« サピ島 | トップページ | 燕莎アウトレット »

1/3-4 マヌティーク島→北京

朝フロントに頼んで、午後3時までチェックアウトを遅らせてもらい、
下船後ドタバタするのを覚悟で、マヌティーク島へのツアーに出発。

マヌティーク島はマリーナから行ける5つの島のうち最小。
マヌカン島に行く人と一緒のボートだったのだが、
マヌティーク島で下船したのは私たちだけだった。
既に上陸している観光客の数も、10数名!?
わさわさしていなくて、ちょっぴりプライベートビーチ気分が味わえ、
トイレやシャワーも落ち着いて使える。

060104_kotakinabaru_030_2
昨日の雨の雲が残っているのか、雲が多くてちょっと残念。
地元紙によると、11-3月が雨季なんですね。
ただ、日焼け止めを塗ったにもかかわらず、
背中にやけどを起こしている私にとっては、一方で助かります。

060104_kotakinabaru_020_2

これは磯にいたカニ、
生活防水しかついていない私のデジカメでは、これが限界。
ぐすっ・・・
更に悔やまれるのは、
昨日行ったサピ島より、マヌティーク島のほうが岸に近いサンゴ礁が大きくて、
ずっと多くの熱帯魚が見られたこと。
まあ、ちょっと深めのところを熱帯魚を眺めながら泳いでいると、
「マーメイドになった気分!?!」が味わえたのでよしとしましょう。

昼食後、水際から10メートルも入らないところで、
hon-nekoが少し取り分けておいた米粒を魚にやり始めた。
・・・ところ、寄ってくるは寄ってくるは、び・び・びっくり!!
多種多様な魚にすっかり取り囲まれてしまう。
しかも、私は見ていただけなのだが、いずれかの魚につつかれてしまう。
泳いでいて疲れて立ち上がったときも、
立ち位置が悪いと、その魚の縄張りに侵入しているらしく、つつかれる。
結構痛い。

えさをやり終わった後、またシュノーケリングをしたのだが、
hon-nekoが泳ぐと魚がぞろぞろ寄ってくるらしい。
私は午前中と全く変わりなく泳げるのだが???
「hon-nekoの匂いでも覚えているのかなあ」と勝手な想像をしている。
結局hon-nekoは気持ち悪いと言って、
何分も泳がないうちに上がってしまう。

今日は予定のボートに乗りそびれてはいけないので、
早めにシャワーを浴びたつもりが・・・
ボートがもう来ているようなことを言われ、また大慌て。
結局来ていなくて、早めに集まるよう呼んだだけみたい。

ホテルに戻ってからも、
レイトチェックアウトになったので取り替えたと言うキーが使えず、
5分ほど部屋に入室できず、ドタバタ。
空港への送迎の時間が迫って、再度のシャワーは浴びられず・・・
私たち磯臭かったかな・・・

060104_kotakinabaru_027_2
飛行機上から撮った、コタキナバル市街地とキナバル山です。
またまたクアラルンプール空港内で4時間ぶらぶら過ごして、
いよいよ防寒着の出番です。

深夜便なのでぐっすり眠るつもりが、
途中から体が(というかお尻が)前方にずり落ちて、
脚でずり落ちるのを支えねばならず、寝ているどころではない。
エコノミーでしっかり腰をすえて座って寝る方法、誰か教えてください。

北京に到着すると、移動に疲れたせいもあったが、
なんだかほっとした。
何でもやたらでかすぎるし、空気も汚いし、
夏は暑いし冬は寒いし、交通事情も悪いけど、
・・・やはり住めば都、でしょうか。

« サピ島 | トップページ | 燕莎アウトレット »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

以前シュノーケリングをした時、インストラクターの人に、魚が好む色があって、○色の水着の人は気をつけてくださいと言われた事を思い出しました。
私はその時平気だったのですが、友達がやけにつつかれていました。
あまり魚がいすぎるのも恐いものですよね。

ru-!さん、コメントありがとうございます。
魚が好む色、何色なんだろ?
私は水色、hon-nekoは黒だったのですが・・・
群れで泳いでいる魚がこちらに向かってくると、
結構怖かったです。

そうか、北京が落ち着くか。
風邪ひかないでね、ものすんごい気温差だからね。

うおーっ!キナバル山も見れたのですか?!いいなぁー!
速攻ダンナにも見せました、この写真。
たいそう羨ましがっております。(私も)
私達が思い描いてた図ですわ~T0T
私達が行った時は、ほんと~~~に霞んでたんですよー
hon-neko家内さんのブログ見てたらリベンジしたくなってきました。

ps:

すみません、途中で送信されてしまったー
ps:更新、ゆっくりやって下さいね、と言いたかったのです^-^

みさこのさん、やっぱり合計5年も住んでいると、
第2か第3の故郷みたいになっちゃいますね。
風邪気をつけます、ぐーたらしてるから大丈夫だよ。

rikuさん、本当はデジカメを使っちゃいけなかったみたい。
キナバル山、山頂までとは行かなくても、ちょっと歩いてみたいです。
更新、ただ単にぐーたらしているから進んでいません。
他のやるべきことは・・・もっと悲惨。

こんばんは~♪ このカニちゃんは、とてもホンモノとは思えない綺麗さですね!
旅行は、すっごく楽しいし、’帰りたくな~い’って思うこともあるんだけど、帰ってみると、’ホッ’とするんですよね~わたしもいつもそうです。

住めば都か~
確かにどこに住んでも現住所に勝るところはありませんよね!
どんなに豪華なホテルで帰りたくないと思っても、やっぱりホッとするのは我が家です。
その気持ちわかるなぁ。

momoronさん、デュークままさん、
なんなんでしょうね、この気持ちは。
コタキナバルは北京と大体反対で、
のんびり住めそうで(多分問題は買い物ぐらい)、いいなあと思ったのですが。
寒さにもすぐ順応しました。
日本の家の寒さに、一番順応できないな・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/8033152

この記事へのトラックバック一覧です: 1/3-4 マヌティーク島→北京:

« サピ島 | トップページ | 燕莎アウトレット »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ