« 料理教室 | トップページ | 南鑼鼓巷 »

小言○○○

最近、日々「小言○○○」になっている。
自分では何もできないのに、
人がやったことに、こまごまいちゃもんをつけている。
いやだいやだと思いつつ、止まらない・・・

先日から行ってみたいと思っていた、鰻専門店に昼に行ってみた。
新しくできたばかりのきのこ料理店の1Fを間借りしている形。
カウンターも大きく、テーブル席、個室も多くある。
カウンター内では日本人の職人さんがひたすら鰻を焼いている。

もちろんうな重を注文。
ただし、昼の定食としてのうな重。
注文を聞いてからさいて、焼くと聞いていたので、
焼けるいい香りをかぎながら、しばし待つ。

「きたぁーー!」
お重を開けてみると立派な鰻が・・・
日本のスーパーで安売りしている、どでかいタイプではない。
さ、さ、さ、写真を・・・

と思った瞬間、
「すみません、間違えました・・・」
と私たちの前からうな重は去っていった。

「山椒、かけちゃった・・・」(by hon-neko)

2・3分すると一旦下げられたお重はどこかの個室へ。
思いっきり振りかけた山椒はどうなったんでしょうね。

5分ほどして私たちの元に現れたのがこれ。
051016_chaoyang001
鰻小さくなっちゃった。
大きいのを食べたければ、コースを食べてね、ということね。
味は、はっきり言って、
職人さんが一生懸命焼いたありがたみが感じられない。
これだったら、よそでも食べられる・・・
今日は56元だったけど、これで70元だとちょっと・・・
あくまでも、定食を頼んだ私の感想です。

近くの朝陽公園を散歩してから、帰宅。
hon-nekoは自分の買い物のついでに、
さる方に頼まれた本を買ってきた。
051016_chaoyang004051016_chaoyang005
日本語訳より早く出た!!中国語訳(正式版)。
表紙がハードではなく、教科書みたいなのが、ちょっと残念。
初版80万冊で、hon-nekoが行った書店ビルでは、
地下では予約分受け渡し、でも他のどの階でも売っている状態だったらしい。
予約の意味って???

« 料理教室 | トップページ | 南鑼鼓巷 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

さる方、猿方、わたし・・・
ありがとう!!
日本でも予約しても結局あまるくらい本棚にならんでたよ。
シンガでも英語版はもう20%offになってます。 それでも日本語版を待つ私。
わーい、ありがとう。

みさこのさん、そう、あなた様がさるお方でござる。
いえいえ、礼はお手元に届いてから。
日本では、前回書店買取制にして、
だぶつかせちゃったらしいから、
今回は何万部刷って、どういう販売をするのでしょうか。
もう決まっているのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/6446881

この記事へのトラックバック一覧です: 小言○○○:

« 料理教室 | トップページ | 南鑼鼓巷 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ