« 潮福城&ポプラ絵本館 | トップページ | フラワーアレンジメント第11回 »

料理教室第3回

好評な料理教室も、残念ながら今回が最終回。
最終回を飾る食材は、『ツバメの巣!!』

060110_liaoli_006_2060110_liaoli_012_2
あれっ、先生が違う・・・
屈浩校長先生はオランダに出張中で、
愛弟子の王先生が代理登板。
王先生もこの若さながら、国賓に官府料理(宮廷料理)を供する腕前。

で、肝心の「ツバメの巣スープ」ですが、
今日使ったツバメの巣は驚くなかれ、500グラム2万元!!!
(もちろん500グラム使ったわけではありません)
巷で食されているツバメの巣は、バラバラモロモロしていますが、
これは一本一本しっかりしています。(これまで食べたことないけど)
そしてふかひれ同様、ツバメの巣の下準備は手間がかかります。
今日は早くもどす、ということで熱湯に炭酸ソーダを加えていましたが、
何度も熱湯を取替え、炭酸ソーダの味を取り除いていました。
また、先生が強調されたのは、
ツバメの巣をもどす容器に鉄を使ってはいけない、土鍋か磁器が一番いいそうです。

スープも鶏10羽、アヒル2羽、豚の脚の関節などを水40キロで8時間煮込んだもの。
先生談「ご家庭では10分の一の分量で作ればいいと思います。」

・・・・・・・・・

それだけの手間がかかっていますので、おいしいのは当然!!
ツバメの巣のしゃきしゃきした食感、スープはあっさりしていながら、こくあり。
気分は、人民大会堂か釣魚台の国賓です。

2品目は芥蘭(からしな)のニンニク炒め。
(写真がうまく撮れなかった、失礼。)
日本では、あまりポピュラーな野菜ではありませんが、
北京だとレストランで「野菜は何がありますか」と聞くと
必ずと言っていいほどあります。
(野菜を希望の方法・味付けで調理してくれる)
芥蘭の茎の皮をむき、塩・砂糖・サラダ油を入れた湯でさっとゆでて、
その後ニンニク炒め。
この「しゃきしゃき・だけどある程度柔らか」が、できないんですよね・・・
3品目は「小麦粉の魔術師」、あの先生の登場です。
060110_liaoli_0281_2
小麦粉を80度ぐらいの湯で練り、15分置いたものを細く伸ばして
上の写真のように小さくちぎり、切り口を上にして押しつぶし、
麺棒で円く伸ばします。
一方、今日の餡はセロリ入り。
餡は日本だと手でこねますが、先生はへらで一方向へ混ぜています。
また、ゴマ油は一番最後に加えるそうです。
これらが、均等に材料が混じった餡を作るコツだそうです。
060110_liaoli_034_2
手前は調理途中、奥の小さいのが(すみません)完成品、
鍋貼(焼き餃子)です。蒸したのち、焼いています。
伝統的な作り方と言うことで、
薄く片栗粉を溶いた水を餃子を入れたフライパンに注ぎ、
蒸発させたのち、油を入れて焼くと言う方法も説明されていたのですが・・・

私は図書当番のため早めに去らねばならず、
できたての餃子が食べられるか食べられないかで、気がそぞろでした・・・
だんだん説明も落ち着いて聞けなくなってきて、
ところどころ間違っているかも・・・ゴメンナサイ!!
3つ食べることができて失礼したのですが、
委員長のSさんが、お土産に持って帰ってきてくださいました。
温めなおして、夜頂きました。
落ち着いて味わって食べると、おいしかったぁーーー
Sさん、お心遣い本当にありがとうございました。
そして委員会の皆様、とっても楽しい企画の運営、本当におつかれさまでした!!


p.s.
「芥蘭」は1/8の飲茶の写真に写っている野菜です。
ただし、今日いただいたものは葉の部分はなく、
茎も丁寧に皮をむいてあります。

« 潮福城&ポプラ絵本館 | トップページ | フラワーアレンジメント第11回 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

3回にわたりご報告いただきありがとうございました。
燕の巣を調理するところが見れたなんて羨ましいですわ。
自分ちで作れるもんでもないけど、すんごい貴重な体験ですよね、
いいなあ。
あー、もう夜中なのに、ギョーザ食べたくなってきてもーた!

rikuさん、ギョーザ本当においしかったです。
皮がしっかりしていて、蒸しただけの時点で食べても充分おいしいのだと思います。
ツバメの巣、あれだけの品質のものはもうお会いできないでしょう。

料理教室とはいいながら、料理試食会?料理鑑賞会?の様相に見えるのは私だけ?
短い麺棒で餃子の皮を作るのはかっこいいですし、見ていて面白いです。
習得されたのでしょうか?

pijiuさん、私にとってこの3回は「おいしい料理を食べよう!の会」でした。
ですが、参加者の中には前回作った小龍包を家で作って、喜ばれたと言う方もいらっしゃいました。
したがって、参加者の心がけ次第、ということになります。

うぉぉぉ。一挙更新かと思ったら更新されていたのですね。
遅ればせながら今年もどうぞよろしくです。
つばめの巣って食べたことないです。
餃子も青菜も美味しそう。。。これで終了なんて残念ですね。
しかしスープに8時間。家庭じゃ難しいですね。

mugihoさん、こちらこそよろしくです。
やるべき義務をほったらかして、更新しています。
ちょっと、ヤケおこしてる?!
ツバメの巣、食感がしゃきしゃきしていて、
でもきくらげともふかひれともすこしずつ違って、
おいしかったです。
mugihoさんの鶏スープ、全然負けていないので、ご安心ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/8115932

この記事へのトラックバック一覧です: 料理教室第3回:

« 潮福城&ポプラ絵本館 | トップページ | フラワーアレンジメント第11回 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ