« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 開店休業寸前 »

近所散策

うちから歩いていけるところに、四合院を生かしたレストランがあるということで、
どんなところか見に行ってみる。
国際飯店のすぐ西側の道、「朝陽門南小街」を北に向かって歩く。
この道の東側は新しいアパートがどんどん建てられているが、
西側はアパートなど全く見えず、昔ながらの平屋が残っている。
私などよそ者にとっては、西側のごちゃごちゃ並んだいろいろなお店や、
少し垣間見える人々の暮らしぶりのほうがおもしろい。
とはいえ、東側にも下の写真のような、
外の釜で北京ダックを焼いている餐庁があったり、
とても古い建物(商店か?)が残っていたりする。
050627_chaonei_1050627_chaonei_2 050627_chaonei_7
金宝街を越えてすぐの大方家胡同を右に入る。
最初の左に曲がる道を入る。アパートの敷地内である。
周りはアパート、だがそこに「桂公府」はあった。
情報誌によると、西太后の弟が住んでいたらしい。
050627_chaonei_3050627_chaonei_4
個室もあり、屋外の席もあり、普通のテーブル席もある。
静かで雰囲気はいいのだが、
全体として、設備にもうちょっと手入れが行き届いていたらなあ・・・という印象。
メニューはざっと見ただけだが、一皿数十元から200元程度で、さほど高くはない。
味を確かめられれば、観光客などを連れてくるといいかもしれない。
ちょうど3組ほど宴会をしているお客さんがいた。
050627_chaonei_8jpg
朝陽門内大街と交差したところで、西に向かい、
東四の交差点で南に向かう。
上の写真は朝陽門内大街を東に向いて写したもの。
画面の奥のほうでビジネスビルが林立(乱立)しているのが、
小さいながら見えるでしょうか。

東単はびっくりするぐらい昔と変わっていない。
したがって、流行発信地、若者の街の座を「西単」や「王府井」に
すっかり奪われてしまっているような感じがする。
私にとっては懐かしい町並みであることはうれしいのだが。

東単まで来てしまうと中途半端に家に近くて、
途中喫茶店で休憩はしたものの、
結局タクシーにもバスにも乗らず、歩いて帰ってくる。
久しぶり1万2千歩ほど歩いて、かなり疲れました。

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 開店休業寸前 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/4747558

この記事へのトラックバック一覧です: 近所散策:

« 梅雨の晴れ間 | トップページ | 開店休業寸前 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ