« ぐーたら2日目 | トップページ | 郵便局の謎 »

P先生ご一家

今日は午前中からP先生のご自宅へまた遊びに行き、
息子のW君に約8年ぶりに会った。
彼は5年ほど日本国内のIT関連企業で働いていたことがあり、
現在も日本人顧客相手に仕事をしているので、
日本語はずいぶん上手になっていて、
私がうまく中国語に訳せない話をご両親に翻訳してくれる。

そんなわけでP家のIT化は目覚しく、
P先生はW君が以前使っていたPCを使って小説を執筆中、
明日は四川の親戚と画像付のIP電話でつなげるため、
処理能力の高いPCを買いに行くそうである。

話の流れで、私がまた喉が痛いと話すと4種類も薬を出してきて、
持って帰って服用して、なくなったら薬局に箱を持っていって
「これください」と買いなさいと、全部くださる。
これらは基本的に食間に飲むので、「藿香正気・・・」と「六神丸」をその場で飲む。
「六神丸」は直径1ミリもない薬で、飲み込まずに口中にできるだけ長くとどめるよう言われるが、
これが苦いの何の・・・舌がしびれてくる。
溶けるまでお茶も飲んではいけないと言われ、我慢・・・
P先生は「寝るときに飲めば、知らないうちになくなっている」とおっしゃるが、
苦くて眠つけないと思うよ。
050528_penglaoshi_4
昼食は安定門内大街の四川・広東料理のレストラン
「金潤府」へ連れて行ってくださる。
あれもこれもと食べきれない量のごちそうが並ぶ。
いつも頼む料理以外に、ヒラメ(orカレイ)の紅焼(醤油煮込み)などもとって下さる。
生簀からとってその場でさばいたものなので、新鮮でとてもおいしい。
ただ、彼らにとっては「味がなくて、あっさりしすぎ」らしい。
麺は大きく写っているが小さな碗に入った、「担担麺」。
私のために辛くないように注文してくださる。山椒が利いてとてもおいしい。
ちなみに辛い「担担麺」は奥さんでも辛すぎるくらい、辛かったらしい。
050528_penglaoshi_2050528_penglaoshi_3
結局、W君にごちそうになってしまう。
「日本だと奢れません」と言う話から、彼が六本木で北京ダックを食べたとき、
皮が7切れしか出てこず、「6人で1人1切れ、あと1切れはどうすればいいんだ?!」
「北京だったら、肉の部分も食べて、スープも出てくるのにどこに行ったんだ!?」
と力説し始める。
確かに日本一食べ物が高いところだからねえ・・・

残ったおかずは全部お持ち帰りにして、私に持たせてくださる。
明日の夜までご飯を作る必要がなくなりました。
午後4時、薬を飲む時間と言うことで「六神丸」は回避し、
「感冒清熱」を飲む。
お湯に薬を溶かして、ゴクッ・・・ううぅん、木の根の味・・・
ただ、これは以前にも飲んだことのある味なので、飲むうちに慣れてきます。
次回は朝10時ごろ飲みます。

« ぐーたら2日目 | トップページ | 郵便局の謎 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

風邪、大変ですね。お大事になさってくださいね。
やっぱり中国は漢方なんだなぁ。と変なところで感心。
そして坦々麺は日本で見かける坦々麺とぜんぜん違うんですね。
これは、豆がはいってるんでしょうか?不思議。

mugihoさん、ご心配恐れ入ります。
2ヶ月に一回ぐらいそんなこと言ってますので、
だんだん慣れっこになります。

確かに担担麺は小さなお碗に出てくるこれが普通ですね。
P先生ご夫妻は四川の人なのでこれが正解かと。
写真を拡大してみると、大豆が載っている様な??
食べたのにわかっていない・・・
山椒は辛味とはまた違ったおいしさですね。

やっぱりP先生は四川出身だから辛いの得意よね。 奥さんは天津出身?
w君、太っ腹。
あきらかに我が家の方がIT遅れてるわ。

みさこのさん、P先生の奥さんも四川の人ですが、
子供のときに北京に来られたそうで、P先生以外は
辛すぎるものは食べないそうです。
ヒラメ(カレイ?)は500グラム強あるし、
写真以外にも3品プラススープもとって下さって、
本当にごちそうになってしまいました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41004/4314287

この記事へのトラックバック一覧です: P先生ご一家:

« ぐーたら2日目 | トップページ | 郵便局の謎 »

フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り

  • デュークままさん
    東京のど真ん中で、イヌとネコを一匹ずつ飼っている、北京関連&ブリッジ関連友達です。
  • ミントさん
    06年5月に上海から北京に引っ越してこられたミントさん。 すっかり、北京系ブログの老舗です♪
  • ヘアメイク ザ・リバー さん
    1999年頃から、私の髪型を一任しております。 私の抽象的な注文にもさらっと応えてくださります。
  • rikuさん
    北京生活及び北京系ブログの先輩。 2011年春に図らずも北京に復帰(?!)されました。
  • ろんちゃん
    とーっても生真面目な方ですが、それだけではない、おもろい(失礼)な方です。
  • waiwaiさん
    PC及び人生のよき師匠です。
  • momoronさん
    なんでもちゃきちゃきっと、かっこよくこなしてしまう、 おねえさんです。
  • yuukiさん
    心が温かく、料理とおもてなしが上手な友達です♪
  • はなせかいさん
    先生のおかげでお花が大好きになりました、おちゃめでやんちゃな恩人です。

dff.jp

無料ブログはココログ