« A day in Osaka | トップページ | 神戸で~生まれたぁ~女やさかい~♪ »

読みかけの本の読書感想文

北京でも毎週2・3冊は本を購入しているhon-nekoだが、
先週も早速出張の合間を見て奔走し、
私も読む本(自分も読む)を3冊購入してくれた。
最初に読み始めたのが、中野翠著「甘茶日記」(毎日新聞社)。
著者が昨年サンデー毎日に連載した記事をまとめたものだが、
この連載をまとめたものは、1987年出版の「迷走熱」から全て読んでいる
(はずだ、今実家には2冊しかないが)。
女性コラムニスト(とそれに類する人)では、
私は中野翠がだんとつ一番好き。
2・3位がなくて、4位ぐらいに斉藤美奈子(文芸評論家か?!)と故ナンシー関かな。
サイバラ(漫画家だ!)やうさぎも読むのだが、2・3冊読むと食傷気味で、しばらく読まなくてもいいか、と思う。

中野翠は常に自分の身の丈に合った文章を書いているように思う。
難しい社会問題などに対しては、自分の戸惑いや疑問を隠さないし、
そうは言っても、プロのコラムニストなので、
勝負どころでは「そうよーー、そうなのよーー」と読者を納得させる。
そういう点は、中野翠と立川志の輔に共通した魅力だと思う。

その一方、自分の趣味について語る文章はとっても楽しく、はしゃいでいる。
映画はプロの映画評論家並みに見ているので、
彼女が褒める作品は見ようかな、と思うし、
昨年はサッカーにお熱だったようだが、
そのはしゃぎぶりも「なんだかしょうがないねぇ」と許せてしまう。
他の記事に関して自分と見解が違っても、「そういう見方があったんだ・・・」と
これまた「あばたもえくぼ」。

毎年この出版を楽しみにしているので、
じっくりじっくり読もうと思い、
途中ながら別の本を読み始める。
昨年たぶんそこそこ話題になったと思われる
(NHK-BS「週刊ブックレビュー」でも紹介された)
鈴木おさむ著「ブスの瞳に恋してる」(マガジンハウス)。
hon-nekoもかなり期待して買ってきて先に読んだのだが、
私に貸してくれる際の一言が「期待しすぎた・・・」

なっとく。
高視聴率バラエティー(スマスマ、めちゃイケ等)を手がけている放送作家鈴木氏と、
森三中の大島美幸が交際期間0日で結婚して、
その新婚生活を描いたもの(POPEYE連載)。
ここに書かれている話を鶴瓶ちゃんがしゃべったら、
めっちゃ笑っていると思う。
が、字に書かれると身も蓋もないきわものや、下ネタばかりで、
読めども読めども「またか・・・」とうんざりしてくる。
鶴瓶ちゃんだろうと誰だろうと話術のある人が話せば、
下品さが不思議と笑いに変わるのだと思う。
鈴木氏ご本人は前書きで「ある意味究極のおのろけ本なので、
その辺をご理解して読んでいただきたい!」と書いているんですけどね。
この内容を笑わせるには、それ相当の文章力が要るというか・・・
私はどう書かれても笑わないな。

「ブスの瞳・・・」を放置して、中野翠の「最新刊」(1989年)を再読しようかな、と思っています。
そして最後に、武田花「仏壇におはぎ」を読むのだ!!
(武田花は私が一番敬愛する写真家です)

« A day in Osaka | トップページ | 神戸で~生まれたぁ~女やさかい~♪ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ああ、hon-nekoさんはご健在のご様子ですね。(^^)
中野翠の書いたものは、新聞などのコラムでしか読んだことがありませんが、ちょっと読んでみたくなりました。

斎藤美奈子、好きです。(^^)
最初に読んだのは『戦下のレシピ』。
「紅一点論」は、娘も読んでます。

武田花の写真もいいですね。
書いたものは、たぶん読んだことないと思います。
お母さんの武田百合子の書いた『富士日記』。ああいう暮らしに憧れます。

いやぁーー、waiwaiさんと読書の趣味が似通っていて、
とってもうれしいです!!
中野翠の「サンデー毎日」シリーズは、どれを読んでもその年が思い出されて、
「そーそー、そんなことあったよねぇ・・・」と懐かしみつつ、楽しめます。
斉藤美奈子の2冊は読んでいませんねぇ。
hon-nekoに探してもらおうかな・・・
一番嬉しいのが、花さんと花ママ・武田百合子さんをお好きだということ!!
私、この親子の大・大ファンです。
武田百合子さんの本は全部買って、「富士日記」も2・3度読みました。
花さんの写真は、私が猫を撮り始めたきっかけだと思います。
どのプロカメラマンの猫の写真より、大・大好きです。
花さんの文章(写真集に必ずといっていいほどある)も、
ママ譲りの独特な感性が光る文章です。

思い出してくださってありがとうございます。みかんです。
お礼もうしあげようと思ったら、あらら、以外な共通点を発見。
私も中野翠さん、大好きです。アタマの良い友達の話を聞いてる。
そんな感じに受け止めてます。彼女のお友達のイラストレーターとの映画コラムも大好きです。武田花さんは、ご自身が華のある人ですよね。(駄洒落っぽい?)

みかんさんも中野翠がお好きだとはうれしいです!
イラストレーターは石川三千花さんですね。
私も2・3冊読みましたが、中野翠と仲がいいのがわかりますね。
花さん、会ってみたい・・・大好きだということをお伝えしたい・・・
多分写真展はなさらないし、新刊書記念イベントも期待薄ですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/8318095

この記事へのトラックバック一覧です: 読みかけの本の読書感想文:

« A day in Osaka | トップページ | 神戸で~生まれたぁ~女やさかい~♪ »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ