« 103に乗って | トップページ | またまたリド »

小ネタ集~hon-neko編

一部の方々には大変有名な事実だが、
hon-nekoは食べられる食材及びメニューがとても少ない。
嫌いな食べ物より、好きな食べ物を挙げるほうがずっと簡単である。

そんな彼が青島へ出張に行った際、
宴席で「ヒトデ」と遭遇してしまった・・・
味見(毒見)をしたらしいが、こういうとき1ccぐらいしか食べないから、
味など全くわからない。
刺激臭やピリピリはしなかったようで、他の方はちゃんと召し上がったらしい。
ヒトデは外側を食べるのではなく、
(さすがに硬すぎますね)
足の中に薄い灰色の柔らかい部分があって、それを食べるそうです。
なんと、淡白なウニのような味らしい。
(hon-nekoはウニも好きではない、念のため)
ご興味のある方は北京にお越しの際、王府井にお連れしますので、
自己責任でお試しください。

普段、hon-nekoは昼食を同僚と食べる。
ある日、隣のビルの日本料理店に行った。
メニューに彼の大好きな「焼きそば」があったらしい。
とても楽しみに待っていると・・・
焼きうどんのざるそば版が出てきた。
一口も手をつけず、マクドナルドに駆け込んだそうである。

« 103に乗って | トップページ | またまたリド »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

焼うどんがざるの上に載ってたの?
それはそれで、味には問題ないんじゃないの?
視覚でたべられないのか、ご主人は。
それも残念ね。
あーーー、なんか変なもの(私てきにはとってもおいしいもの)を目隠しで食べさせたい。

ごめん、ごめん、説明が悪いね。
つまり、蕎麦を焼きうどんにしてあったの。
日本料理をある程度知っている人には思いつかない、
独創的なメニューですね。
下関の「瓦そば」も彼には衝撃だったそうですが、
あれは一応日本人が考案しています。
「瓦そば」をご存じない方は、検索してみてください。

やきうどんのざるそば版が焼きそば?なんじゃそりゃぁぁ?
と思ったらそういうことだったのですね。
それはヒドイ話だ。
けど笑っちゃった。

韓国で食べる日本蕎麦もヒドイですよ。
つゆがほとんど味醂で出来てて信じがたいほど甘いの。

ヒトデ、そちらに訪問する機会が訪れたら、ちょっとチャレンジしたくなってきました。
ウニに似てるなら、悪くないかもって思ってみたり、やっぱり外国行ったら、一つくらいネタになることしとかないとぉ~と思ってみたり。^_^

mugihoさん、韓国の日本蕎麦のつゆは理由が理解できるかも。
蕎麦のあの味を緩和すべく、あまーくしてあるのではないかしら。
もちろん日本人には耐え難いですね。
「やきそば」は「焼(き)蕎麦」と書かれているのを見て、
文字通りの料理をしたのでしょうね、料理人さんは。

ヒトデねぇ・・・mugihoさんが本当に食べるなら付き合います。
それまで食べないでおきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/5003203

この記事へのトラックバック一覧です: 小ネタ集~hon-neko編:

« 103に乗って | トップページ | またまたリド »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ