« 天安門周辺 | トップページ | 秀水市場 »

大山子芸術区

hon-nekoが(珍しく)行ってみたいという「大山子芸術区」に行く。
酒仙公寓の南側、宏源公寓に面した道を東へ5分ほど歩くと芸術区の入り口で、
画廊などの案内看板が出てくる。
看板によると画廊以外にもカフェや書店・ブティックなどもあるらしい。
050821_dashanzi001
これは「timezone8」という芸術書ばかり扱う書店。
私は写真集しか見ていないが、どちらかというと輸入書籍が中心。
日本の写真家も一コーナーある。
他の分野もゆっくり見れば、ここで半日楽しめそう。

次にこの地区の中心的スペース「798工廠跡」の一部にある、
「百年印象撮影画廊」に入る。
ここは名前の通り、フォトギャラリーで、
ロフトのようなスペースもあり、広く明るくて見やすい。
050821_dashanzi004050821_dashanzi005
写真は入り口とロフト部分。
今日見た作品も西域の人々を写したモノクロでなかなかよかったし、
他の作家のオリジナルプリントの展示販売や、
写真集なども多く扱っていて、
展示が変わるたび来たいなあと思った。

そして798工廠跡の中でも一番有名な画廊、「798時態空間」。
(この工場跡はとても大きいので、画廊・カフェ・ブティックなどいろいろ入っている)
050821_dashanzi006
今日は何も展示されていないが、この空間そのものがなんともアート。
hon-nekoは地方出張でこういう光景は見慣れているらしいが、
私は自分の目で見たのは初めてなので、とても新鮮。
ここまで大きな字で「毛主席万歳万万歳」などとスローガンが書かれていると、
もうこれはポップで素晴らしい。

他にもいくつか画廊などを見てまわる。
この地区は建物の中だけでなく、外の風景もなんとなくアート。
050821_dashanzi002050821_dashanzi003050821_dashanzi007

ここから20分ほど歩いて、リド地区のDVD店へ行くと・・・
「新撰組!」発見!!!
めちゃうれしかったっす!!
とても収穫の多い1日でした。

« 天安門周辺 | トップページ | 秀水市場 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんだか面白そうな空間ですね。
写真を撮るのにも雰囲気があってよさそう。
展示の写真もfrufruさんのインスピレーションを刺激しそうですね!!

mugihoさん、ただの工場跡のある郊外なのですが、
そこそこの数の画廊が集まっていて、
若い人や外国人が集まってくるので、
普通の郊外とは違うと思います。

うちから歩いていけるところにエプソンのギャラリーがあるのですが、
エプソンですからデジタルの出力が中心です。
ここはそういった制限がないのがいいです。
「芸術の秋」に再訪したいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/5581834

この記事へのトラックバック一覧です: 大山子芸術区:

« 天安門周辺 | トップページ | 秀水市場 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ