« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

またまた南鑼鼓巷

年内にはもうrikuさん とはお会いできないかと思ったのですが、
幸い2人の予定が合って、またまた「グルメ探検ツアー」!!

051229_nangluoguoxiang_011
今月号の「that’s」で↑のような魅惑的な記事を発見してしまい、
(記事によると、バターをたっぷり使ったクレープ、
ハム・チーズなどを入れたものや、もちろんデザート系のクレープもあり)
美術館後街46号へ急行。48号までたどり着いて、隣だ・・・

051229_nangluoguoxiang_003
が・ががががーーーーーん!!!
店内は、記事に写っているきれいな白黒のタイルが全部壊されていた・・・
rikuさんに申し訳ないやら、バターの香りが幻に終わってしまうやら・・・
撤退早すぎ!!!
周りはごくごく普通の庶民の店ばかりで、
とっても浮いていたんだと思われます。

仕方なく、近所と言っていいぐらいすぐ近くの「南鑼鼓巷」へ移動。
今年、私が北京で一番気に入った街です、「南鑼鼓巷」。
「三里屯」周辺は私も嫌いではないのですが、
へそまがりの私はこちらを挙げたい。
私をここに連れて行ってくださったもふさんに、「非常感謝!」
そして、今年一番気に入った食べ物も、ここの宮廷ヨーグルト
ただ今日は、(この後書きますが)rikuさんとごちそう三昧になったので、
とても食べられませんでした。

051229_nangluoguoxiang_005051229_nangluoguoxiang_006
rikuさんが前回来た時に気になっていたという、
「過客」という四合院カフェに入ってみました。
カフェは四合院の2辺が使われていて、
古い建物を生かした部分と、無国籍風な内装が不思議とうまく混ざり合っています。

今日のヒット(ホームランです!)は写真の「地中海風サラダ」。
市場では見かけない、生で食べられるほうれん草と、
梨、クミンの効いたレモンドレッシングがめちゃめちゃ合っています!
一人で一皿、余裕で食べられます。

更にピザとペペロンチーニスパゲッティも食べたのですが、
なぜかすぐそばの、チーズケーキが自慢のカフェに吸い込まれてしまい・・・
051229_nangluoguoxiang_009
やんまぁさんもご推薦の「小新的店」。
チーズケーキのほかに、「やんまぁさんがおいしいと書いていたような・・・」
とおぼろげな記憶をたどって、
「花様年華」というドリンクも注文。
rikuさんと「ヨーグルトに少し苦味のあるものが入っている、レモン?」
と話していたのですが、
やんまぁさんによると「ジン」だったんですね!?
でも、全部飲んでも酔っ払うようなことはありませんでした。
さっぱりして、とってもおいしかったです。
レモンソースのチーズケーキは土台のチーズ部分が
かなり甘みを抑えてあるので、とーーってもさっぱり。

外の寒さを考慮して、水も温かいレモン水を持ってきてくれるし、
ケーキを二人で半分こしてたら、フォークを持ってきてくれるし、
とても親切で、フレンドリーな雰囲気のカフェです。

rikuさんとブログを通じて知り合うことができて、本当によかったです。
そういえば、ほめそびれてしまったのですが、
rikuさんのおうちにやってきた「棚」(12/27の記事)には
びっくり仰天・たまげた!!
バカに豪華な家具(バロック・ロココ調!?)とか、
北欧風の家具とかはよく見かけるのですが、
こんな趣味性の高い家具が作れるとは・・・
他の家具屋さんも、こういうのを作って売ってよね!!!

最後になりましたが、今年も皆様のおかげで、
一年無事に、楽しくすごすことができました。
心から感謝いたします。
年明けまでブログは少しお休みします。
(最近しょっちゅう休んでたけど・・・)
来年が皆様にとってよい一年となりますように。

「鼎泰豊」

28日は20日の送別会の2次会(のようなもの)。
だが、提案者が来られず(大変残念)、4名になってしまいました。
店はタイトルにある「鼎泰豊」。
私は、北京到着直後hon-nekoにつれてきてもらって以来2度目なので、
みさこのさんとrikuさんにお勧めメニューを事前に教えてもらいました。
お二人には「非常感謝!」

・・・が、一般的に男性が注文するとおいしいものが食べられないと言いますが、
黒一点の男性が接待でよく利用されているとのことで、
積極的に注文されたため、私の情報は全部は活用されず。
でも、エビチャーハンは全員賛成で注文。
あと4人にしては、品数はずいぶんたくさん頼みました。
餃子は一せいろ5個にして、全種類頼み、
豆沙小包に加えてあんまん・肉まん・ちまきも、分けて食べてみました。
もちろん、小龍包も食べました。
rikuさんご提案の「豆苗の炒め物」、しゃきしゃきして、おいしかった。
さすが、何を頼んでも80点以上の味、万人受けする味ですね。
みさこのさんがご提案くださった、鶏スープと、
昆布と豆もやしの煮たもの、次回は絶対食べたい!!

話はえらく盛り上がり、6時半から(多分)閉店時刻の10時半までおりました。
ちょっと粘ってしまいました・・・とっても楽しかったから、いいんだけどさ。
それと、どの料理もとっても見た目もおいしそうで、
写真を撮りたかったのですが、諸事情により撮っていません。
次回はメニュー覚えるためにも撮ろうっと!

17-24日まとめてアップ

バタバタしていたり、だれたりして、すっかりさぼっていました。

17日は日本人会のクリスマスパーティー。
一応、受付として参加しました。
例年より入場券の売れ行きがよかったらしく、
長富宮飯店の大広間に約900人が結集。
食事タイムの人垣を見て、寿司と刺身はあきらめました。
それでも、食べ物や飲み物を仲間のために取ってきてくださる方がいて、
受付は宴会場に・・・なってよかったのかどうか・・・
その後も一人でいらしていた、ブリッジの先輩とお話をしていたりして、
変面(マスクを目にも留まらぬ速さで変える芸)や
スペシャルゲスト・呉汝俊さんのステージ(歌と演奏)も見ず。
一等日本-ハワイ往復航空券のくじ引きも、見事に外れ。
まあ、その後盛り上がったので、よしとしましょう。

20日は所属する委員会の送別会兼忘年会。
場所は日本料理店「雪江」。
亮馬橋路をひたすら東へ、東四環路を越えて更に300メートルぐらい直進。
右側の団地の中に看板が見えます。
遠いのですが、思ったよりずっと混んでいます。
いろいろあって、個人的にはあまり落ち着いて食べていないのですが、
刺身を含めて、どれもおいしかったです。
また、店の中でパンやお菓子を焼いていて、
焼きたてのパンやクッキーももらえて、これがよかった!

051224_ceve_002_2
これは、アパートに隣接するショッピングセンターのクリスマスツリーです。
最近このSCは、なんだかがんばってテナントを増やしています。
ワトソンも入ったし、サーティワンもできました。
あとはセブンイレブンが入れば、言うことないんだけどなあ・・・

24日の夜は寿司を食べようと、「四葉」に予約の電話をかけましたが、
予想通り一杯でした・・・
そこで、私が行ったことのない「HATSUNE」に行くことにしました。
予約の時間まで、図書進出公司に行った後、東大橋周辺をうろうろ。
051224_ceve_004
これは東大橋を西へ5分ほど歩いたところにある、
「朝外岳秀服装市場」。
夕方5時過ぎなのですが、観光バスが何台も泊まっていました。
ちゃんと見てはいないのですが、
規模・内容は秀水や雅秀をひとまわり小さくしたような感じ。

時計売り場に行くと、壁に北京市商工部(?)からの通達が貼られていました。
正確な訳ではないかもしれませんが、
「ブランドの商標権益を守るために、以下の偽物を売ることを禁じます。
(多数の有名ブランドの名が並ぶ)」
ううぅんーーー、オリンピックは参加することに意義がある、
「通達は貼りだすことに意義がある」

この市場に行った一番の目的は、
1階東側にある「PARIS BAGUETTE」に行くことだったのですが、
内装が70%完成、という状態でした。
(広告では23日グランドオープンとなっていたのだが・・・)
正月明けに行くのが確実そうです。

向かい側の電脳市場などを見た後、
タクシーで朝外大街を東に向かって、「HATSUNE」に到着。
この店は英字情報誌「that’s」の2005年ベスト日本料理を受賞しています。
確かに内装はかなりおしゃれ。
ただ、寿司カウンターの職人さんは、なぜか皆アロハを着ているぞ。
hon-nekoからも聞いていたのだが、
経営者以下、従業員にも日本人は一人もいない様子。

この店の売りは「変わり巻物類」なのだが、
私ひとりでは食べきれないので、お任せの握りセットを注文。
ネタは悪くないと思うのだが、シャリが・・・
酢が利いていなくて、パサパサしていました、残念。
酒の肴に注文した、おでんはおいしかったんですけどねぇ。
051224_ceve_007_3
最後にうちのそばのビルのイルミネーション。
かっこよくはありませんが、大規模できれいです。

フラワーアレンジメント第10回

おめでとう!第10回目です!!パチパチパチ・・・
ちょうど半年です。
第一回目はひまわりとか、夏の花を使ってたのよねぇ・・・
もう、今年最終回の授業だななんて、うそのようです。

051215_flower10_002_2
先生は「今日の燭台は昨日までのと大きく違うので、
画像を載せると・・・」とちょっぴり心配をされていました。
先生、ごめんなさい。
最近あんまり写真撮れていないので、載せちゃいました。
昨日までに作った皆さん、
燭台50個仕入れたけど、なくなってしまった結果です。
どうか、ご容赦ください。

今日の作品も、最初はひたすらグリーンを挿します。
底辺部分のオアシスが隠れだした頃、
先生はお客さんの対応で別室へ。
「全体の形を三角にするのは、一体どうしたら???」
アシスタントさんの指示で、みんな恐る恐る挿しているうちに、
先生復活!!
先生の2・3のアドバイスで、
雑木林や熱帯雨林(?!)になりかけていたグリーンが、
もみの木型に軌道修正。
上の私の作品はずんぐりむっくり、正三角形ですが、
他の方は全員、かっこいい尖ったもみのき型です。

ドライになるとかさが減るので、ぎっしりグリーンで埋めた後、
花を挿していきます。
今日のお花は、落ち着いたローズ色(本当か?)に統一されていて、
とても美しいです。
写真ではわかりにくいですが、
最後にオーナメントもくっつけました。
上のほうに視線を持ってこようと、リボンをつけたのですが、
もう少し小さいほうが、バランスがいいそうです。

とにもかくにも、我が家のクリスマスデコレーション完成です。

北京市博物館クーポン

昨日、旧北大紅楼(北京新文化運動記念館)に行った際、
券売所にて北京ニーハオに掲載されている、
「北京地区博物館通票」を販売していたので、購入してみた。

051212_tongpiao_002
80元と決して安くないのだが、オールカラーで、
89箇所もの博物館の場所・料金・内容・交通などが紹介されている。
そして、割引総合計金額は2,100元以上!!
博物館というと科学系の博物館はもちろんだが、
孔廟や、五塔寺、大鐘寺などの有名寺院や、
私が訪ねた智化寺、東岳廟や、歴代皇帝廟、白塔寺なども
無料や割引料金で(回数や時期に一部制限あり)入場できる。
ただし!「故宮」はありません、あしからず。

これは2006年1月1日から利用できるのだが、
「新文化運動記念館」は昨日使わせてくれた。
ありがとうございました。

見れば見るほど、おもしろそうな博物館や、
一度行ったけど、また行ってみようかなと思うところが多い。
しっかり活用して、ブログの記事を充実させます!!!

北大紅楼&景山公園

寒さが緩んだわけでもないのだが、
しばらく写真を撮っていないなと思い、
地下鉄・バスを乗り継いで、景山公園の近くへ向かう。
051211_gi_002051211_gi_005
冬に写真を撮るのは、
夏より空気が澄んでいるためか青空がきれいで、
写真が青っぽくなるので好きなのだが・・・
つらい・・・
051211_gi_007051211_gi_004
2-4枚目の写真は旧北京大学「紅楼」で、
現在は「北京新文化運動記念館」として、一部が公開されている。
北京大学の文学院(現在の文学部?)があった場所で、
五四運動の発祥の地だとのこと。
中国近現代史も全く知らないので、見てもわからないと思い、
展示や映像もちゃんと見なかったのだが、
今辞書で少しだけ調べてみると、
全ての反帝反封建・民主化運動はこの場所から始まった、
(20世紀初頭の多くの活動家・革命家がここで生活し、働いていた)
と言えるほど重要な場所だった。
私は建物が古くておもしろそうだな、と思って入ってみただけです、
すみません。

このあと少し胡同をうろうろしたのだが、
目的の寺院が非公開だったりして、
骨折り損のくたびれもうけ。
何より、足と頭部がちべたくなってきた。
かろうじて、景山公園の東側に面した道にたどり着き、
もうタクシーで帰ろうかと思ったが、
フィルムもかなり残っているし、
「やっぱり、登るか!!」

051211_gi_017
あれ、もっとよく見えるよね?!
実は万春亭他、眺めのよい東屋は全て改修工事中。
これもむりやり石によじ登って撮ったものです。
入園料2元て、えらく安いなあと思ったんだ・・・

051211_gi_015051211_gi_020
公園といえば、お約束の風景。
左はカラオケ+管楽器の生演奏つきで、
社交ダンスをしている。
踊っているのはまだいいほうで、
合唱をしていたり、カラオケをしている(?!)グループもいた。
こちとら、寒気が体内に入るから、大きな口を開けたくないのに・・・
寒さなんかには負けない、元気な北京市民の皆さんでした。

4ヶ月ぶりの再会

8月に久しぶりの再会を果たしたFさんが、
お孫さんに会うため北京にいらっしゃるとのことで、
またまた遊んでいただく。
7日に遊びに伺ったSさんのお言葉に甘えて、
今日もみんなでお邪魔して、ブリッジをして遊ぶ。

Fさんのプレーを見せていただくと、
着実なのだが、勝負どころでは思い切りよく、勝負に出る。
(私に言われることじゃありませんね、すみません)
張り切りすぎたり、小心すぎたりする私と大違い。
実力や経験が違いすぎるといえばそれまでだが、
基準がしっかりして、ゆるぎないことが一番の違いでしょうか。

Fさんを囲んで、優雅な飲茶。
051209_crystaljade_2
優雅な飲茶、といえば「クリスタルジェイド」でしょう!!
写真に写っていないのですが、
貝柱をタロ芋で包んで揚げたものと、
油条が中身の腸粉を初めて食べました。
どちらも、私にとっては新鮮な食感で、おいしかったです。

食後、5人で「佳億市場」へ。
Fさんは素敵なバッグをご購入。
私もいいなと思った物があったのだが、かろうじて我慢・・・
耳あてを買いました。
夕方家への帰り道、とても役立ちました。

Fさん、今度はいついらっしゃれるかなあ・・・
次回は火曜日のブリッジにも是非ご参加ください。

髪切ってさっぱり!

この時期、日本人の80%ぐらいの人がそう思っているのだろうけど、
「なぜか、あわただしい!!」
私の場合、本来やるべき仕事(大掃除・年賀状作成等)が
まーーったくできていないのに、なぜかちょこちょこ外出している・・・
半分は遊びなんだけどね。
今日は午前9時ごろ、お友達のお宅に伺いブリッジ、
11時すぎに失礼して早めの昼食のあと、12時から図書当番。

が、ここで事件発生。
冬休み案内のポスターなどを作ろうと、図書室のPCの主電源を入れた。
・・・ウィンドウズが立ち上がらない。
モニターに「入力情報がありません」と思しき言葉が現れる。
主電源を押せども、リセットボタンを押せども、切れない。
逆に「ピーピー」と異常音が鳴り響く。
コンセントを引き抜いた、最悪・・・
先日からかなり挙動不審だったが、
(ウィンドウズ98が入っているもらい物なので、かなり古い)
ロシアンルーレットで「アッタリーー」になった気分。

たいした仕事もできず、当番終了。
急ぎ、建外SOHOの「NESTA」に向かう。
こちらに伺うのは2回目。
北京で通った2軒の日本人スタイリストさんは
二人ともとても上手だったのだが、
秋に相次いで大連に旅立ってしまった。
「NESTA」でようやく落ち着いて、ほっとしている。

石田弟さんと関西弁でわいわいしゃべる。
隣のお客さんと女性スタイリストさんは圧倒されていたことだろう。
建外SOHO東向かいのビルの中に
「セブンイレブン」ができたらしいので、どうしてもおでんを買って帰りたい、
だが、その記事が出ていた情報誌がどうしても見つからない、
と話していたら、「コンシェルジェ」11月号にあったと見つけてくださった。
彼らも近くにセブンイレブンがなく、
泣く泣く「橋場」の南側まで行ってたとのこと。

カットしてもらって、髪の毛だけ年末年始仕様になりました。
東三環路を渡って、少しだけ南に歩き、
アスコットへ向かう道に入ると、すぐ右手にあった!!
「セブンイレブン」だ!!
(近くにないので、やたらうれしい)
おでんを山ほど買って、地下鉄に乗って帰宅しました。
地下鉄車内、おでんの匂いが充満したと思います、
乗客の皆さん、ごめんなさい。
おかげさまで、ジャガイモを足すだけでおいしい夕食ができました。

日曜らしい日曜日

北京に住んでいる人は全員、言っているだろう、『寒い!!』
冬の到来が遅れた分、骨身にしみます・・・

そんな中15分歩いて、国際倶楽部敷地内の「Sizzler」に到着。
向かいの「Friday」は2回ほど行ったのですが、
「Sizzler」は初めて。
二人の顔があまりに凍りついていたからか、
暖房の傍に案内してくれました。
051204_sizzler_001
上は私が頼んだチキングリルですが、
思いっきりファミリーレストランですね!!
あ、日本のファミリーレストランが、
アメリカのこういったタイプの店を真似たのか・・・
添えてあるカレーピラフがとっても冷凍ピラフの味で、
とってもファミリーレストランぽくって、変にうれしかったです。
サラダバーつきで50元、今やや円安ぎみとはいえ、
日本と値段が大きく違いますねぇ。
満腹です、ごちそうさまでした。

食後7・8分歩いて、日本人会図書室に行ったのですが、
食事で温まったばかりのはずなのに、
体が室温になじむまで、5分はダウンが脱げません。
15分ほど在室したあと、再び寒空の下へ・・・
051204_sizzler_003
地下鉄朝陽門そばです。
旗が青空にたなびいて・・・
風が強すぎるし、それなのにクレーンはうぃーんと廻っていて、
怖いよーーー

フルリンクでしばし眼の保養兼、暖をとって
いざ隣のブロックの昆泰国際大厦へ・・・
ビル風が猛威を振るい、
隣なのに、逆風で押し返されなかなかたどり着けず、
フードをかぶっていないと、耳がちぎれそう。

051204_sizzler_010
昆泰国際大厦は巨大なオフィスビルで、
1・2Fはぐるりと各国料理の店が入っている。
上はその中のひとつ。
・・・ねえ、それ許可とってる?
小さく「功夫龍」と書いてあるのだが・・・
ここはさておき、韓国・タイ・マレーシア料理などがあるので、
もう少し歩きやすい日にいずれかのレストランに行ってみたいものです。

えぇーーー!12月?!

師走、などと言われても困ってしまう・・・

9-11月は何がどうしてこんなにドタバタしたのか
わからないうちに終わってしまった。
ずっとPCの前で、メールのやりとりと資料の作成をしていたような???
係わった行事は1つ、
日本人会報の原稿を2回担当しただけのはずなのに・・・
なぜか他の用事もいろいろまとわりついてきたような・・・
図書の仕事がすっかりお留守になって、
今度はそのつけがまわってきている。

でも今日はとりあえず休日だ!!
051202_tree_001051202_tree_002
クリスマスシーズンだし!!
上の2枚はうちの公寓。
北京でも日本と同様、キリスト教と全く関係なくても、
楽しい気分や雰囲気だけでも楽しむようになったんですねぇ。
051202_tree_003051202_tree_005
左は長富宮飯店、なかなかやるじゃん!
長富宮でもクリスマスパーティ(晩餐会)をやるらしい。
普通席で1288元、VIP席は1588元だぞ!!
(・・・誰が行くんだろう・・・)

右は長富宮のオフィス棟入り口。
独創的なような・・・何かちょっと違うような・・・
昨日から最高気温が0度前後になってきて、
気候が真冬になったのは間違いないようです。

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ