« フラワーアレンジメント第19回 | トップページ | 縁は異なもの、味なもの »

曇った休日のすごし方

新緑が陽光に輝き、一年中で一番きれいな季節のはずなのだが、
毎日毎日どんよ~~りした天気が続く。
気分もどんよ~りして、濁ってくる・・・

昨日はぼっさーーとすごして、夜日本料理店「霊泉」へ。
北京で手打ち蕎麦が食べられる(多分)唯一の店とのこと。
060521_meishuguan_001060521_meishuguan_003
久しぶりに食べた手打ち蕎麦。
他に手打ち蕎麦があればいろいろ言えるのかもしれないが、
まずはシコッ、つるっとして、おいしい。
蕎麦以外の売りは、炉端焼き。
これまた私は炉端焼きに詳しくないので、普通においしい。

日曜日は午後から中国美術館へ、楽しみにしていた写真展を見に行く。
060501_meishuguan_002_1
あー、この写真は5/1に撮ったものです。
なにせ今日はどんよーーり濁った空ですから。
これを撮ったときは、「中国におけるロシア年」の記念展覧会として、
トレチャコフ美術館(ロシア美術専門)の名作展が行われていた。
また「バカラ」が、二十世紀初頭頃のゴージャスこの上ないシャンデリアや、
今すぐ手に入りそうなグラスなど多種多様な作品を展示して、
巨大市場・中国へのプロモーション中(!?)。

私が見たかったのは「ブラッサイ・夜のパリ」展。
特に有名なのは、アンダーグラウンドの人々を撮った作品。
今となっては珍しくない主題ではあるが、
それでも被写体のふてぶてしいまでの存在感や、誇り高さが
見る人に強烈なインパクトを与え、
それが名作といわれる由縁だなと思う。
また、夜中や夜明けに黙々と働く人々の姿もとても重みがあり、美しく感じる。

1930年代のパリも、現在の北京も東京も、
建物や人々のファッションなど、一見大きく違うように見えて、
大都市を基本的に構成しているものや、
大都市特有の雰囲気はなんら変わりはないなあと思った。

他の展示は興味がなくてパスしてしまったのだが、
20元でこの写真展が見られただけでも、私にとっては大変ありがたかった。

« フラワーアレンジメント第19回 | トップページ | 縁は異なもの、味なもの »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。
「夜のパリ展」自称マメ写真家としてはちょっと気になるところです。
アンダーグラウンドな世界というのは、多くの人にとって非日常なだけに余計に視線を集めるのでしょうね。

 最近、うまい蕎麦が食べたいって思ってたので、このお店行きたいです~!!どこにあるんですか???????

ブログ、ピンクに模様替えですね。いい感じです。
美術館のサイト初めて見ましたが面白そうですね。
近いので私も今度行ってみようかなと思います。

霊泉、おいしいですよね~ 
うどん派の私ですが、おそばもええもんやなぁ~と思いました。
おそば中心かとおもいきや普通に和食メニューも充実してるし、ランチも定食で60元くらいですもんね
まだお昼しか行ったことないので、今度夜にも行ってみたいと思います^-^

やんまぁさん>
三里屯の友諠商店の前を北向きに上がって、
亮馬河沿いの道に出たら左(西向き)に100メートルくらい?(そんなにないかな?)歩いたところにありますよん!

皆様、コメントありがとうございます。

nobu#1さん、写真を本やウェブで見るのも楽しいのですが、
名作・傑作はプリントで見るのが一番いいかも。
アンダーグラウンドな人々、とても迫力ある面構えです。

やんまぁさんのおうちからあんまり遠くないです。
rikuさんの説明にもありますが、
三里屯路の一つ西の道「三里屯北小街(ジェニールーがある)」と亮馬河沿いの南側の道のぶつかったところで、
1Fがインド料理です。

yuukiさん、タクシーワンメーターで行けますね。
根性で歩けば30分かな・・・
私は中国書画には興味がないのですが、
ご主人様はお好きかもしれないし、
外国の名品の展示も多いみたいですよ。

rikuさん、私はお昼に行ってみたい。
hon-nekoは焼きとうもろこしを食べて大満足でしたが・・・

 rikuさん、hon-neko家内さんへ

そんなところに、こんなエエ店あったんですかぁ~(笑)。
日本のドラマを見てて、「うぇ~蕎麦食べたい~!!」ってずっと思ってたんです!!
いや~、今度、お店行ってきます~!!!!

やんまぁさん、ぜひ行ってきて下さい。
「おいしい!」となるか「なんだよぉーー」となるか、
レポート楽しみにしております。

おそば、発展大廈の本むら庵はなくなったの?
阿佐ヶ谷に帰ったときに、本店で堪能したよ。
本当に、北京は変わったね。
先週北京に出張に行った夫Nは、中華ばかりだった模様。
来週も行くんだよー。 
私も行きたいなぁ。

みさこのさん、発展大厦には普通にいろいろ出す日本料理店しかないので、
いつの間にかなくなっちゃったんでしょうね。
ご主人様が出張か・・・みさこのさんが名代で来てください!!
中華以外はシンガポールに全く及ばないから仕方ないかな。
ご主人様には、好物のシュワン羊肉以外に、
「水煮魚(もちろん鯰)」と「貴州鍋(これまた鯰)」を召し上がっていただきたい!!
もちろん、他の魚でもいいのだが、一押しよ!!

無性にざる蕎麦が食べたくなり今日行って来ました。
おいしゅうございました。
実は店の前もよく通ってたんですが、川に浮かぶ船のレストランばかりが気になってたんです。
で、こっち側は見落としてました。
よくぞ教えて下さった。

nobu#1さん、私も船のレストラン、かなり気になっていました。
でも、あのどぶ川の上じゃあねぇ・・・
手打ち蕎麦があるというだけで、「霊泉」の特典は高いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/10172324

この記事へのトラックバック一覧です: 曇った休日のすごし方:

« フラワーアレンジメント第19回 | トップページ | 縁は異なもの、味なもの »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ