« 古玩城 | トップページ | 美術館再訪 »

ご近所うろうろ

今日は建国門付近の図書室2箇所へ行くことが決まっていたので、
またまた私の大好物「飲茶」ツアーも決行される。
国際倶楽部飯店(セントレジス)内の「天宝閣」は昼食時、飲茶の食べ放題をやっている。
ひとり108元+サービス料であるが、注文は一皿ではなく1個からできる。
普通点心は一皿に3・4個載ってくるが、5個とか言ってもよい。
逆に1個しか食べたくなければ、1個も言える。
最初、ええっと思ったが、これはこれで便利である。
また、メニューには「スープ・野菜・デザート」は別となっているが、
一品ずつなら料金内で注文できる。
050827_tianbaoge_1050827_tianbaoge_3050827_tianbaoge_4
写真の通り、室内はかなり重々しい豪華さ。派手派手ではないけどね。
だが、なぜか私たちの席の横の床にはトースター(!?)が出ていた・・・

味はもちろんおいしいです。
ただ、私の大好物「餃子湯」は「ふかひれ」が入っていない!!
「ハム入り餃子湯」なのです。
味はとってもいいのだから、1・2本でも入れてくれたらいいのに・・・

昼食後、隣の弁公楼内の日本大使館閲覧室へ。
hon-nekoは初めて行くので、パスポート(入館時毎回必要)のほかに
写真1枚を持参して、閲覧証を作ってもらう。
ここでは日本の各種雑誌の最新版及びバックナンバーを読むことができ、
少し古くなったものは借りられる。
私は立ち読みで愛読していた「アサヒカメラ」が読めるのが大変ありがたい。

次はおなじみ日本人会図書室へ。
私は先週木曜日に来たばかりなので、本を読んで待つ。

そして生まれて初めてPHSを持つために、
北京駅周辺に戻ってくる。
中国でも今や誰もが携帯を持っている。
しかもPHS(中国語では小霊通)より
携帯(手機)のほうが売れ筋(高いから売りたい)らしく、
携帯しか置いていないところが多い模様。
あまり期待していなかった隣の郵便局でようやく発見。
値段としては真ん中の688元(本体)+プリペイドカード100元。
通話料は1分0.1元。
他には何もお金がかからず、
私みたいに念のため持っておく人間には大変助かる。
お友達からの電話は大歓迎だが、
至急の呼び出しがないことを祈りたい。

« 古玩城 | トップページ | 美術館再訪 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やっとfrufruも携帯持ちになったのね。
アジアはプリペイドが便利よ。
でも私は契約にしちゃったけどね。
やっぱりね、携帯は便利よ。
愛用してね。

みさこのさん、日本では本当に不要だったんですよ。
家か会社で連絡取れるし、電車の大幅な遅延に巻き込まれることなんて、そんなにないし。
こちらはタクシーで動いていると、時間が全く読めないことがあるし、
図書の仕事で不測の事態のために持っておくほうがいいかなと思ったのです。
まあ、パソコンほどは愛用しないかな・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/5672017

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所うろうろ:

« 古玩城 | トップページ | 美術館再訪 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ