« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

X-day

昨日は久しぶりの中国語の授業。

今日は日中ずっと雨で・・・BSが映らないかと思った。
もうちょっとで家のところで、hon-nekoから電話。
TVが見られる日本料理店で夕食の予定が変更。
私より先に帰宅して、TVの前に陣取っていた。

G戦とは思えないような・・・少し昔ならありえないような試合展開。
ご飯を安心して作って、食べ、9回の表はゆっくり見た。
今年は強かったという実感がなく、
もつれずに9月中に決まるとは思わなかった。
2年前の爆発的な喜びはないが、

『ばんざい!!』

気分すっきり、明日からまたがんばろぉおおお!!

鷺鷺酒家

昨日は会議とそれに関するもろもろで終了。

今日はブリッジのあと、お食事会ということで、
喜び勇んで行ったものの・・・案外人が少ない。
それでも2テーブルできて、20ボード近くプレイできたと思う。

残念ながら7人になってしまったが、
四環慈雲寺橋そばの「鷺鷺酒家」に行く。
(Mさん、いつも完璧なご手配及び注文ありがとうございます!)
050927_lulu_012
外見は普通のきれい目のレストラン。
内部はとーーってもきれいなレストラン、
5つ星ホテル内のレストランに決して引けをとらない。

050927_lulu_003050927_lulu_006
今日食べた料理、突き出しから注文した品全てまで、全く外れがない。
左は「泥螺」。何かといわれると・・・淡水の貝?
殻がとても薄く、中が透けて見えている。
酒に漬かっていて、つるっとしていて、いくらでも食べられそう。
右は「特色麺筋」。
「麺筋(=生麩)」をいろいろな味付けで料理してくれるらしい。
私は麩が大好きなので、これはたまらない。

050927_lulu_007050927_lulu_010
左は「マコモダケの揚げ煮」。
エリンギがもうちょっとしっかりしたような食感で、
味も見た目ほど濃くない。
右は「マテガイのもち米乗せ(?)」。
このもち米の味付けがとってもおいしくて、
ひとりでこの一皿、ペロッと食べられそう・・・

他にも、「蟹肉がのった豆腐鍋」「多宝魚の清蒸」など、
ごちそうばかり・・・ご想像ください。

値段がやはりホテル内レストラン並みであり、
人数もこれぐらいいないと品数が取れないので、
なかなか来る機会はないかもしれないが、
ここぞ!というときには、是非また行きたい!!
全く同じ品を頼んじゃうと思うが・・・

北京大学

9/4清華大学に続き、大学訪問第2弾(?)「北京大学」。
一昨日図書室でお会いした方からは
「清華大学とはかなり雰囲気が違いますよ」と伺っていた。
さて、どのように違うのか・・・

s050925_beida001s-IMGP5648
おおーーー、東京大学「赤門」を髣髴とさせる西門(正門)。
右は現在は事務棟として使われている建物、
こういう建物は随所に見られる。

もちろん清華大学に負けず劣らず、広大(すぎる)。
でも、なんだか違うのは何でだろう?
緑などがある公園のような部分は清華大学のほうが多いと思われる。
北京大学のほうが、大学の中身(建物?)がぎっしり詰まっているように感じられる。
また、構内全部を見ていないので、絶対とはいえないが、
清華大学より古い洋風建築は少ない気がする。
s050925_beida006s050925_beida005
とはいえ大きな湖もあって、
楽しくすごす人もいれば、勉学にいそしむ人も。

ちょっとびっくりしたのが、バスケット競技場にて・・・
s050925_beida008
まだ軍事教練って、やっているんですね。

その一方、お坊さんらしき人を囲み、なにやら話を聞く学生たち。
s050925_beida007s-IMGP5712
また、たくさんの学生が学内に住んでいるので、
公衆浴場もあります。

大学としての総合力は「北大」「清華」互角でしょうが、
散策を楽しむには、「清華」をお勧めします。
(「北大」もそんなことで比較されたくないでしょうが・・・)

 

幸福村

昨日は、朝中国語の宿題、昼から図書室の当番(&新人トレーニング)、
その後お友達の家でブリッジの練習と充実した一日でした。

今日は夕方までのんびりしました。
夕方、タクシーで前を通るたび気になっていた、
幸福村の「Village33」へ行ってみることに。
幸福村は1ブロック丸ごと大規模開発をしていて、工事の真っ最中ですが、
カナダ大使館に近いここだけがぽつんと店を開いています。
050924_xingfu050924_xingfu3
店内もスマートなインテリアでまとめられていて、
中庭でも食事ができます。
050924_xingfu1050924_xingfu2
右はナシゴレン。
オムライスやチキンステーキも食べたのですが、
どれも、とてもほっとする洋食の味。
しかも単品15%オフだったらしく、二人で175元でした。

満腹なので運動を兼ねて三里屯をぶらぶら。
6月にはまだ工事中だった「三里屯服装大厦」は
全身イルミネーション状態。
見てても飽きないぐらい、実にいろいろなパターンに変わります。
050924_xingfu4050924_xingfu5
ちょっとブレブレで失礼します。
ただ横道にはいると、まだ内装工事中です。
またまた、「Cafe de Niro」でコーヒー飲んで一息。

Tシャツに1枚はおるぐらいで、暑くもなく寒くもなく、
ほこりっぽいけど、とても歩きやすい気持ちのいい食後の散歩でした。

ツキあり(どの辺が?)

私は占いをよく信じるほうではないが、
インターネットのある占いをその日着ていく服(の色)の参考や、
気をつけることの参考にしている。
今日の占い結果は・・・ツキあり。
健康運は「ひやひやするような思いをしたり、
大変な目に遭うといった経験をしてしまうといった日になるかもしれませんが、
それでも無事に過ごせる1日です。」

午前10時半、中国語の宿題をやろうと思いつつ、
先に昨日のブログを書いてしまおうと思いつつ、
友達のブログやHPを周回していた。
すると、携帯がブルブル振動。
私のお友達はまず家に電話をかけていらっしゃるので、
誰だろう・・・
「hon-nekoさんですか?○○(日本人会の方)です」
「おはようございます」
「今日図書の当番ですよね?」
「はい」
「10時からですよ」

ガビィーーーーン!!!

カレンダーを見直すと、自分の字で「10-12時」と書いてある・・・
どっひゃぁーーー!!!
「今すぐ行きます」

小走りに走り続けて10分で到着したが、
結果は45分の遅刻。
(読んでないけど)○○さん、お忙しいのにすみませんでした・・・

なぜか全くわからないが、
今日は14:30からの当番とずっと思い込んでいたのである。
明日12:00からはあっているのに、なんで・・・?

最近複数の方から指摘されている「ぼけぼけ」かもしれない。
今日から、翌日の約束の時間を確認するようにしまーーーすっ!!

馬連道&前門

今日は楽しみにしていたrikuさんとのお出かけの日。
建国門そばの「和倉6号」まで来ていただき昼食。
050921_maliandao001
写真は私が食べた、うどん定食、50元也。
サラダが2品付いていたり、ご飯がないのに漬物が付いてくるのはご愛嬌。
味は辛くなくて、おいしかった。
rikuさんはチラシ寿司を召し上がったが、
お新香が付いていた点以外は問題なかったようで、
私もほっ・・・

タクシーに乗って、北京西駅南西の馬連道(茶葉の専門店街)に向かう。
馬連道路というのは約1キロ程度あるが、
その道の両端にお茶の店が並び、
所々に大きな市場(茶葉店の集合体)があるらしい。
ただ、周辺はお茶の店以外にアパート(公寓?)などもどんどん建てられている。
カルフールやB&Qまである。

050921_maliandao002050921_maliandao003
私たちが行った「馬連道茶城」には陸羽の像があり、
rikuさんのブログをご覧ください)
著書である「茶経」まで掲げられている。

050921_maliandao004
が、なぜか5階は「撮影器材城」。
写真に関する器材は何でもあると聞いていたが、
客はまばらで、閑散としている。
私も今日は用事がないので、すぐに下の階へ向かう。
050921_maliandao005
上の写真は4Fにある、
お茶に関するさまざまな道具を取り扱う売り場。
この売り場も数えるほどしか客はいない。
大丈夫か???
地図を見ていると、馬連道にこのような巨大店舗は他に3つはあるのだが、
みんなこんな感じなんだろうか?
それとも他にもっと流行っている「茶城」があるのだろうか?
次回行くときは他の「茶城」にも行ってみたい。

向かい側の「更香茶叶」をゆっくり見た後、
私が以前行ったことのある、前門の「張一元」へ。
そしてずっと気になっていた、2Fの喫茶部で
優雅に「アフタヌーン・ティー」(?!)
しかもお茶請けはrikuさんが街角で買ったばかりの、
持込の焼き栗。
rikuさん、栗ごちそうさまでした。
優雅ではないかもしれないが、
懐かしい、のんびりした気分になれる空間ではある。

今日はなぜか、どの通りもいつもに比べると2・3割人が少なく、
イライラせず周りを眺めながら、ぶらぶら歩くことができた。
混んでいると「2度と来るか!」と思ってしまうのだが、
今日みたいにゆっくり街を歩けると、
また来ようかなと思ってしまう、
他の街にはない独特の雰囲気を持つ街である。

行事は続くよ、どこまでも♪

昨日はリドのブリッジに行き、
帰宅すると翌日の打ち合わせのメールが入っていて、
その確認でメールをやりとりしたり、
別件で、お友達と楽しくおしゃべりしているうちに終了。

今日は友好協会にて、委員会の行事の打ち合わせに参加(見学?)。
担当として、日本語が堪能でとても聡明そうな、30歳ぐらいの女性が登場。
11月に行事2つ、12月はクリスマス・パーティー(全体で)、
1月に氷まつり、4月ごろに音楽会とどんどん行事が決まる。
図書室としては、来年行事の合い間を縫って、
古本市やボランティア同士の懇親会を行う予定。

もちろん、この全部の運営に参加するわけではなく、
お手伝いするぐらいなのだが、
毎月何かあるぞ・・・
11月の行事は楽しそうなのだが、
故宮に行くのがあって、ちょっと寒そう。
1月の氷まつり、どう考えても寒そう。
行くとしたら、貼れるところ全てにホッカイロを貼ろう。

来年の話をしていると、
北京市はオリンピックに向けて、
どんどん海外との交流を目的とした行事を予定しているとのこと。
工人体育館そばのボーリング場で1000人のボーリング大会!とか、
五輪と五環をかけて、五環内を市民が自転車で走る!
(ちょっと間違っているかも?)など、
北京ならではのビッグスケールなイベントばかり。

その中で、社交ダンス大会の話もあるそうで、
「日本では社交ダンスが流行っているそうですね?」
と担当の方がおっしゃる。
こちら側も「そうですね、映画がはやった後、ブームになりました」
という話になり、
「皆さんはなさいますか?」
「いえいえ、私たちはとてもとても。流行っているのはシニア層での話です」
とか言ってるのに、
社交ダンス講習会をやってもいいのでは、なんて話が・・・

・・・なんでやねん!!ちょっと、待ったらんかい!!
他の行事は行っても、これだけは絶対いけへんでぇ!!
私は運動のお誘いは全て断っている。
高校の体育のダンスでも、全くステップが覚えられなかった。
「Shall we ダンス?」だと絶対に、田口浩正なのだ。
どうあがいても、渡辺えり子なのだ。
(なお、あの映画の渡辺えり子はとてもよかったと思うが)
どう整形しても、草刈民代にはなれないのだ!!

この企画だけは絶対阻止しなくては・・・

中秋節

今日が中秋節当日なのですが、
夜が近づくにつれて雲が厚くなっているような・・・
昨日でも十分きれいだったのですが、
やはり当日見たいような気がします。

今日もタクシーで亜運村の華堂商場(ヨーカドー)に出かけただけ。
亜運村といっても、かなり東側でしたが。
松茸は売っていませんでしたが、
(ここはパームスプリングより地元率が高いと思われ)
上海蟹は売っていました。
しっかりくくられているのに、腕や目をもぞもぞ動かしていて、
かわいらしかった・・・あれ???

どの階もかなりにぎわっている上、
外の広場でも月餅販売のラストスパートや、こんな催しが
050918_wedding_001050918_wedding_002

説明会場がにぎわっているようですが、
よく見るとショーに出演するモデルさんが準備中だった・・・
モデルの前に写っているお姉さんは、営業のお姉さん。
パンフレットを配るべく、虎視眈眈と狙っております。
繁華街ではいくつもウェディングフォトショップを見かけるので、
今後ますます繁盛する分野なのでしょうか?


完全休養日

昨日は図書ボランティアに行っただけ、
今日は隣のスーパーに行っただけ、ゆっくりしております。

フラワーアレンジメント5回目(涙)

待ち合わせのため外出すると、小雨が降っている。
傘を差すのが面倒でどんどん歩くが、少しづつ強まっている。
それでも何とか傘を出す前に到着、お友達を誘ってタクシーに乗ることに成功。

今日のテーマは「交差法」。
普段フラワーアレンジメントで目にしているのかもしれないが、
意識して見るのは初めてで、
「こんなに面白い挿し方があるんだ」と感心しきり。
が、やってみるとひじょーーーにむずかしい!!!
かごの奥行きからはみ出さず、クロス(交差)は同じところばかり作らず、
だが、視覚的奥行きは必要で、しかも扇形を描いていく・・・
なんて、おらにはできねえよぉーーー

とっちらかって、こんがらがった電気配線のようになってしまい、
完全に「白旗」状態。
先生が要らない枝をかなり除き、ど真ん中にささった花を挿しなおしたりしてくださり、
時間ギリギリに何とか完成したのが↓
050915_furukawa_2
今日のは本当に載せたくなかった・・・

作品が完成した頃、ようやく外を見る余裕ができて気づくと、
雨が本降りになっているではないか・・・
教室を出たときにはラッシュアワーになりかけており、
来るタクシーすべて人が乗っている。
まれに空車が来るので追いかけると、全部NG。
もう、なんなのよ!!
右手にお花、左手に傘で腕をぴくぴくさせながら、
5分ほど歩いて地下鉄の駅に到着。
花を抱えて電車に乗るのは階段の上り下りがしんどいし、
目立つから絶対イヤだと思っていたのだが、
今日ばかりは駅に着いて、傘を閉じたときはほっとした・・・

うわさにきいていた、先生の
「持ち帰りを考慮しない作品」、実感できました。

提意見

昨日パームスプリングに行った際、王府井洋華堂に寄って買い物をした。
野菜売り場をうろうろしていると、なんと「松茸」を発見!!
200グラム強で16.1元、信じがたい値段・・・
4パック売っていたので、お友達と2人で買い占めても良かったのだが、
かさが開いてたり、やけに黒ずんでいたので、
ひとり1パックのみ購入。

帰りのタクシーの中、お友達が自分のパックのラップを破いてみる。
・・・・・香りゼロ・・・・・
安すぎるもんなあ・・・

帰宅後私の買ったパックも開けるが、やはり香りゼロ。
松茸ご飯にするが、調理中も香りゼロ。
「看起来松茸飯、吃起来・・・」という構文の練習文ができてしまう。

めったにやったことがないのだが、今朝店に電話をかけてみる。
(クレームは言わずに、極力その店を利用しないことにしていた)
日本人か日本語のできる人がいないか聞くと、
今いないがどうしましたと訊くので、怪しい中国語で説明。
すると日本語のできる人が折り返すとの対応。正しい。

10分ほどで、野菜売り場担当の日本語のできる女性から電話がある。
「それは松茸ではありません」といわれると話が変わってくるので、
確認したがやはり松茸とのこと。
「とても古くて、全く香りがない。日本人は松茸なら多少高くても買うが、
全く香りのないものを売るのはやめたほうがいい。
御社の商品管理はとてもいいのに、これでは信用に傷がつく」
と話すと、
「申し訳ありません」と言われた。
レシートを持っていけばお金を返してくれそうな感じだったが、
タクシーで行かないといけないし、今週行くひまがないので断る。
私は言いたいことはいったので、とりあえずすっきり。
私の意見が反映されるかは、しばらく行けそうにないので確認できませんが。

ゲームができるぞ!

昨日お会いしたメンバーが全員いらしたので、今日のブリッジも盛会。
10時ごろまでに10人いたので、インディビジュアル戦を行う。
普段ならビッド中に質問が出て、なんとなくハンドがわかっちゃうということがあるが、
誰も質問しないので、練習ではなくゲームの雰囲気になる。
終了までに16ボードできた、よかった、よかった。
残念だったのはギリギリまでやっていたので、
肝心の順位の計算ができなかったこと。
私がスコアを預かったのだが、やり方がわからなくて、すみません・・・

ランチはしばらく行っていなかった「百富源」。
11人もいると何種類も食べられるし、普段注文しない品も食べられた。
しかも1割引カードがあったせいで、ひとり16元。素晴らしすぎる。

その後6人でパームスプリングのアスコットへ豪邸訪問。
今年3月開業なので、中も外もピカピカしている。
お邪魔したお宅はリビングの窓から中庭が一望できる。
その中庭がヨーロッパ風と言うのか、とても緑美しく整備されている。
事実上は北向きなのだが、庭がきれいなので全く気にならない。
また、道路に面していないのでとても静か。
うらやましいが、素敵すぎてちょっと私には合っていない。

こちらへ向かう道中、この周辺ではスーパー超豪華マンションが続々販売されていて、
中には900平米、3000万元(×14円)という物件があるらしいと伺う。
誰が買うのよそれ・・・
ここって、社会主義国でしたよね・・・

リドのブリッジ

先週月曜日からリドホテルでのブリッジも再開され、
今日が私の復帰戦。
日本人会チームから2ペア出るので、なんとなく心強いなあと思っていたら、
2ヶ月ほど日本に帰っていらした方もお友達と来られて、
3ペアとなった。
それで4テーブルになったので、日本人めずらしく国際貢献?!

ゲームは久しぶりなので慎重にプレイしようと思っていたのだが、
相変わらずポカを2つも3つもやってしまう。
どうやったらポカをしないのかしら?
性格だから仕方ないのか・・・こらあ、あきらめるな!!

6人とも急いで帰らなくてもいいので、リドの四川料理へ。
初めてお会いする方と久しぶりお会いする方とご一緒で、
普段よりちょっぴり緊張。
なんといえばいいのでしょうか・・・
うわあ、ブリッジをする方々だなあ、というか・・・
ちょっと迫力のあるメンバー・・・あ、ちょっと語弊があります、ええっと・・・

ブリッジをする方には私の言いたいことがお分かりいただけるかと。
いいとか悪いとかではなく、
普段あまりにもフレンドリーで、カジュアルな環境でいるものですから、
ちょっときりっとしたのであります。
プレイもきりっとしなくちゃ。

打ち上げ

(昨日の続き)
「打ち上げ」といっても、hon-neko家2名のみ。
単に私が晩御飯を作れなかっただけです。
帰宅後、星野阪神残留に安堵し、
巨人-中日戦を安心して見つつ、ぐぅぅぅ・・・
20分ぐらい眠ってしまったところで起こされ、
外出できるぐらい体力が回復したところで、
rikuさんご紹介の「聨聨(レンレン)」に行きました。

もっとかっこいいビルに入っているのかなと思ったら、
ビル自体はかなり時代物なので予想との落差がありました。
でも、店(の部分のみ)の外見と内装はとてもスタイリッシュです。
また店内は落ち着いて飲んだり、食べたりできる雰囲気。
早い時間なので、すぐ個室のテーブル席につけました。
(昨日は実はボールを持ったお子様連れが・・・店内でボールはつかないでね)

料理はrikuさんから伺っていた通り、創作日本料理。
ですが、寿司やそばなどhon-nekoが食べられる料理もあり、ほっ・・・
050910_akimaturi_003050910_akimaturi_004
写真はマグロのたたき、バルサミコ酢あえと、サーモン巻き。
サーモン巻きは私ひとりで食べましたが、
マグロのたたきはhon-nekoも2・3切れ食べました。
両方とてもおいしかったです、特にマグロのたたき、GOOD!
hon-nekoが食べたにぎり寿司もおいしかったとのこと。
最後に食べていたざるそばもおいしそうでした。
私は最後に・・・
050910_akimaturi_005
抹茶アイス、白玉、くずきり、黄な粉、黒蜜、と大好物の競演!!
黄な粉と黒蜜がもっとかかっていると100%大満足でしたが、
なかなか食べられないから、これでもうれしかったです。
次回はrikuさん推薦のクレームブリュレ、食べるぞぉ!!

「味徳」と拮抗!?というぐらい我が家では大好評でした。
違う料理をいろいろ食べてみたいです。

秋まつり

秋まつり本番当日。
9時半に会場に到着したときは、
もうすでに多くの委員や出店関係者がいて、みな忙しそうに準備中。
が、うちの委員会はのんびりムード。
急がしそうでもあせるが、のんびりもあせる。

とはいえ、7人で机の上とダンボールの上に本を並べると、
あっという間に出店準備終了。
本の値段は今日も変更があったが、妥当な値段(何が基準?)に決定。

11時前から品定めをしているお客さんがいるぐらいで、
開店すると常に3・4人以上のお客さんがいる状態。
慣れないため、店番3人でもなかなか忙しい。
10冊ぐらい買ってくださるお客さんもちらほらいて、
売っている側としてはうれしい。
ただ、売り始めてから気づいたのだが、
子どものお客さんがかなり多かったにもかかわらず、
子ども用の本はあまり持ってこなかったのが、ちょっと失敗。
「こんなの売れるのかな?」と言っていた、
私も子どものころ持っていた図鑑(状態はとてもよい)も完売。
050910_akimaturi_001050910_akimaturi_002
心強い助っ人が来てくださったので、
客足が少し途切れた間に、買ってきてもらった焼きそばを急ぎ食す。
閉店一時間前には特売を決行。
2度3度と足を運んでくださるお客さんもいて、ありがたい。

午後2時半に閉店。
完売とはいかなかったものの、
大雑把に段ボール箱7箱程度は売れた模様。
何十人・・・100人以上かもしれないお客さんに感謝・感謝。

片付けのためイベントの手伝いに行っていたメンバーが戻ってくる。
か、かわいそうにこちら以上に客足に途切れなく、
昼食をとる時間、一切なし!!
「体力の限界に挑戦でした・・・」「究極のダイエット!?」
本当に本当におつかれさまでした・・・

みんなが自分ができることを精一杯やって、
(多分)トラブルもなく終了。
私も微力ながらお手伝いして、
今日一日で勝手に委員会の皆さんとなじんでしまったことに?!
改めて、皆さん協力的で良い方ばかりだと思った。
多少疲れたが、参加してよかった、と心から思った。


明日の準備完了!

昨日は午前中に中国語の宿題を何とか半分終了。
午後は図書室の当番で、帰宅後も少し作業をして一日終了。

今日は朝10時から明日の日本人会秋まつりの準備。
といっても、古本市に出品する本(既にダンボールに入っている)を
搬送してもらえるように、会議室に移動するぐらい。
ただ、月曜の会議以降重要な点が変わっていたりして、
その確認などで少し話し合う。
が、ランチは「翠亨邨茶寮」でのんびり飲茶。

明日は9時半に集合、11時からの開始に備える。
(役員の方などは8時集合、シェ~~)
写真を撮れるといいのだが、
写真が撮れるほどひまなのも困りもの。
持ち込んだ本が全部売れますように・・・

ブリッジの掟

今日のブリッジは私が参加させていただいて以来初めて、
3テーブルできた、パチパチパチ!!
10時前には2テーブルできていたので、
チーム戦をすることができた、パチパチパチ!!
来週以降も2テーブル以上できるととってもうれしいなあ。

ランチも全員が参加できたので・・・
050907_shuizhu_003
でたあ~~、水煮魚!!
もちろん魚は・・・当然、アレです。
500グラム48元の高級魚、その名も高き「なまず」!!
いつも注文してくださる方が辛くしすぎないように頼んでくれたので、
ビリビリにしびれすぎずに食べることができました。

ナマズ初体験の方も2名いらっしゃいました。
だが、北京の日本人会ブリッジに入ったからには、
この洗礼を逃れることはできないのです、ふっふっふ・・・

他にも7・8品おいしい四川料理が並んでひとり40元。
中華は大人数に限ります。
あ、場所は新源里市場隣の「沸騰魚郷」です。

食後は8名で隣の「佳億市場」を散策(?!)。
みんななぜか私が先日から買い集めていた、
なんちゃってプラダくまちゃんを買い求め、
これもブリッジの参加者の証になりそう???

お寿司にトライ!

今日は髪を切りに行く予定だけだったのだが、
いつもお世話になっている方と新しいお友達と3人で
「和倉6号」でランチをする。

前回オープンキッチンや鉄板焼きに目を奪われてよく見ていなかったのだが、
寿司カウンターがあることに気づく。
ランチメニューにも「江戸前寿司定食」と「ちらし寿司定食」があった。
お二人は安全パイの「天ぷら定食」を選んだが、
私はブログのためにも(!?)、
「江戸前寿司ください!」

050906_wakura_001
じゃーーん、こんなんきました~~
多少かっぱ巻きが不安を感じさせるが・・・

「四葉」や「旬彩」ぐらいおいしい!とはやはり言えない。
でも、2度と食べねえ!!とまではいかない。
他のメニューと同様に選択可能、ということかな。

サーモンの横のしいたけもちょっぴり謎だが、
これはいい味がついていたのでおいしかった。

楽しくお話した後、建国門から地下鉄に乗って国貿駅へ。
下は建国門駅で「おおーー!」
050906_wakura_003

久しぶりの会議

日本人会図書室ボランティアのお世話役のひとりとなったため、
日本人会の会合にも月1回出席することになった。

会議などというものに出席するのは10数年ぶり・・・
昼食を食べながらの会議なので、「グルグル」の心配はなし!
また、会議自体は2時間もかからなかったので、
居眠りの危機にも襲われず。
そもそも全部初めての話なので、寝ている場合ではない。

9/10の秋まつりのお手伝いの後も、ある行事の担当になる。
その行事を順調に、失敗のないように進めなくてはならないが、
もうひとりの担当は図書ボランティアの先輩である上、
委員長をはじめとして、委員の皆さんのご協力を得られるので、
今のところ負担は感じていない。

そして、図書室の仕事も委員会の仕事も、
普段交流のないグループの人々と一緒に仕事をし、
新しい知人・友人が得られる。
「楽しもう!」という気持ちを継続したいと思う。

清華大学

気候がよくなったら行きたかったところ、第一弾!「清華大学」。
北京大学と並び称される、中国の理工系大学の最高峰。
学問的には私とは、極めて全く縁のない学校である。

「何のチェックもなく構内に入れる」と聞いてはいたのだが、
タクシーは誰にも止められず、ずんずん構内に入っていく。
構内に関する予備知識がないので、てきとーなところで停めざるを得ない。
050904_qinghua001
かなり大雑把な道路案内を頼りに、歴史的建造物の多そうな地区へ進む。
050904_qinghua002
050904_qinghua003
この2枚の写真は「二校門」といって、学内で最も古い門。
050904_qinghua005
これは「清華学堂」。設立当初の中心的建造物。
ごく簡単に沿革を説明すると、
この一帯は元来、清代皇帝所有の林(?)だったが、
1911年にアメリカ留学準備のための学校として
「清華学堂」が創立される。
1925年に大学部が設立され、28年に「国立清華大学」となったとのこと。
050904_qinghua004
こちらは清華学堂のとなり、「大礼堂(講堂)」。
「二校門」からこの周辺は、「あなたも私も記念写真」状態。

そして傍にある「記念品服務部」で地図とパンフレットを購入して、
ようやく現在地や全体図を把握。
・・・するものの、敷地が約1,8キロ四方ぐらいあるぞ!!
この中に生活のほとんどすべてが詰まっている。
各種宿泊施設・住居、銀行、郵便局、スーパーはもちろん、
幼稚園からのすべての教育機関、
ボーリング場から屋内・屋外プールもある。
南側には民間との協力で建設したと思しき、巨大なビジネスビルも完成間近。
学内の主要施設を結ぶバスまで走っている。

地図で見ると、あれやこれやぎちぎちに施設が詰まっているようだが、
実際は緑がとても豊かで、よく整備された広大な公園のようである。
050904_qinghua007
これは「工字庁」といって、元々は皇族の休憩所だったらしいが、
大学になってからは一種のレクリエーション施設として利用され、
今は大学の事務所となっている。
これがまた、街中で公開されている邸宅よりきれいに整備されている。
050904_qinghua008
最後の写真は、「近春園」。
蓮の花の盛りに来れば、さぞ美しかっただろうなあ・・・

2時間以上うろうろして、まだ全部の歴史的施設を見ることができず。
季節を変えて、絶対に再訪したい。

ちょっと寄り道

ようやく、崇文門の菜市場に歩いていこうかな、という気候になった。
途中の胡同内にそんなものがあるの、と思い立ち寄ってみる。
050903_church_001
これは違いますよ。
午後一時台、人通りの少ない静かな胡同です。
この商店の向かい側に・・・
050903_church_002
北京キリスト協会・崇文門堂があります。
恐る恐る入っていくと、
門の中に写っている方のひとりが、
「こんにちは」と声をかけてこられたので、
写真を撮っていいか伺うと、外はかまわないとのこと。
050903_church_003 050903_church_004
あまり広い敷地ではないのですが、
とても大きな木が前庭を守るように覆っていて、
静かでとても心が安らぐ空間です。
全く派手さや華麗さはないのですが、
どこか家庭的なやさしさ、あたたかさがあって、
すぐ近くに繁華街があることを本当に忘れてしまう、
いつまでもゆっくりしていきたいような場所です。

「中を見ますか」と訊かれたのですが、
なぜか遠慮して失礼しました。
全く観光地的でないので、
逆になんとなく見せてもらうのが悪いような気がしてしまって。
今度は木の葉が落ちてしまった、
違う雰囲気の教会を見に行きたいと思います。
そのときは、へんな遠慮せず見せてもらおうっと。
教会の歴史とか聞きたいし。

北京秋天

昨日の本文やコメントに書きましたが、秋到来はどうやら本物らしく、
日差しが多少まぶしくっても、気になりません。
050902_jianguomen001
朝9時過ぎの空、さわやかっす!!!

12時前に国際倶楽部方面に向かっていたのですが、
建国門の駅前の公園にて・・・
050902_jianguomen005 050902_jianguomen006
中学生ぐらいの子供たちが何かの訓練中。
画像ではえらく物々しいですが、
掛け声とかは現代っ子らしく、へなへなしています。
国慶節の準備?間に合うかなあ・・・

次は長富宮近くの街路樹にて、昨日お会いした方に教えて頂いた「謎」。
050902_jianguomen007 050902_jianguomen008
これって一体何?!何のため?!
地上から3メートルぐらいは上、絶対手に届かないところに止めてあるのです。
しかも幹が3つに分かれているとすると3つともにつけてあったりします。
ちなみに長富宮の前あたりから秀水のそばまでずっとこの状態。
だが、うちの前の街路樹では全く見かけません。
樹の栄養剤とか・・・でもどうして茶封筒???
考えるほど謎が深まります。

最後の写真も一種の謎!?
050902_jianguomen002 050902_jianguomen003
コン・リー、今でもハリウッドで通用する女優なのですから、
仕事選びましょうよ・・・3.2元のビスケットはちょっとねぇ・・・
隣の棚にはこういう商品が並んでいるんだから。
050902_jianguomen004

デザイン変われど・・・

きっちり暦にあわせるかのように、
昨日と今日で気候が変わった。
晴れているものの日差しが少しやさしくなり、
何よりいいのが湿度が低くなった。
かなり困るのが風が少々強くなってきた。
またほこりとの戦いが始まった。

昨日はほとんど外出せず、事件も起きず平和な1日だった。
今日は午前中、日本人会図書室の当番。
利用者がとても少なかったものの、雑用でバタバタ。
めずらしくあっという間の2時間だった。

午後、図書室に遊びに来てくださったブリッジのお友達と、
仕入れのため秀水に突撃。
「もう帰る、よその店を見る」をいろいろな店で合計10回以上繰り返す。
ひとりだとここまで絶対ねばれないので、
そのお友達が、私のためにがんばってくださっちゃった状態。
おかげさまで、これは安いよねと納得の値段で購入できました。

今日は載せるほどの写真は撮れず。
時間がなかったり、両手が荷物で塞がっていたりしたのだが、
明日からは少し余裕を持って行動して、写真を撮りたいなあ・・・

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ