« 東嶽廟再訪 | トップページ | フラワーアレンジメント第13回 »

人民大会堂お食事会

婦人委員会さんは今年度規模の大きな行事をいくつもなさっているが、
その最後を飾る「人民大会堂早春のお食事会」が今日開催された。

060214_dahuitang_0061060214_dahuitang_009
いかにも「早春」な、気持ちのいい天気になりました。
食事会の前に見学コースに沿って内部の見学をしました。
ちなみに大きなカバンは持ち込めず(預ける必要あり)、
入場時は空港並みのエックス線検査がある。

30名程度ごと集めてガイドが解説をしてくれるのだが、
中国語なので「ヨク、ワカリマセーーン」
060214_dahuitang_0141060214_dahuitang_0151
左は確か「湖南庁」、右は「遼寧庁」だったような???
(すみません、これは私がちゃんとメモしていないだけ)
名前どおり各地方にちなんだ室内装飾が施されており、
このように省や自治区の名前のついた会議室(応接間)が何十もある。

060214_dahuitang_0161060214_dahuitang_0171
これは「全人代」などが開かれる、1万人収容可能な「万人礼堂」。
そして、その天井に輝く「紅星」。

他、「広東庁」「四川庁」など見学して適度に運動できたところで・・・
060214_dahuitang_026060214_dahuitang_0271
「西蔵庁」にてお食事です。
部屋中が美しい絵で飾られ、午前中見学したどの部屋よりも華やかです。

お食事の前に・・・
060214_dahuitang_0291
実はお手洗いの窓から見た風景。
さすが、違うねぇ(何が?!)

060214_dahuitang_0281060214_dahuitang_0311
左は前菜が並べられたテーブル。
コップとコップの間の立てられている写真が「菜単(メニュー)」です。

お味はというと・・・正直言って「国賓級」のびっくりするような美味ではありません。
(もちろん、まずくはありません)
ですが、海鮮物が案外多く、スープ類が多かったのが特色でしょうか。
右から3番目は「鮑やなまこなども入ったスープ」、
左から4番目は「クコ入りすっぽんのスープ」でした。
右から5番目の「牛ひれのカレー煮(?)」はちょっと給食ぽかったですが、
その右側の「鶏肉とカシューナッツの炒め物」はビリビリに辛くはないものの、
おいしかったです。
一番最後は「くるみ味の豆乳」。「豆乳」ちょっと苦手です。

あとちょっと笑ってしまったのが、箸の脇に置かれているのは楊枝・・・
だと思いきや、なんとフロスピック。
とてもオーソドックスな雰囲気の中、なぜ???
幹部とか国賓の「これは、なんだ!!使いにくい!!」
という鶴の一声で、楊枝からフロスピックに変えたのかも?!

一緒のテーブルの方々とも和やかに歓談し、
とても楽しい催し物でした。
婦人委員会さんの行事にはいろいろ参加させていただきましたが、
どの行事もとてもスマートな、気遣いのある運営で、
毎回とても楽しみで、期待を裏切られることはありませんでした。
委員の皆様方に心から感謝いたします。

« 東嶽廟再訪 | トップページ | フラワーアレンジメント第13回 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわー!これはむちゃくちゃうらやましい!
一般人でもここでお食事できるのでしょうか?
行けたとしても、お高そうだけど、行ってみたいですわ~!

写真、もすごくキレイに撮れてますね!
パンダの箸置きが気になります^-^

rikuさん、これは人数集めてこそできる企画ですね。
政府系の大きな旅行社を通されているようですし、
部屋代が半端ではないと思います。
このお部屋はとても美しいですが、他の部屋よりちょっと小さいような気がします。
ただ、参加者が50数名でもこの余裕振りですので、
大きいことは大きいんです。

箸置き、ちょっと適当な顔の書き方で、
そのゆるさが逆にかわいらしかったです。

こんばんは~♪ 「人民大会堂お食事会」これまたすんばらしいところでのお食事!興味津々です!絨毯がフカフカしてそうですね。
楊枝→フロスピックって可笑しいですね。中国らしいな~。

momoronさんの駐在時には人民大会堂での食事会はなかったですか?
93年ぐらいだったのかな?
私はそのときも行ったので2回目です。
建物の規模がホテルより大きいですし、室内装飾も贅を尽くした豪華なものです。

何でフロスピックなのか、訳知りたい・・

hon-neko家内さん、前回はもしかして婦人部でお招きを受けた時でしょうか。
あの時は婦人年の催しでなかなか盛況でしたよね。
記憶が定かではありませんが、お部屋の見学もしたかしらねぇ?
どうだった?

デュークままさん、確か婦人部の行事だったと思うのです。
私の中国語の先生のS先生がガイドの通訳に来られていて、
「普段は見られない部屋も見られる」といって、
みんなでぞろぞろ見学したあと、
人数が多かったから、宴会場で食事しなかったっけ?
あの頃婦人部は10数名いましたが、
今の婦人委員会さんは6名しかいなくて、
私がご紹介しているような各種行事をなさっているのです。
すごすぎる!!

私が行ったときは食事はなかったよ。 ただただいろんな部屋を見て回った。
そして、人民大会堂が私と同い年だとわかって感激したのだった。
突貫工事でつくったにしては、ちゃんと立ってたね。

みさこのさん、思い出してくださってありがとう!!
食事はしなかったか・・・釣魚台と入り混じってますね。
あの立派な数々の柱を突貫工事で建てたのは、さすが中国!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/8664779

この記事へのトラックバック一覧です: 人民大会堂お食事会:

« 東嶽廟再訪 | トップページ | フラワーアレンジメント第13回 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ