« 万芳亭公園&陶然亭公園 | トップページ | 雍和宮 »

京劇見学ツアー

約2ヶ月間、今日この日のために悪戦苦闘、
花も嵐も踏んづけ、越えてきた(そこまで言うか・・・)。
会報に案内を載せようにも、
締め切りになってもほとんど何も決まらず、
どうとでも取れる、あいまいな記事を載せざるを得なかったり、
チケット販売日当日に訪問先が確定したり・・・
綱渡りが途切れず今日にこぎつけたのも、
この企画の関係者が全員、必死で動いたからだと思います。

当日も、ご応募くださった総勢37名のハンドリングに一苦労。
何も、皆さんが言うことを聞かず、
てんでばらばらに行動したわけではありません。
こちらが不慣れで、皆さんをうまく誘導できないだけ。
何せ、私は今日初めて訪問したのだから、
次の活動の行き先がわかっておらず、
誘導しようにも誘導できない。
それでも皆さんは文句ひとつ言わず、ついてきてくださる。
参加者の皆さんにも、とっても助けられてしまいました。

1105_jingju0011105_jingju002
これは、参加者全員が楽しみにしていた、
京劇の化粧の実体験。
化粧品・衣裳・かつら全て、
プロが実際に使用しているものをつけていただく。

子どもたちのお猿さんの顔の化粧は、とってもかわいらしい。
一緒に映っているのは休日出勤となった、スタッフどなたかのお子さん。
きみも将来は、立派な京劇の舞台人になってね。

1105_jingju003
先ほど衣裳を着けていた男性は、
顔に隈取をした勇壮な男役に変身。

1105_jingju004
女性は男性より基礎化粧が念入りで、大変だったのですが、
その価値のある、美しさでした。
ちなみに眼はまぶたをのりで貼って吊り上げた上に、
まなじりを更に紐で引っ張りあげます
(ポニーテイルをしたときの状況)。
衣裳もぴかぴかきらきら、とても豪華です。

化粧の実体験は、してもらった人も見学者も満足の様子。

最後のイベントは、やはり舞台鑑賞。
リハーサル形式ということで、
俳優さんは衣裳を着けなかったものの、
楽隊もちゃんと入ってもらい、迫力あるものだった。
1105_jingju0051105_jingju006
「覇王別姫」の舞剣の場面。
どうでもいいことだが、
化粧の際、通訳の日本人昆劇女優さん
「化粧で眼は作るので、一重のほうがいいぐらいなんです」
とおっしゃったのだが、
虞美人を演じるこの女優さんは、くっきり二重まぶたの、
典型的、北方系美人です・・・

1105_jingju007
これは見たとおり、孫悟空の「閙天空(天空を騒がす)」
桃を盗む場面です。
顔の表情、身のこなし、見ていてとても楽しかったです。

・・・なあんて書いているが、
写真を撮るのと、次の段取りの心配であたふたして、
どれもろくに見ていなかった。
本当に、何がなんだかわからないうちに終わった、
というのが、私の感想。

関係者だけでお茶をしているとき、
この企画の実現に大変ご尽力くださった対外友好協会の方が、
面白い感想をおっしゃった。
その方は仕事柄、こういったイベントのアテンドをよくすることがあるが、
その場合は、最初から最後までしゃべり詰めらしい。
バスの中で、委員長が挨拶したり、
私も原稿まで準備して、化粧の参加者のくじ引きをしたり、
待ち時間を退屈させないようにしゃべったつもりなのだが、
その方と、バスの運転手さんは
「なんて静かなんだろう・・・」と思っていたらしい。
私が参加者なら、ずっとしゃべられると
「うるさいなあ・・・」と思っちゃいそうだが、
歓待の仕方、サービスの仕方に対する考え方が、
こんなに違うんだなあと、とても興味深かった。

私がこんなイベントに係わることがあるとは夢にも思わなかった。
反省点も山盛りだが、
勉強になることも多かったし(今後生かせるかな?)、
関係者一人ひとりの人間性、長所がよくわかり、
本当にこの方々と組んでできたことは、
なんという幸運だったのだろう、としみじみ思う。

« 万芳亭公園&陶然亭公園 | トップページ | 雍和宮 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、そんなことをなさっていたのですね!それは大変でしたね。
お疲れ様でした。
京劇のお化粧を施してもらえるなんて、なかなかできない経験ですよね。
私もそんなチャンスがあればやってもらいたいくらいです!!
実は舞台はあれこれみてるのに京劇は見たことありません。やっぱり孫悟空がおもしろいですか?

mugihoさん、随分大げさに書きましたが、
結局自分ではどうにもできず、
うまく進みますように!と
祈っているしかない期間が長かったのです。
情報誌で劇場で化粧をしてもらえるツアーを見かけたのですが、
なんと680元(×15円)!!
くじに当たった方は、本当にラッキーだったと思います。
私も京劇を見るのは実は2回目だったのですが、
この2つの演目は、それぞれ美しさと面白さが際立っている対照的な演目で、
さすが外国人に人気のある演目だなと思いました。

ご苦労さまでした~。涙ぐましいT0T
私も台北にいた頃、京劇学校へ見学に行ったことがあります。
メイク、落とすのが大変そうで私はやらなかったのですが、
hon-neko家内さんもメイクしてもらったんですか?
今度写真見せてください^0^

rikuさん、いえいえ、最近参加された留学生さんの、とても熱い感想文を頂いて、
くじけずやってよかったなあ、と思っているところです。
メーク落とすの、とても石油臭いクレンジングを使っていたようです。
一応、化粧品などを準備していたのですが、弱い人なら荒れるかも。
化粧はやる人がいなかったらやる覚悟だったのですが、
立候補者1名とくじに当たった人2名が「いやだ」とおっしゃらなかったので、
やらずにすみました。
でも、あんなに変身できるなら、
ちょっとやってみたかった・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/7045938

この記事へのトラックバック一覧です: 京劇見学ツアー:

« 万芳亭公園&陶然亭公園 | トップページ | 雍和宮 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ