« Cepe@ザ・リッツ・カールトン北京 | トップページ | フラワーアレンジメント第34回 »

お花見ツアー

「今行かなくっちゃ、満開の桜を見そびれてしまう!」ということで、
rikuさんとお花見に北京植物園に出かけました。

Imgp08901  Imgp09041

植物園に行く途中でも、園内でも白い花を樹いっぱいにつけている、
「山桃(中国語名)」を見かけたのですが、
これはラテン語名「Prunus davidiana Franch」といって、
日本の赤い実が取れる「山桃」とは違い、桜や桃の一種で、
「ノモモ」というのが日本語名のようですね。

Imgp08941

黄色の固まりは、下が黄梅で上がレンギョウです。
この写真が特別なのではなく、黄梅は道の脇で生い茂っていました。
レンギョウも各種あちこちに植えてあります。 

Imgp09111

見事な「木蓮・こぶし」の庭園があります。
量が圧倒的で、見事としか言いようがありません。

Imgp09271 Imgp09281

最初の写真が「辛夷(こぶし)」で2枚目が「白木蓮」ですかね・・・
美しい深いピンク色の「木蓮」もあったのですが、
まだ咲き始めたところでした。

【追記】
waiwaiさんから「辛夷」の写真の方は、
花の傍らに葉が一枚ついていないことから、
「タムシバ」ではないかと教えていただきました。
写真を拡大して確認したのですが、
どこにも葉は出ていないので、
「タムシバ」が正解だと思われます。
waiwaiさん、ありがとうございます!!

Imgp09171

植物園の一番奥に「臥仏寺」があります。
仏様は思っていたより、小さかったです。
境内に立派な銀杏があって、
まだちいちゃーな葉っぱがつき始めたところでした。

植物園には他にも「目玉」の施設があって、
「温室」もそうなのでしょうが、
それよりきょーれつなインパクトを与えるのは・・・

Imgp09261

みつばちブンブン・ぶんぶん・・・
きれいに咲いているな・・・と思って顔を近づけると、
蜜蜂と衝突事故を起こしそうになります。
満開の樹には、花と同じ数だけ蜜蜂がいるような状態です。

070409_zhiwuyuan_009

園内に「蜜蜂研究所」があって、蜜蜂についての展示や、
蜜を使った製品を販売しています。
展示はかなーーり古いのですが、勉強にはなります。
売店では、蜂蜜の飴(かなり薬っぽい味)と石鹸を買いました。

Imgp0931  Imgp0932

はちさんの集合住宅とその玄関付近・・・
私は蜂がとっても苦手なので、決死の撮影でした。
(蜜蜂はまだ攻撃的ではないので、我慢できました)

Imgp09361

この花は大変いい香りがします。
中国語名は「郁香忍冬」というきれいな名前で、
ラテン語名は「Lonicera fragrantissima」と言って、
「スイカズラ属」だそうです。
通りかかる人が全員「いい香りだーー」と言ってました。

Imgp09471

「梅園」には多種多様な梅(及び桃)が植えられていて、
ちょうど見ごろでした。
この花は「淡豊後梅」といって、淡いピンクと、
ぷっくりしたつぼみがとてもかわいいです。

Imgp09411

周りの山々にも花が咲いて、
あわーーいピンク色がまだ枯れ木色の山を
明るくしています。
植物園をある程度見たところで、
「やっぱり桜も見よう」ということになりました。
タクシーに乗って、「玉淵潭公園」へ。

Imgp09561  Imgp09611

一枚目の写真は「大山桜(エゾベニサクラ)」のようですね。
あまり見たことがなく、先週は咲いていなかったので、
来てよかったです!!
先週の月曜日より桜は咲いていて、
ちょうど満開、一部の樹は散り始めていて、
桜吹雪もきれいでした。
そして、平日にもかかわらず先週よりずっと人手が多い!!

Imgp09631

桜もしっかり楽しんで、帰路へ。
我ながら、よく歩きました・・・

〔追記〕 今回はいくつか、名札をカメラに記録していたので、
ちょっと真面目にラテン語名から花の名前を調べてみました。
花の種類について調べてみるのも楽しいですね。
「親戚にこんな花があるんだ・・・」と興味がわきます。
(なかなか覚えるのは難しいですが)
毎回は調べる自信はないけれど、
興味のある花に名札がある場合は、できるだけ調べてみようと思います。

« Cepe@ザ・リッツ・カールトン北京 | トップページ | フラワーアレンジメント第34回 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

植物園(どこの植物園ですか?)の花々、興味深く拝見しました。
コブシとされてるのは、もしかしたらタムシバかも。
コブシには、花の傍に1枚、葉がついてることが多いのですが、お写真からはそれが確認できませんでした。

「郁香忍冬」、香りをかいで見たいです。
スイカズラの仲間なら、花の色はだんだん黄色に変化するのでしょうか。


waiwaiさん、おいでやすーーー
植物園は「北京植物園」といいます。
多分大学附属、などを除くと、
ここ以外に北京に大きな植物園はないと思います。

そして、「タムシバ」!!!
初耳です、調べてみました!!
ご指摘いただいたとおり、この木には葉がついていません。
「タムシバ」なんですね。

「郁香忍冬」、花の色を私が撮った写真で確かめようとしたのですが、
どうも、白(アイボリー)の花しか写ってなくて・・・
「郁香忍冬」はスイカズラとも花が違うようですし、
鶯神楽とは花の色も違いますし、
ああ、花の世界は奥ふかーーいんですね。

今後もちょっとづつ調べようと思いますが、
気になる点がありましたら、
ぜひぜひ教えてください!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/14674508

この記事へのトラックバック一覧です: お花見ツアー:

« Cepe@ザ・リッツ・カールトン北京 | トップページ | フラワーアレンジメント第34回 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ