« 話題のレストランの隣 | トップページ | 博物館巡り~天安門周辺 »

大柵欄界隈

前門の大通りの全面的改修(取り壊し)が進んでいることは知っていたが、
ある方のブログを拝見して、今行かないと見られなくなる風景が多いかも、
と思い立ち、天気が悪くて少し涼しい今日行ってみることにした。

いつもなら人通りが鬱陶しくて通らない、前門大街のすぐ西に沿ってある
「珠宝市街」を歩く。
Imgp77931 Imgp77941
珠宝市街のほとんどの店はトタン板に覆われて、既に営業停止。
右の有名なシルク店は店の移動の告知を見せるためか、
すぐ傍まで入って写真を撮ることができました。

Imgp77981 Imgp78031
取り壊しはすぐ裏にまで近づいている。
まだ営業している店も写真にあるとおり
「取り壊しのためセール中、最後の2日だよ、
チャンスを逃がさないでね」(こんな感じか?)
と皆セールをしている、口実かもしれないけどね。

Imgp7808 Imgp7810
それでも、まだ住んでいたり、買い物に来る人はいるみたい。
右の写真は「北京の寅さん」2名。
が、本物のプロフェッショナルは怖い。
写真をこれ以上撮ろうとしたら、笑いながら「しっ、しっ」とされた。
もちろん、目の奥は笑っていない。
従って、載せてみた(おいおい・・・)

大柵欄を西へ西へと歩く。
何度か来たことがあるが、いつも「張一元」で買い物をしてUターンするので、
初めて目にする光景である。
Imgp78141 Imgp78191
大柵欄は取り壊しをしないのか、昔の建物が残っている。
右は「大観楼」という映画館で、ちゃんと読んでいないのだが、
門の脇には「中国における映画の発祥地」となっている。

Imgp78201 Imgp78221
二十世紀前半の映画の数々だろうか、
中国映画は全く知らないが、古い映画が好きな私にはなんだか面白そうである。

Imgp78281 Imgp78301
Imgp78311
この映画館から西は「大柵欄西街」と住所名が変わるが、
古い建物が入り混じる、庶民的な商店街の風景が続く。

そして「鉄樹斜街」にはいると、典型的な胡同の光景になる。
こうなると、通行人はご近所さんがほとんどなので、
カメラを出すのがはばかられる。
が、意外に欧米人(バックパッカー)が西からどんどん歩いてくる。
近くに安いホテルがある様子。

Imgp78321
唯一撮った写真がこれ。
とても蒸し暑いのに(だからこそ)、じっとしています。
「元気でがんばるんだよ」心の中で一杯応援しました。

今日行ったところは、私にとってなじみの光景がまだまだ残っていた。
大柵欄はわさわさしているし、歩いている人も商店も垢抜けしなくて、
のんきーーな感じがする。
胡同は軒先に椅子を出している老人がいたり、
市場で買い物の人が行き交い、
何か掛け声をかけながら、自転車で引くリヤカーがゆっくり走り抜ける。
前にも書いたが、勝手な外国人の考えとしては、
これらこそ北京らしい風景なので、いつまでも残してほしいなあと思ってしまう。

« 話題のレストランの隣 | トップページ | 博物館巡り~天安門周辺 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

えっ。
まさに私も昨日でかけました、そのエリア。
面白いものを探しにいったのに、
カメラを出す勇気がなく、写真は1枚も撮っていません。。。

Kさん、おやや!!
午前中だったんですけど!?
私は観光客が多いところは写真を撮ったのですが、
本文にも書きましたが、胡同では撮れませんでした。
古い建物はできるだけ撮るようにしていますが、
普通の街の光景は自分の目だけで、記憶にとどめておこうと思います。

早速行かれたんですね、行動が早い!
大柵欄西街周辺の胡同もそのうち壊されるんでしょうね。
私も以前、欧米人のバックパッカー以外に中国人の胡同研究家?みたいな人を見かけました。
大学生風の若い男女3人組で、持ってた地図には一軒一軒印がしてあり、それに沿って写真を撮ってました。
学生時代を思い出して?懐かしさ半分、拒否反応半分(笑)

これこれ、このロバがスイカのいっぱい乗った重いリヤカーみたいのを引いているのが北京よねー。
やっぱりロバはみんなのトラック。 いいね。
がんばれよー!って私も言う!

nobu#1さん、いいところのご紹介ありがとうございました。
街中取り壊しの前に行かなくちゃいけないところが多すぎる!
いいなあ、胡同とか古い建物の研究。
私がもっと真面目で賢かったら、東大の建築学部(!!)にでも入って、フィールドワークやってみたかった。
でも、きっと地道で大変なんですよね。

みさこのさん、すみませんがこの子は馬です。
足が長いでしょ。
多分3環内は馬車の走行は禁止だと思うのですが、
朝早ーーくに郊外からこの山盛りの西瓜を引いてやってきたんでしょうね。
ちょっぴり悲しい目をしていました・・・

こんにちは。去年夏にリド付近に滞在した折に、何度かブログに足跡を残させて頂きました。
今夏も北京に行くので、もし機会があれば(北京太太 お買い物ツアー)などの御相伴に預かりたいなと図々しく思ってます。 笑
前門って、他の方も書いていらっしゃいますがカメラを出すのが憚られるんですよねー。ナンカ ワカリマス。
あの下町は私も好きで、一人でずんずん歩きました。
ものすっごい悲惨な乞食に遭遇したり、あっ、これから先に入り込むのは、ちょっとヤバイかなー、なんて。
取り壊しですか。老舗はさすがに残すのでしょうが、あの(ちょっと治安わるそー)みたいのが前門の魅力だったのにな。

みかんさん、ご無沙汰しております。
夏にいらっしゃるんですね、おつかれさまです。
紫外線対策をお持ちください。
お時間ができたら、ご連絡ください。
前門は猥雑な感じが魅力なのですが、
再開発後は王府井みたいになっちゃうかもしれませんね。

お疲れさまです!というコメントありがとうございます。
確かに。あの!北京の紫外線!!
それでも関西のジメジメ暑さに比べたらマシかと思ってますが・・・・・・どうでしょう・・(自身なし・・)
一度もお遭いした事がなく、こういったある意味無法地帯のコメントに対して返答ありがとうございます。
去年北京滞在の折にリド付近の情報はかなり重宝しました。
一時帰国なさらないんでしたら、賞味期限の少ない嗜好品持込しますよー。御要望下さい。(にっこり)

私も先月義父を連れて大柵欄西街まで入りましたが
ドキドキしちゃってそのまた奥までは入れませんでした。
馬を励ますhon-neko家内さんの様子が目に浮かびます!

みかんさん、紫外線が痛いのと、蒸し風呂とどちらがいいかというと・・・
どっちもどっちですよね。
最近も月一度ぐらいはリド方面に行くのですが、
ゆっくり周辺を散策する時間がなくて、残念です。

yuukiさん、西街より向こうでも欧米人よりは街になじんでいると思いますので、
通りを歩いている分は大丈夫だと思いますよ。
小道はちょっと入らないほうがいいと思いますが。

大柵欄から西街を経てまっすぐ進むと二股に別れ、左に進むと櫻桃斜街を経て大きな南新華街の交差点に出ます。
その直前に四合院造りのユースホステルがあり、レストランでは宿泊客でなくても食事ができました。
二股を右に進むとゲストハウスがあり、ここも民国時代からの名残ある旅館です。
西街から西に向かって途中を右に曲がると琉璃厰につづくので観光客も多く、かつて色町だった頃の名残ある西洋風の建物が多く残されています。
ただ道が細いので写真が撮りづらいのが難点。
広角レンズを持っていくといいです。

nobu#1さん、詳しい解説ありがとうございます。ユースホステルや、ゲストハウスは確認していませんでした。
「鉄樹斜街」の途中で「櫻桃斜街」にも行ってみたのですが、
ふつーの胡同だと思って、鉄樹斜街に戻ってしまいました。
また、「琉璃厰」にも行けるな、と地図上では確認していたのですが、
観光客が多そうで避けてしまいました。
洋風建築があるなら、絶対行かねば!!

記憶が錯乱しててごめんなさい。
鉄樹斜街をそのまま進むとユースホステルでした。
そして「櫻桃斜街」から北に折れると琉璃厰まで続きます。
この周辺の歴史や洋館建築のことをまとめてらっしゃるHPがあります。
勝手にリンクを貼るのはどうかと思い、「大柵欄 遊郭 洋館」のキーワードで検索するとヒットします。
私もその方の地図を参考に歩いてみました。

追加、訂正;櫻桃斜街から琉璃厰に続く道ではなく大柵欄西街~櫻桃斜街の一つ北にあたる「楊梅竹斜街」に洋風建築が点在していました。
先に紹介したHPにも載っていないところです。
ただメチャジモティです。小心一点儿去!

nobu#1さん、詳しく説明していただくと、ますます行きたくなります。
あの辺りは、何本も似たような胡同が並んでいますね。
「鉄樹」や「櫻桃」もかなりジモティですが、よりジモティなんですね。
さすがにカメラは出せないかもしれませんが、歩くだけ歩いてみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/10715770

この記事へのトラックバック一覧です: 大柵欄界隈:

« 話題のレストランの隣 | トップページ | 博物館巡り~天安門周辺 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ