに改めて「非常感謝!!」

中秋灯会@龍潭公園

北京ニーハオで中秋節(9/25)の灯会が市内各地で行われていると書かれていたので、
春節の廟会に行ったことのある、龍潭公園に行ってみた。

Imgp17181

Imgp17241

北門を入ると、どどーーんとこの極彩色の燈籠(というには大きすぎ?)が、
目に飛び込んでくる。
黒い影のような人形などは動くようになっている。
ちなみに、ボートを借りて近づくことも可能。

Imgp17331

Imgp17621
縁日と言えば、屋台ですねぇーー
晩ご飯食べて行ったので、買いませんけど。
少々気が早いようだが、「タンフールー(果物を飴で固めて串に刺したもの)」もよく見かけた。

Imgp17441
食べもの以外の夜店は、なぜかピカピカ光る角(?!)や
アクセサリーが大流行。
こういう、伝統的な品を売る店はとても少ない。
縁日・夜店の情緒が感じられるのはこちらなんですけどねぇ・・・

Imgp17701
わあい、実際に影絵劇もやっていました。
美術館で見るよりは、ずっとわくわくします!!

Imgp17541
こういった伝統的な燈籠に混じって・・・

Imgp17831

Imgp17791
オリンピック関連の燈籠も登場。
シンクロナイズドスイミングはちょっと???

Imgp17891
水上の燈籠以外に、陸上にも多種多様な燈籠が飾られ、
ルミナリエ風?のアーケードもあります。

夜風に吹かれてぶらぶら、気持ちよく出かけられるのは、
この灯会が開催されている期間中まででしょうか?
夏の終わり、短い秋を実感しました。

フラワーアレンジメント第42回

今日は先週のrikuさんのクラスに参加した人がいないので、
同じテーマ「パラレル」を作ったはずなのですが・・・

070920_flower42_0111

あれ?私ひとりだけ、テーマが変わってるよ?!
「林」とか「森」?!
(だいたい、そんなカテゴリあるのか)

スッキリした形を作るのが苦手です。
それと、形をずっとイメージしておくことができていません。
ブログで宣言しておこう。
「形をきちんと作るぞ!!」
「生けすぎはやめるぞ!!」


独り言はさておき、今回使った花材で珍しかったのは、
「オンシジウム・シャーリーベイビー‘スィートフレグランス’」
名前にあるとおり、とっても甘い(チョコレートぽい?)香りがします。
花自体は小さくて、地味なので、
(写真では、真中のほうに赤っぽく写ってますが、わかりにくいですね)
香りで存在を主張しているのかな?

草場地芸術区

9月に入ってから、記事が全然アップできておりません・・・
なんかばたばたしておりまして・・・

9日(日)に大山子芸術区よりさらに北東にある、
「草場地芸術区」に行ってきました。
この芸術区で(多分)一番有名な「PLATFORM CHINA」をまずは見学。
(経営が大山子の「798Project Space」と同じ)

070902_caochangdi_001 070902_caochangdi_002
たまたま新しい作品展が始まったところで、
関係者や招待客(?)が出入りしていました。

作品が私には?だったのと、
まだ、展示が完成していない???状態だったので、
本来はどんな雰囲気のギャラリーなのかがわかりません。
ただ798に似たような、だだっぴろい、倉庫のようなイメージが残りました。
ギャラリー自体に個性がないほうが、作品が映えるのでしょうか。

070902_caochangdi_007
これは、「プラットフォーム」のすぐ隣りの、「F2ギャラリー」。
四合院に似せたつくりで、敷地内に「F2ギャラリー」と
「courtyard」というギャラリーがあります。
中庭がなかなかきれいで、もう少し涼しければ、木陰で一休みしたいところ。

そして、向かい側の「三影堂撮影芸術中心」へ。

070902_caochangdi_015  070902_caochangdi_009 070902_caochangdi_010
敷地の内外とも中世の城?長城?のようなつくり。

070902_caochangdi_0111 070902_caochangdi_013
写真ギャラリーは「798Photo Gallery」ぐらいしか知らないのですが、
「798」をずっと大きくした(3・4倍くらい)ような立派さ。
このギャラリーの開幕展だったこともあってか、
作品も実験的な、面白いものがそろっていました。
展示スペースも適度に変化がつけてあって、
「こちらにいくと、何があるのだろう」と先に進むのが楽しくなります。

立ち寄らなかったのですが、カフェや図書室もあるらしく、
半日ぐらいゆっくり過ごせそうです。
もう少し、わが家から行きやすければいいのですが・・・

「プラットフォーム」周辺のギャラリーは見終わったのだが、
次はどちらに行けばいいの???
全然検討がつかないので、タクシーに乗っているときに見かけた、
「三尚藝術」に向かいました。
(機場輔路沿いにあります)

070902_caochangdi_019 070902_caochangdi_0181
これは「三尚藝術」のすぐ近くにあった「婆羅花館北京館」

070902_caochangdi_025_2 070902_caochangdi_0211
こちらが「三尚藝術」。
杭州・上海にもギャラリーがあるらしく、
だからか、建物及び作品が立派、というか風格があるというか・・・
お姉さんがいろいろ説明してくれたのは、
(30%も理解できなかったです、ごめんね)
結構購入する人がいるのかな、と思いました。

6・7箇所見て回ったのですが、
あるギャラリーのかたまりから、別のかたまりへ行くのに、
かなり歩かなくてはなりません。
大山子も広いのですが、それでもここに比べれば、
ギャラリーが集中してある、という印象を受けます。
何となく行くと、とても疲れると思いますので、
(真夏と真冬は非常に辛そう、カフェなどは望めない)
気になる作品展がある時に行くことをお勧めします。

「芸術北京」というサイトを見つけました、参考になりますかね?
ギャラリーがABC順でないのが困るのですが・・・)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ