« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

ブリッジ送別会

この3月にブリッジ同好会としては、4名もの会員を失ってしまいます。
非常に痛いです・・・
4人とも熱心な方ばかりで、
その中のお二人は会場のお世話役や会計をしてくださっていました。
4名の方々が日本でもブリッジを続けられるといいなあと思います。

今月から日本語のとても流暢なブリッジの先生に教えていただけることになり、
(今のところは月2回)
新規会員の募集を始めたところです。
そこのあなた、今が習い始めるチャンスです!!

コマーシャル、失礼いたしました。
今日は3テーブルを越えるほど集まって、大盛況。
そのまま、朝陽公園南東角にある、「北京半島明珠酒家」に行きました。
060228_junwangfu_0051060228_junwangfu_0031
このレストランの建物は「郡王府」といって、
もともと西城区にあった、清朝の王族(?)の住居です。
建物もいくつもあって、予約の部屋に行くのに玄関から2分ぐらいかかるし、
庭も素晴らしいのですが・・・
今日に限って、デジカメの充電不足。
料理もちょっとばたばたして、余裕がなく撮影できず。
なにやってるんだか。
特別な機会にしか来れないであろう場所なのに(私はね)、
大失敗です。
(ちなみに、テーブル席もあるらしいです、豪華なランチもOKよ)

久しぶりに20名近く集まり、
とても和やか、かつ楽しい雰囲気の会となりました。
どうか、次回ブリッジで全員集合のときも、
これぐらいにぎやかになりますように。

中華世紀壇

寒かったり、忙しくて疲れていたりして、週末外出することが少なかったのですが、
4/23まで「中華世紀壇」で「イタリアルネッサンス芸術展」が開催されているので
見に行ってきました。

060226_shijitan_001 060226_shijitan_0021
場所は軍事博物館と中央電視台との間に、ずずーーーっと伸びています。
一体この施設は何だと説明すればいいんですかねぇ・・・
西暦2000年に新世紀を記念して作られた、
総合展覧施設とでもいうのか・・・
一枚目の写真に写っている建物で「ルネッサンス展」を開催しているのですが、
いつものことながら、あまりに広大なので、
がらーーんと何も使われていない階もあったりします。

「ルネッサンス展」自体は結構混んでいました。
若者、特にカップルが多かった。
どこの国でも、デートに行く場所は同じですねぇ。
80点以上の絵画や工芸品などが展示されており、
ダビンチ(デッサン)、ボッティチェッリ、ラファエロなど
著名画家の作品もあります。
060226_shijitan_005
展示施設の外に出て、蜂の針みたいな部分の付け根(???)
あたりへ上ってみると・・・
060226_shijitan_004 060226_shijitan_009

060226_shijitan_0071
1枚目が南向き(画面奥が北京西駅)、
2枚目が北向き(画面奥が玉淵澤公園)
3枚目が北西向き(電視塔)です。

高いところで写真を撮って、意味なく満足して帰宅、
夜はひさーーーしぶりに「四葉」に行って(昨年夏以来)、
おいしいお寿司に大満足でした。

愉快!でした

060223_rikusan_001

この天気のような、さわやかな気分の一日でした。

やんまぁさんとともにrikuさんちにお邪魔しました。
rikuさんがトップランナーの録画を見せてくださる上に・・・

060223_rikusan_004 060223_rikusan_003

こんなごちそうまで頂戴しちゃいました!!!
(しかもトマトサラダの器は、rikuさん自作だ!!)
たこ焼きしばらく食べてなかったなぁ・・・
実はたこが売ってなくていか焼きだと、
rikuさんはめっちゃ悔しがっていたのですが、
お世辞じゃなくておいしかったよぉ!!
やんまぁさんも私も、とても幸せな顔をしていたと思うよ。

鑑賞したのは「澤田知子」さんの回。
私などとは写真の撮り方の考え方が全く違うので、
(私にどんな考え方があるのかは、とりあえず棚の上に・・・)
とっても興味深かった。
いろいろな人になりながらのセルフポートレイトなのだが、
変身願望があるというのではなく、
誰になろうと自分を撮っているのだと言う。
私は観光地での記念写真(特に動物との)しか撮らないので、
今後も自分を撮り続けると言うのが、「すごい・・・」の一言。
「森村泰昌」は絵画の世界に入り込んじゃうのですが、
どう違うんでしょ?

それはともかく(?!)、
rikuさん、やんまぁさんに会えて、
心がくつろげたわぁーー
「気分は関西」でした。
あ、上の2名の芸術家も関西人なのだった。

古本市

昨日、今日の2日間にわたって、日本人会図書室隣の会議室において、
古本市が開催されました。
これは図書室の蔵書(ほとんどが会員からの寄贈)の中で、
だぶっているものや多少状態の悪いものを放出するものです。
その際、利用者から募金を頂戴し、
全額、日本人会で集めている募金に加えられます。

060218_furuhonichi_002_2
昨年9月の秋まつり以来の古本市なので、本は売るほどある?!?
・・・が、土曜の朝は時には開場前に列ができることもあると聞いていたのに、
4・5人がパラパラと来ただけ。
土曜日の朝が例年の2/3程度の入場者で、
他の時間帯はどんどん尻すぼみ。
私は土曜日の午後に入ったのだが、することがなくて、
他の係りの人と図書室の運営について、
立派な改革案を考え、討議することまでできてしまった!!

日曜は更に少なく・・・
図書室の利用者自体、いつもの週末より少なかったらしく、
仕方ないかとも思いつつ・・・これまた何か対策を立てねば・・・
次回の古本市は反省点を改善して、入場者を増やしたいです。
やるからには、人がいっぱい来てくれるほうがうれしいからね。

フラワーアレンジメント第13回

今日はブリッジ関係者中心のメンバーだったが、
長富宮のお友達が本帰国のため最終回となった。
毎週1・2日はご一緒しているので、本帰国まであと1ヶ月を切ったのが嘘のようだが、
こうやって1つずつ最終回が重なってくると、
ご本人はもちろんだろうが、周囲の者も寂しくなってくる。

060216_flower13_001_2
先週とテーマは同じなのだが、自分なりに変えてみたつもり・・・
あ、バラの横のストックが白くて悪目立ちしていますが、
フラッシュで色が飛んでしまった結果で、
本当は少し紫がかった淡いピンクです。

前回より空間を生かしてみたつもりなのだが、
先生に高低のつけかたを直していただくことになった。
1・2センチの変化なのだが、どうして大違いになるのだろう?
これに自分で気付けば、かなり進歩したことになるのだろうが・・・

最後に全員で記念写真を撮った。
先生のアシスタントさんに撮影を頼んだ。
画面をのぞいて彼女は周りに並べた皆の作品の位置の修正を指示した。
さすが先生のアシスタントさん、
画像内の花のバランスを気にするんだ、と感心した。
仕事柄、バランスに対する美的センスがいいのだろうが、
逆に、普段から何に対しても
美しく見えるバランスを心がけることが大事なんだな、と思った。

人民大会堂お食事会

婦人委員会さんは今年度規模の大きな行事をいくつもなさっているが、
その最後を飾る「人民大会堂早春のお食事会」が今日開催された。

060214_dahuitang_0061060214_dahuitang_009
いかにも「早春」な、気持ちのいい天気になりました。
食事会の前に見学コースに沿って内部の見学をしました。
ちなみに大きなカバンは持ち込めず(預ける必要あり)、
入場時は空港並みのエックス線検査がある。

30名程度ごと集めてガイドが解説をしてくれるのだが、
中国語なので「ヨク、ワカリマセーーン」
060214_dahuitang_0141060214_dahuitang_0151
左は確か「湖南庁」、右は「遼寧庁」だったような???
(すみません、これは私がちゃんとメモしていないだけ)
名前どおり各地方にちなんだ室内装飾が施されており、
このように省や自治区の名前のついた会議室(応接間)が何十もある。

060214_dahuitang_0161060214_dahuitang_0171
これは「全人代」などが開かれる、1万人収容可能な「万人礼堂」。
そして、その天井に輝く「紅星」。

他、「広東庁」「四川庁」など見学して適度に運動できたところで・・・
060214_dahuitang_026060214_dahuitang_0271
「西蔵庁」にてお食事です。
部屋中が美しい絵で飾られ、午前中見学したどの部屋よりも華やかです。

お食事の前に・・・
060214_dahuitang_0291
実はお手洗いの窓から見た風景。
さすが、違うねぇ(何が?!)

060214_dahuitang_0281060214_dahuitang_0311
左は前菜が並べられたテーブル。
コップとコップの間の立てられている写真が「菜単(メニュー)」です。

お味はというと・・・正直言って「国賓級」のびっくりするような美味ではありません。
(もちろん、まずくはありません)
ですが、海鮮物が案外多く、スープ類が多かったのが特色でしょうか。
右から3番目は「鮑やなまこなども入ったスープ」、
左から4番目は「クコ入りすっぽんのスープ」でした。
右から5番目の「牛ひれのカレー煮(?)」はちょっと給食ぽかったですが、
その右側の「鶏肉とカシューナッツの炒め物」はビリビリに辛くはないものの、
おいしかったです。
一番最後は「くるみ味の豆乳」。「豆乳」ちょっと苦手です。

あとちょっと笑ってしまったのが、箸の脇に置かれているのは楊枝・・・
だと思いきや、なんとフロスピック。
とてもオーソドックスな雰囲気の中、なぜ???
幹部とか国賓の「これは、なんだ!!使いにくい!!」
という鶴の一声で、楊枝からフロスピックに変えたのかも?!

一緒のテーブルの方々とも和やかに歓談し、
とても楽しい催し物でした。
婦人委員会さんの行事にはいろいろ参加させていただきましたが、
どの行事もとてもスマートな、気遣いのある運営で、
毎回とても楽しみで、期待を裏切られることはありませんでした。
委員の皆様方に心から感謝いたします。

東嶽廟再訪

今日は旧暦の1月15日、「元宵節」です。
新年(旧暦の)に入って初めての満月の日であり、
また「灯節」とも呼ばれる日です。
昨年夏に訪れた東嶽廟で何か行事をやっていないかと行ってみました。

image006_2image001_2
が、「元宵節」の特別な行事はやっていませんでした・・・
仕方がないので、まだ残っていた春節の飾り付けを楽しむことに。
右の写真の参道の脇のマッカッカは何かというと、
お札に願いが書かれて、下げられているのです。

image002_2
このマッカッカのテントの中には銅鑼(その中に鐘)があって、
テントには「鐘が鳴ると福の前兆です」と書かれています。
1角のコイン1枚投げました、外側の銅鑼にしか当たりませんでした。
日本の初詣でも5円しか投げない私は、
福には程遠いのかも?!

また、テントの中には「一から十」までの漢数字を使った、
おめでたい言葉(?うまく表現できない)が書かれています。

一帆風順  二人同心
三元及第  四季発財
五福臨門  六合同春
七夕相伴  八方聚財
九秋同心  十全十美

日本語で考えても、意味はなんとなくわかりますね。

060213_dongyuemiao_017
ここはお参りをする場所である一方、北京民俗博物館という一面もあり、
今は中国の伝統的祭日を紹介する展示をしています。
展示物は清代のものや、20世紀初頭のものも多く、
デザインが面白くて、今売っていたら買ってしまいそうな品がいろいろあります。

060213_dongyuemiao_004image004_2
この樹は東嶽廟ができる前からここにあり、800年以上の樹齢だそうです。
この樹から健康長寿を授かろうという民間信仰から、
「寿(木ヘンに鬼・エンジュ)」と呼ばれているそうです。

次回は何か行事をやっているときに見に行きたいものです。

フラワーアレンジメント第12回

060208_flower12_0011
今日は日中素敵な青空が見られました。
陽射しが冬のそれとは違うように感じられます。
「春節が明けると、春」なのよぉーーー

午前中図書当番(新人トレーニング)をしたあと、
午後から約一ヶ月ぶりのフラワーアレンジメントに行きました。
060208_flower12_0101
今日の天気にふさわしい、春らしく、すがすがしいお花を使いました。
写真は言うまでもなく、私の作品。
これまでやった「ラウンドにきっちり挿す」というのと違って、
籠を動かしたら花が揺れるぐらい空間を残す、というテーマだったのですが。
・・・相変わらずかなり埋まっています。
花の向きを変える、高低差をつけることもテーマでした。
その点は、少しは気をつけたかな?
最終的にはべタッとした面を先生に直していただきました。

帰宅してから「ああ・・・あれしなくちゃ」とちょっと滅入ったとき、
お花を見ると、ぱっと気持ちが明るくなります。

雪がやんで

060207_dawn_003_3
空から汚れが洗い流されたようで、
空気がいつもより澄んでいるようでした。

(私が起きる時間でも、まだこのような空が写せます)

地上は溶けた雪でどろどろでしたが、午前中はさわやかな青空も見られました。
が、午後にはもう汚れた空気がたまってきたような・・・

いまさらながら、今年の気持ちだけの目標。
(日本に帰ったり親に会ったりして、とても正月明けな気分なので)
写真を楽しみつつもできるだけ撮るなど、
好きなことをできるかぎり真面目にやります。

あくまでも、「目標」です。

春節明け

日本でさんざん「春節が明けると、なんとなく春らしくなる」と吹聴してまわったのに・・・

060206_snow_002_2
朝から(未明から?)とても細かい粉雪が降り続き、あっという間に真っ白になっていた。

060206_snow_004_2
雪の北京駅、単に白いだけですが・・・

北京のブロガーの大部分が、今日は雪の写真を撮っているだろうな・・・
雪は明日以降降らないようだが、
気温は上がらず「氷の世界」へ。
明日、私は一度もこけずに長富宮にたどり着けるのだろうか???

2/3節分

2/3は節分ということで、hon-neko母は近所の神社の行事
(餅つき、ぜんざい・甘酒販売)の手伝いで朝から外出。
お昼過ぎにできたてのぜんざいと甘酒を持ち帰ってくれた。
3時のおやつに頂いた。手作りはやはりおいしい。
甘すぎないし、つぶつぶが残っているのがいい。
(私は餡もぜんざいも「つぶつぶ」派です)

hon-nekoと私は夜7時からの餅まき(ついて小さく丸めた餅をまく)にあわせて外出した。
(父はその前の神事に参加するため既に外出。)
060204_nihon_074_3
hon-nekoは今年が本厄ということで、2人でいつもより熱心に祈る?!
hon-neko母が私たちの代わりに厄払いに行って、
お守りなどをもらってきてくれたので、それが頼りです!?
上の写真は餅まきが始まる直前。
夕方から寒くなり、雪が舞っているのだが、
子供たちを中心に観客(参加者?)がそこそこ集まっている。

060204_nihon_077_2
いよいよ餅まき開始!!
・・・のところで、電池切れ。
残念!だったのだが、ある意味助かった。
皆が餅をキャッチするべく、ドドドーーとあちらへこちらへ動くので、
カメラにぶつかられたりすると、えらい災難である。
hon-nekoが2袋取ってくれた。
私はスライディングしてくる人が怖くて、1つも取らず。
母によると、これでも今年は人が少なかったらしい。

私たちは餅まきが終わり次第すぐ帰宅したが、
母は8時半過ぎにようやく帰宅。
半日以上の外での作業、本当におつかれさまでした。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ