« 四川料理の基礎の基礎 | トップページ | 春も中山公園 »

櫻花文化展在玉淵潭

北京で桜といえば、玉淵潭公園。
既に桜祭りが開催されているということで、慌てて行ってきた。

Imgp07761

軍事博物館駅で降りて、南門から入場。
とても気持ちがいい青空、写真日和!!なのだが、
実は風がとても強くて、ダウンを着ずにいられないぐらい、体感温度が低い。

Imgp07781

多少寒かろうと、入場料が10元だろうと、
公園に来たからには楽しまなくては!!

Imgp07921  Imgp08011

この公園に多いのは「大山桜」(別名 紅山桜)らしいが、
花びらが薄紅色の桜は見かけなかったような・・・少し早かったかも。
他に多いのは、「山桜」と「染井吉野」とのこと。
・・・が、自分で撮影したものを改めて見ても、
どれが桜で、どれが桃なのかがよくわからない・・・
上の2枚は桜だと思ったのだが???

Imgp08131  Imgp08101

これは黄梅と桃。
と、偉そうに書いたものの、黄梅は今色々調べていて、
レンギョウとの違いをようやく理解したところ。
(共通点は黄色くて、春早い時期に咲くことぐらい)
「万寿公園」の記事でレンギョウのつもりで載せた写真は、
実は「黄梅」だったことに今気づいたからです。
(あちらも修正を追記しました)

黄梅の別名は「迎春花」。
レンギョウや黄梅を見かけると、他の花も次々咲き始め、
確かに春を呼び込んでくれるようである。

桃の花の特徴は、枝に沿ってびっしり花をつけるとのこと。
だと、これが「桃」というのは正解だと思うのだが。
そして、写真としてはごちゃごちゃしていると思うのだが、
気に入っているので、載せるのだ。

Imgp08291_2  Imgp08151_1

この記事を書こうとして色々調べてこんがらがっているが、
写真を撮りながら歩いている時は、ただひたすら楽しんでいた。
見ているときは、桜でも桃でも構わないや。
周りの人たちも幸せそうで、私も幸せな気分でした。

« 四川料理の基礎の基礎 | トップページ | 春も中山公園 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/14504404

この記事へのトラックバック一覧です: 櫻花文化展在玉淵潭:

« 四川料理の基礎の基礎 | トップページ | 春も中山公園 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ